注射剤

注射剤についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [注射剤] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

注射剤を含むブログ記事

ノックビーンさん
  • 持効性注射剤
  • んで女性が死亡したというニュースを紹介しました。死亡に至らなくても、施設退出後にすぐ再飲酒を始めてしまう患者がいるようです。このようなスリップを防止できないでしょうか?シアナマイドやノックビンの持効性注射剤を開発すればある程度防げると思います。普通の薬は1日1〜3回服用しますが、1回注射すれば14〜28日効果が持続する薬があるそうです。精神科領域でいうと、統合失調症の薬「ゼプリオン」は4週間に1度の注射...
  • アルコール依存症と英語学習ノックビーンさんのプロフィール
ママなりさん
  • 排卵誘発に関する使用薬剤を見てみましょう
  • れる経口の排卵誘発剤です。特に、多のう胞性卵巣で第一選択とされる薬です。頚管粘液が少なくなったり、子宮内膜が薄くなったりする副作用があるため、4〜6周期投与をしたらクロミフェンの投与を休みます。また、注射剤に変更をするのが基本的な使い方です。  レトロゾール <フェマーラ> 錠剤 アナストロゾール <アリミデックス> 錠剤もともとは閉経後の乳がんの治療に用いる薬です。エストロゲンの産生を抑制する作用があ...
  • ママになりたいすべての人へママなりさんのプロフィール
gacharindoさん
Norさん
  • 私はその1%以下に入っているのか?
  • お付きの看護師 「痛いよね。でも、肋骨だから何もできないじゃん?」私 「そうなんです。バンド巻いて、痛み止め飲んで・・・」ディナゲスト(ジェネリック:ジエノゲスト) 3年半、 それ以前のリュープリンの注射剤、と点鼻剤のスブレキュアによるホルモン療法を含めると、私のホルモン剤治療歴は丸4年近いのです。ディナゲストは以前のホルモン療法のような骨塩量の低下、骨粗鬆症になる副作用のリスクが少ない薬です。それは、...
  • 『のんびりと』 Norの花と いろいろとNorさんのプロフィール
yakuzaiさん
  • ヴィキラックスとCa拮抗薬併用で死亡例?
  • t:セント・ジョーンズ・ワート)含有食品、エファビレンツ、リファンピシンコペガス、レベトールなしジメンシーイトラコナゾール,フルコナゾール,ホスフルコナゾール,ボリコナゾール,ミコナゾール(経口剤又は注射剤),クラリスロマイシン,エリスロマイシン,ジルチアゼム,ベラパミル塩酸塩,コビシスタットを含有する製剤,テラプレビル,リトナビル,アタザナビル硫酸塩,インジナビル硫酸塩エタノール付加物,サキナビルメシ...
  • くすりの勉強 -薬剤師のブログ-yakuzaiさんのプロフィール
toshikiさん
  • ■生駒市立病院 薬剤部では、既卒薬剤師を1名追加で募集します。
  • 一包化するなどの工夫も行っています。 ■注射調剤業務病棟への注射の払い出しは、各病棟及び各患者さまごとにセットして、病棟での過誤を防ぐようにしております。また、注射剤の配合変化のチェックや投与ルート(経路)の確認を行い、適正に使用されるように提案しています。TPN(完全静脈栄養)の無菌調剤も実施しています。 ■無菌製剤・院内...
  • 病院薬剤師日記toshikiさんのプロフィール
hospharさん
  • ■必要な時に怒れないことのデメリット
  • 1.人や状況に振り回されてしまう。2.嫌な状況が変わらない。3.自己肯定感が下がる。4.人との間に距離が出来る。≪関連記事≫■単剤投与してほしい注射剤■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較■胃薬って...
  • 薬剤師の話hospharさんのプロフィール
hospharさん
  • ■P-CABと従来型PPIのピロリ菌除菌率における比較は!?
  • ル 81.1% 80% パリエット 85.7% 89% タケキャブ 92.6% 98% P-CABは、従来型PPIよりピロリ菌除菌率が高い!! ≪関連記事≫■単剤投与してほしい注射剤■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較■胃薬って...
  • 薬剤師の話hospharさんのプロフィール
hospharさん
  • ■グルカゴン注の常温での安定性は!?
  • ればいけない薬剤です。 グルカゴン注の常温での安定性は、30℃遮光下で4ヶ月まで規格値内である。 徐々に分解されていくため、5ヶ月目以降の安定性は保証されていません。 ≪関連記事≫■単剤投与してほしい注射剤■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較■胃薬って...
  • 薬剤師の話hospharさんのプロフィール
hospharさん
  • ■各種ステロイドの種類・比較・特徴
  • アルドステロン作用がほぼないことから,実施できるようになった。1000mg/dayを3日間⇒副作用多く,また大量ステロイド療法と比べ優れているというエビデンスに乏しい。≪関連記事≫■単剤投与してほしい注射剤■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較■胃薬って...
  • 薬剤師の話hospharさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

注射剤について