染毛

染毛についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [染毛] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

染毛を含むブログ記事

脱毛症主婦ララさん
  • 【脱毛症ブログ】初めてのヘナ。使用後に感じた注意点、感想
  • 管理人ララ次回は、もう少し要領よく、上手くできそうヘナ塗り方ヘナの良いところは植物性で、頭皮にヘナがついても問題ないどころか、頭皮へ栄養を与える効果さえあるとされています。なのでホームケアでも、地肌に染毛剤(この場合はヘナ)がつくことを気にせず、ガンガン塗布していくことができます。その点、テクニックがなくても、細心の注意を払う必要なく塗っていけるのは、かなり気楽です。少しぐらいおでこについてしまっても...
  • 脱毛症主婦の育毛奮闘記脱毛症主婦ララさんのプロフィール
ニューエイジさん
  • 第37回美容師筆記 過去問見直し用 全選択肢 正しい文章(26問〜50問)
  • UVA)を防く?指標を表す。SPF 値の大きい製品を使った方か?、サンハ?ーン(日焼け紅斑)を起こしにくい。問題37 ハ?ーマ剤第1剤の有効成分(還元剤)は、チオク?リコール酸て?ある。問題38 酸化染毛剤の成分とその性質に関する次の記述は、全て正しいものて?す。過酸化水素水は染料中間体を酸化する。ニトロハ?ラフェニレンシ?アミンは本来無色て?はない。 レソ?ルシンは染料中間体による発色の色調を変える...
  • 宅建士試験に独学で合格した美容師夫婦のブログニューエイジさんのプロフィール
札幌のクセ毛や髪の悩みを解決する美容室アベニューさん
  • 50歳以上の髪や頭皮を大切にしたい女性の方にアロマカラー
  • 50歳以上の髪や頭皮を大切にしたい女性の方にアロマカラー M'sアロマカラーはパウダー系酸化染毛剤で、特殊な小麦粉をベースにジアミン類と弱い酸化剤が配合されている粉状染毛剤です。 以前、問題となった石けんに配合された小麦粉アレルギー の原因物質は含まれていません。?毛が細くなりボリュームがなくお...
  • 髪の悩み解決! 髪がきれいになるブログ札幌のクセ毛や髪の悩みを解決する美容室アベニューさんのプロフィール
ユウコ古都さん
  • 白髪染めの仕組み〜カラーリングとの違い〜
  • ポイントです。白髪だけではなく、抜け毛まで増えてしまう可能性もあり、大変危険です。一度ポイントを掴んでしまえば、意外に簡単に出来ることなので、2つの染め方を使い分けて髪の健康を守ってあげてください。 染毛のスパンとタイミングとしては、根元に白髪が伸びてくる2〜3月後まで「部分染め」を2〜3回繰り返し。その後、色味を整えたり、なかなか塗りにくい後頭部の白髪をしっかり染めるために、次の「全体染め」を…とい...
  • 白髪染めトリートメントおすすめラボユウコ古都さんのプロフィール
あおぞらニット工房さん
  • 生徒さんがかぎ針編みのベストを編みました♪
  • 通ってくださっている生徒さんが、ハマナカのポアンティでかぎ針編みのベストを完成させましたこちらのベストも今編みたいニットの秋冬号に掲載されているものです。見頃の中心から編み進めていくデザインなので、段染毛糸を使うとどんな風に色が出てくるか少し心配していたようですが、とっても綺麗な縦じまになりましたね各編物教室のご案内〜手芸のマキ丸亀店〜第1、2、3木曜日の月3回。( 午前の部:10時半〜12時...
  • あおぞらニット工房あおぞらニット工房さんのプロフィール
カミハダさん
pari88さん
  • え、白髪染めってこんなに簡単にできるの?
  • で染められるタイプは髪や肌・頭皮への刺激が少なく、安心して髪全体を染めることができます。手袋をしなくて良いので指先の感覚が生かせますし、皮膚についてもシミなどになる心配はありません。ただし低刺激な分、染毛力も一般的な酸化染毛剤よりは劣りますので、1度では完全に染まらないというデメリットもあります。●シャンプーしながら染める白髪染めお風呂で髪の毛を洗う際に使用し、同時に白髪も染めることができる白髪染めで...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
とらすとさん
アロマなほこさん
  • カツラメーカーさんから聞いた毛染めと薄毛の関係
  • 頂くのは高いので、自宅で毛染めする方がとても多くなっています。 しかし、それが最も危険! 毛染めによる皮膚障害の多くは接触皮膚炎で、その直接的な原因はヘアカラーリング剤です。カラーリング剤の中でも酸化染毛剤(ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、アルカリカラー等と呼ばれる。)は、最も広く使用されていますが、他のカラーリング剤と比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすのです。特に、パラフェニ...
  • アロマなほこ『香りとココロの専門家』福岡アロマなほこさんのプロフィール
kireiさん
  • 4ヶ月ぶりに美容院で白髪染め。髪を傷めないカラートリートメント
  • ラートリートメントをしていましたよ。シャンプーを使わないでお湯だけで髪を洗い続けたら髪がきれいになるかしばらくずっと試してみることにします。《カラーリングの種類と頭皮へのダメージ》??ヘアカラー(永久染毛剤)メラニン色素を脱色して髪を明るくしながら染毛料を発色させる。髪や頭皮へのダメージがともなう。??ヘアマニキュア(半永久染毛剤)石油由来のタール系色素を使い、樹脂でコーティングする。髪のダメージが少...
  • 綺麗になりたい*美容レビューブログkireiさんのプロフィール