マタイの福音書

マタイの福音書についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [マタイの福音書] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

マタイの福音書を含むブログ記事

Tovさん
  • 福音書以降もヘブライ語で書かれていた証拠が在る
  • の事実の数々です。 いつか、又その内容を書いてみたいです。 先日載せた英語で書かれたサイトですが、バチカン図書館のサイトで、ヘブライ語で書かれた福音書以降の、写真で取ったページを閲覧する事が出来ます。マタイの福音書だけが、今丸ごとの形として残されていますが、部分的でも、書簡含めて、ヘブライ語で書かれたものが存在しているのです。これから、もっと多くの複書は発掘される可能性があるのです。ヨハネの福音書の出だしをヘブ...
  • ヘブライ語原典聖書には、一体何が書かれているの?Tovさんのプロフィール
中澤信幸さん
  • 0384 神が結び合わせたものを引き離してはなりません
  • 、ふたりは一体となる』と言われたのです。それを、あなたがたは読んだことがないのですか。それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。マタイの福音書19章5-6節 離れ、結びつき、ひとつとなるイエス・キリストは、結婚について、とても大切な、大きなことを教えていますね。ひとつはそれぞれの家庭から独立するのだということ。ふたつめは一つの家庭を築くこと...
  • きょうもいい人中澤信幸さんのプロフィール
Tovさん
  • オンラインで閲覧出来るヘブライ語で書かれた福音書〜黙示録
  • 、二面相の神である事に気がつけるからです。明らかに人間の目からみた、マルキオンの様な考えをする只の人の教えを通して神の言葉を読んでいた事に気がつく。 ヨーロッパの各地で10以上の、丸ごと保存の状態の”マタイの福音書”は、どの国で見つかったものでも、中身の言葉が丸ごと同じ、字数も使われているヘブライ語もぴったり同一です。ギリシャ語の聖書は、ダイヴァース=使われている言葉が、それぞれの文書により異なるのです。翻訳だ...
  • ヘブライ語原典聖書には、一体何が書かれているの?Tovさんのプロフィール
菅野直基さん
  • どうにもならないことは忘れよう
  • ことをくよくよ考え、変えようとしても解決のない悩みを抱え続けるだけです。 聖書は、「あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その一日だけで十分である」(マタイの福音書6章34節)と語ります。 過ぎ去った過去、まだ来ない未来を悩むことをやめて、どうせ悩むなら、現在のことで、かつ、変えられるものに限定して悩んだらどうでしょう。悩みは1/10以下になるはずです。 ただ、...
  • パスター菅野と楽しく話そう菅野直基さんのプロフィール
レミントンさん
  • やさしい聖書入門『ローマ15:1-6』
  • ら学ぶ必要があります。 それでは良い実例は何かというとそれはキリストです。キリストは3節にあるように、ご自分を「喜ばせること」をなさらずに「嘲(あざけ)る者たちの嘲り」をがまんして聞いておられました。マタイの福音書の27章にはその人々のあざけりがどのようなものであったのかが具体的に書かれています。「もしおまえが神の子なら自分を救ってみろ。そして十字架から降りて来い(40)。」、「彼はイスラエルの王だ。今、十字架...
  • こころスイート空間レミントンさんのプロフィール
Tovさん
  • やっぱりヘブライ語で書かれていた福音書や書簡が存在していた 
  • 消えだと唱えてもそれは、人の空想、発想、教えは、神の言葉の真実の前に煙の様に跡形もなく消えて行く。神の言葉のみが、事実が真実を証明するからです。そして、それに伴う証拠が存在する。 ヘブライ語で書かれたマタイの福音書の複書が、数多く発見されている事実は世界に余り知られていないかもしれませんが、知る人ぞ知る、今やそれがアマゾンでも購入出来ます。 ヨーロッパの世界各地で発見されたものが、それぞれの国の国立図書館などの...
  • ヘブライ語原典聖書には、一体何が書かれているの?Tovさんのプロフィール
クッキングホイルさん
  • 体の中の光
  • スマートフォン用の表示で見るキリスト教大辞典キリスト教の問題点について考える2018-07-31体の中の光小知?:到底什?是碧玉猫眼? - 文集 - 藏玉网-?注??和田玉マタイの福音書を読んでみましょう。マタイの福音書 6:22-23目はからだのあかりである。だから、あなたの目が澄んでおれば、全身も明るいだろう。しかし、あなたの目が悪ければ、全身も暗いだろう。だから、もしあなたの内...
  • キリスト教大辞典クッキングホイルさんのプロフィール
アッキーさん
  • 恵みを覚える恵み
  • 今日あっても明日は炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこのように装ってくださるのなら、あなたがたには、もっと良くしてくださらないでしょうか。信仰の薄い人たちよ。 〜マタイの福音書 6章30節〜(聖書 新改訳2017より)...
  • 明日のことは明日が心配するのさアッキーさんのプロフィール
kimiyomさん
  • [沖縄、琉球神学][聖書味読・身読][神学宣教日記][宣教・説教]?コリント 三つの個所の味読・身読 その2
  • 、ある場合には目を閉じて、真の未来を見るものであるということを知るのである」(ボンヘッハアー)。(2)神の慰めを受けよ。 「悲しむ者は幸いです。その人は慰められます」(マタイ5章4節)。 来年8月からマタイの福音書の味わいに備えて、ヨハネの福音書(1986年4月6日ー88年5月8日)、ルカの福音書(92年11月5日ー94年3月27日)に続いて、福音書の味わい。来年3月まで?コリント。4月から7月ピリピ人への手紙...
  • 喜びカタツムリの歩みkimiyomさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

マタイの福音書について