鶴竜

鶴竜についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 鶴竜にゆるふんという秘策、モンゴル勢が優勝のお膳立て
  • '18年5月28日(月)[鶴竜] ブログ村キーワード大相撲夏場所14日目(26日・両国国技館)鶴竜が栃ノ心との1敗対決を制して2場所連続優勝に大手。もろ差しとなり、相手の強引な投げに対処してすくい投げで仕留めた。千秋楽で栃ノ心が敗れるか鶴竜が勝てば、鶴竜の賜杯獲得が決まる。白鵬は逸ノ城の上手投げに屈し、3敗で優勝の可能性が消滅。再関脇の逸ノ城は勝ち越した。(鶴竜V栃ノ心)大入り満員の館内が、固唾をのんで大一番を見・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

鶴竜を含むブログ記事

saaさん
  • 秋巡業♪大相撲 高松場所へ
  • 近くの花道を通ったから近くで撮れた!おぉ、やっぱり大きい!ごっつぁんです! 幕内土俵入り。これだけ、関取さんが並ぶと迫力ありますよね〜 こちらは、栃ノ心と豪栄道の取り組み前ですね。 こちら、横綱鶴竜。横綱土俵入りです。迫力あります。 稀勢の里と鶴竜の取り組み。横綱同士の最後の取り組みです♪塩をまく、稀勢の里。どうして土俵に塩をまくのかというと、土俵の邪気を払って安全を祈るためといった意味があるそ...
  • Saaの小さな幸せ♪ in ShiCoKusaaさんのプロフィール
よっちゃんさん
  • 稀勢の里だけではなかった!? 年間最多勝と綱取りの関係
  • りの成績を出して失敗に終わっているのです。そして11月の九州場所では旭富士は14日目に横綱千代の富士に優勝を決められ、12勝次点(2差)で終わるも年間最多勝を獲得します。これも稀勢の里が14日目に横綱鶴竜に優勝を決められ、12勝次点(2差)で終わるも年間最多勝を獲得しまた状況とそっくりですね。ですがそっくりなのはこれだけではありません。旭富士は2差の12勝次点ながらも年間最多勝を獲得した安定感を評価さ...
  • 大相撲 綱取り研究所よっちゃんさんのプロフィール
よっちゃんさん
  • 稀勢の里の綱取り
  • 17年1月場所 14勝優勝 ふとおかしなことに気付きますね。そう、これまで13勝論の経緯を説明してきましたが結局、継続でもない12勝次点を起点として綱取りとなっているのです。しかもこの12勝次点は横綱鶴竜に14日目に優勝を決められた末、さらに2差がつくという前回紹介した白鵬の綱取り以下の成績で準ずる成績と認められているのです。14日目で優勝決められた白鵬は13勝次点(1差)で準ずる成績と認められなかっ...
  • 大相撲 綱取り研究所よっちゃんさんのプロフィール
よっちゃんさん
  • 「準ずる成績」とはどこまでを言うか
  • 成績として昇進を議論される余地があるように思います。さてここで一つ、では稀勢の里の昇進はどうだったのかと言う事にまいりましょう。確かに稀勢の里は昇進前の九州場所、12勝次点ではありますが14日目に横綱鶴竜に優勝を決められての2差がついています。これについては過去の綱取りを調べた結果面白く、因果な事が分かってきました。それはまた次回、お話ししましょう。...
  • 大相撲 綱取り研究所よっちゃんさんのプロフィール
有限会社ジェイエスエイさん
有限会社ジェイエスエイさん
  • 10/17のツイートまとめ
  • ahooNewsTopics 10-17 17:04 紙一重の勝負と時の運をモノにした豊昇龍 - 大相撲!土俵の目撃者 https://t.co/nZqbDfsTjR 10-17 12:57 鶴竜、秋巡業で初相撲 九州場所へ「ここから上げていく」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://t.co/H9dHaNqPEl @YahooNewsTopics 10-17 12...
  • ☆やっぱりスモウクイズはジェイエスエイ☆有限会社ジェイエスエイさんのプロフィール
TJさん
search_net_boxさん
  • ■619 白鵬の休場は「多い」のか
  • 、そこには物足りなさを感じるが、それでも、先場所は全勝優勝。さすがとしか言いようがない。とはいえ、白鵬の休場は増えていると感じさせるのもまた事実だろう。稀勢の里は途中休場を含め、8場所連続休場をした。鶴竜も4場所連続休場から「復活」した。その後、1場所途中休場はあったが。とはいえ、稀勢の里も鶴竜も休場が多いのは事実である。そして白鵬も休場が増えている。では、白鵬が横綱昇進後初めて休場をした平成27年9...
  • 大相撲データアナリストの大相撲日記search_net_boxさんのプロフィール
denkourikiさん
  • 続 三賞の記録
  • を駆使し、動きまわって勝っていた。もろ差し名人鶴ヶ嶺は昭和31年初場所から10年半かけて、技能賞10回に到達した。これが最高記録であり、その後誰も抜くことはできなかった。琴錦8回、栃東(子)、琴光喜、鶴竜が7回で終わっている。なお連続では、栃錦が5場所連続受賞している。<鶴ヶ嶺>ダブル受賞の最多は豊山(前名内田)が3場所連続で、その後誰にもできない実績をあげている。すべて殊勲賞と敢闘賞である。また、安...
  • 大相撲!土俵の目撃者denkourikiさんのプロフィール
ぽこさん

鶴竜を含むブログ村メンバー

  •  
オレオンさん
暁-akatuki-さん