ウィーン・フィル

ウィーン・フィルについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ウィーン・フィル] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ウィーン・フィルを含むブログ記事

バーンハートさん
  • クレメンス・クラウス・コレクション1929-1954録音『激安92CD』Clemens Krauss Collection 1929-1954 Recordings
  • HMV 価格比較 格安 最安値比較 価格.com ■ 23,194円 タワーレコード  ポイント12倍 ■ 23,194円 ローチケHMV  (Amazonは、取り扱いなし)ウィーン生まれの指揮者で、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの創設者としても知られるクレメンス・クラウス(1893〜1954)の大アンソロジーがVeniasから発売されます。彼が残した録音の90%以上を収録しており、マニアにはたまらない...
  • Amazon激安CD MP3ヤフオク情報バーンハートさんのプロフィール
けんこーほーしさん
  • ブルックナー「交響曲第4番”ロマンティック”」
  • とがありません。BOXセットは、?オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの全集(4)、?ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルの全集(4)、?デッカ箱にベーム/ウィーン・フィル(8)があります。ここでは、?をB級オーディオBセットで聴きます。 うーん。ブルックナーの交響曲はどれも重厚な音の洪水で、メロディーがあるのか無いのかよくわかりません。どれも同じに聴こえてしまいます。...
  • つれづれ音楽サロンけんこーほーしさんのプロフィール
fm-woodstockさん
けんこーほーしさん
  • ブルックナー「交響曲第3番”ワーグナー”」
  • てじっくり聴きます。BOXセットは、?オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの全集(3)、?ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルの全集(3)、?ハイティンク/ウィーン・フィル(21)があります。ここでは、?をB級オーディオBセットで聴きます。 美しいメロディーというのは皆無。重厚な響きが怒涛のように押し寄せる音楽です。現役時代には敬遠してきた音楽ですが、退職後の時間に余裕...
  • つれづれ音楽サロンけんこーほーしさんのプロフィール
てんしちゃんさん
  • ベートーヴェン:交響曲第4番ニ短調op.60聴き比べ(その4)ハイレゾ編・1960年代の録音
  • では冷たく聴こえたかのどちらかでは、と思うようになりました。この演奏を聴けば、「冷たい」どころか、セルの音楽への愛や微笑みが溢れているのに気づくと思います。○ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィル(DECCA)※タワレコ限定1966年10月SACDハイブリッド(SA-CD Stereo)/CDベートーヴェン交響曲全集☆3.5第1楽章 12:42第2楽章 10:29第3楽章 5:51第4楽章 7...
  • てんしな?日々てんしちゃんさんのプロフィール
hironominVさん
  • 日本センチュリー交響楽団第226回定期演奏会 指揮:飯森範親
  • 味方につけ、センチュリーの極上の美しい響きが印象に残ったコンサートとなった。 配置は12型の対向配置。1stVn:12→Vc:8→Va:8→2ndVn10、コントラバス6本は舞台最上段に横一列に並ぶ。ウィーン・フィルが黄金の間でやる配置。また、金管は下手からホルン→トランペット→トロンボーン→ワーグナーチューバ&チューバ。ブルックナーでは、この配置の利点が遺憾なく発揮された。お客さんの入りは8割程度。 プログラム...
  • 木漏れ日のシンフォニーhironominVさんのプロフィール
アルトゥールさん
  • シェリング/ハイティンクのベートーヴェン「ヴァイオリン協奏曲」
  • 。このスケールの雄大さと叙情性の同居という性格を持った曲というと、本曲の他に管理人の思いつくのは、同じベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」です。シェリングは1965年にS=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルと本曲を録音しており、今日聴いたハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管との録音は2回目の録音ということになります。 演奏はさすがに謹厳実直で、真面目で、立派なものです。ただ真面目一筋というわけで...
  • クラシック音楽のある毎日アルトゥールさんのプロフィール
karajanさん
  • ホルストの隠れた名曲を
  • みさを引き出した名演だ。肝心の『惑星』はサー・エイドリアン・ボールト指揮、ロンドン・フィルによる1978年のセッションで、2002年に新しくリマスタリングされて鮮明な音質が蘇っている。カラヤンが振ったウィーン・フィルやベルリン・フィルの演奏ほどスペクタクルな表現ではないにしても、ボールドの指揮にはスコアを読みつくし、それを忠実に再現しようという説得力がある。この曲は事実上彼の初演になるのでホルスト本人からの助言が...
  • クラシック音楽ぶった斬りkarajanさんのプロフィール
カメラを片手にさん
  • ベルギー金管アンサンブルで、いちご一絵に
  • ール曲は♪スティーブン・ブレルスト:ベルギー金管アンサンブルのためのファンファーレ♪ヤコブ・ゲーゼ:ジェラシー合計九十分間の立っての演奏、唇もお疲れなことでしょう。鳴りやまぬ拍手、拍手、拍手ウィーン・フィルを代表するヨーロッパの交響楽団と日本の交響楽団の一番違いは層の厚い金管力だと思う。多分、もう二度と金管アンサンブルを聞くことはないだろう『一期一会』に感謝しかない。一期一会は、利休居士の言葉と謂われる...
  • カメラを片手にカメラを片手にさんのプロフィール
人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん

ウィーン・フィルを含むトラコミュ

ウィーン・フィル
  • ウィーン・フィル
  • ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の話題ならなんでも。ウィーン国立歌劇場の話題もOK。
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:クラシックブログ

ウィーン・フィルを含むブログ村メンバー

  •  
mizuvicさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

ウィーン・フィルについて