武双山

武双山についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [武双山] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

武双山を含むブログ記事

search_net_boxさん
  • ■313 大関からの陥落後の1年間。照ノ富士は三重ノ海になれるか。
  • 。つまり大関に1場所で戻れず、その後の収めた優勝だった。魁傑はその後大関復帰を果たしているが、やはり、優勝できるだけの力があるということが、その後の大関復帰にもつながったのか。5場所勝ち越しとなると、武双山と栃東(2回目)。この両名は大関として土俵生活を終えた。これもまた力あった証だろう。大関からの陥落は様々な要因があるだろう。加齢等による力の衰え、ケガ。だが、その後大関に戻れた力士、そうでない力士。や...
  • 大相撲データアナリストの大相撲日記search_net_boxさんのプロフィール
denkourikiさん
  • ■秋8日目 熱戦が目立った中日
  • の1人が、三段目の福山が大野城相手に居反りをみせたという。筆者は電車のトラブルで遅れて国技館入りしたので、残念ながらその相撲は直接見ていない。福山は専大相撲部の学生出身。鹿児島県奄美大島出身、藤島(元武双山)部屋。居反りは学生時代決めた経験がある。注目に値する力士である。なお、福山の居反り相撲はネット動画でご覧いただける。8日目は新序出世披露がおこなわれる。今場所の新弟子は6人と寂しい。大相撲人気は新弟...
  • 大相撲!土俵の目撃者denkourikiさんのプロフィール
search_net_boxさん
  • ■297 阿武咲は白鵬に並べるか、それとも白鵬を超えられるのだろうか。入幕からの3場所を見てみると。
  • の中で、3場所目の番付が最も低かったのが露鵬だが、それでも平幕5枚目だ。では、この入幕3場所目で8勝を挙げた白鵬の対戦はどうだったのか。ちなみにこの場所は朝青龍が1人横綱。大関が4名(魁皇・千代大海・武双山・栃東)。武双山と栃東は途中休場だった(栃東戦は白鵬の不戦勝)。状況は今場所に似ているとも言えなくもない。関脇に元大関の雅山がおり、このころの雅山と今の琴奨菊を比較するのもどうかとは思うが、上位に元大...
  • 大相撲データアナリストの大相撲日記search_net_boxさんのプロフィール
草木無量さん
  • 大相撲優勝予想【2017年(平成29年)9月場所(秋場所)】
  • の先場所までの3場所の優勝者は稀勢の里、白鵬、白鵬でした。  ちなみに前回の4横綱時代は、曙、貴乃花、若乃花、武蔵丸の4横綱で5場所続きました。  この間の優勝者は、関脇の出島、武蔵丸、武蔵丸、関脇の武双山、前頭14枚目の貴闘力でした。  前回の4横綱時代5場所の内、実に3場所で関脇以下が優勝しています。  最後の2場所で関脇以下が優勝しているのも何か象徴的です。  現在の4横綱時代は今場所が4場所目で...
  • 草木無量がただただ書く草木無量さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

武双山について