六波羅探題

六波羅探題についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [六波羅探題] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

六波羅探題を含むブログ記事

Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(16)〜廉子〜
  • 勢であったと云われます。そして、後醍醐帝の強い要請を断れず政務に戻った北畠親房も、(後醍醐帝を見限っていて?)親政には非協力的であった。尊氏が政権中枢に組み込まれることを避けていたのも、そもそも親房が六波羅探題との戦に現れなかったことに対して、後醍醐帝のやろうとする事へ協力することの不安が生じていたとも考えられる。それほど、この時代の北畠家の動向は影響力を持っていた。また、親房にしても、自分(村上源氏)側と...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(15)〜きな臭い新政〜
  • 鎌倉幕府当時、京に設けられた六波羅探題が幕府による朝廷の目付の意味合いが高かったとするなら、その逆で、朝廷が幕府に対する監視役としたのが関東申次。それ(関東申次)を実質世襲し、長期独占したのが閑院流西園寺家。因みに閑院流とは、藤原北家の藤...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(14)〜北条得宗家の最期〜
  • ら三浦氏系大多和家に養子に入っていた大多和義勝とされ、明らかに尊氏の指示だと考えられる。元々、大多和家は北条氏族とされる。更に、大多和勢と共に行動した土肥や渋谷なども平氏筋で北条方であったが、やはり、六波羅探題の滅亡が大きく影響していたのでしょう。相模の国人たちは鎌倉(幕府)を見限った。しかし、北条勢は相模の軍勢を自分たちへの援軍と見て取った(そう思わせるような事前の諜報活動があったとも云われる)。相模勢の...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(13)〜源氏蜂起〜
  • 援軍の輪が一気に加速。北条方からも、得宗家に不満を持つ御家人が次々と新田方へ寝返りその数は20万7千という空前絶後の大軍勢となったとされる。そんな数に膨れ上がった理由は、この頃になると言うまでもなく、六波羅探題が壊滅させられたことと後醍醐帝の復権が現実味を帯びた報が東国の津々浦々へも届いていたからです。が・・・そんな大軍を動かした経験など持たない義貞が総大将を務めているわけで、新田側にも一抹の不安はあったで...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 大犯三カ条
  • 京都大番役を割り振り、任務に就かせる権限。3.大犯三カ条は、(京都)大番役の催促と、謀叛人・殺害人の逮捕で、平時の守護の職務でもっとも重要なもの。4.とくに京都守護は朝廷との関係でも重視され、のちには六波羅探題と改められ、西国の御家人を統轄した。5.九州には鎮西奉行がおかれ、この地域の御家人を支配するとともに大宰府の実権もにぎって現地の職務をおこなった。〈2013南山大学:外国語(英米)総合政策:「(二)次...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(11)〜六波羅探題終焉〜
  • いた赤松則祐は、親王の命を受け、父・赤松則村へ挙兵を促す使者に立ち吉野を脱し播磨へ向かう。護良親王の親書(倒幕令旨)を受けた則村は、護良親王の名代として則祐を伴い倒幕挙兵する。この動きを素早く察知した六波羅探題は、23万とも云われた大軍勢で播磨攻撃へ向かうが、不慣れな摩耶山中で統制に手古摺った挙句に敗走。現在の箕面市辺りまで退陣して立て直しを図る。一方、勢いに乗ったとは言え、約3千しかいなかったとされる赤松...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(10)〜正成躍進〜
  • 軍に次々と合流。3千騎を優に超える勢力と化し急造の赤坂城には到底入り切れないまでに膨らんだ。夏前には住吉大社と天王寺を味方につけ、渡部橋より南側に布陣。京を睨む態勢が整います。この動きに都は右往左往。六波羅探題は5千の大軍勢を鎮圧軍として派遣したが、正成軍の計略に嵌まり大惨敗を喫し散り散りとなり、僅かばかりが命からがら京へ逃げ帰ったとされる。六波羅探題(幕府)は、武勇の誉れ高き宇都宮高綱(のち公綱)に正成討...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(9)〜「仏」と「悪党」〜
  • の教え(導き)に対しては素直であった?正成を後醍醐天皇と結びつけたのは醍醐寺座主及び天王寺の別当も務めていたとされる真言宗立川流の高僧・文観。文観は、後醍醐帝を宗教面で操る人物でもあったように見える。六波羅探題の調べによると、文観は、鎌倉幕府の滅亡を祈願する調伏(護摩行)を繰り返していたとされる(それが暴露して硫黄島へ島流しにされる:1331年)。高野山では、立川流を危険思想集団として排除しようとする動きが...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派、後醍醐帝(7)〜元弘の乱(上)〜
  • のような組み合わせのものが出土してはならないとは思いませんが、上述したように、天皇家に何らかの縁のある集落であってもおかしくない。吉田定房の密告によって(本気の)倒幕計画が発覚してしまった後醍醐帝は、六波羅探題に捕縛されるよりも早く(女装して)京の都を脱します。その際に持ち出したのが、自分こそが天皇であることの証となる「三種の神器」。三種の神器は、原の辻遺跡で出土した器の組み合わせ同様に・・・八咫鏡(やたの...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
examさん
  • 【中学地理】鎌倉時代のまとめ
  • 、年貢の取り立てや警察の仕事をおこなった。源頼朝は御家人を守護や地頭に任命して、支配力を全国におよぼそうとした。鎌倉幕府の成立比較鎌倉幕府補佐執権統率侍所財政政所裁判問注所警察守護土地管理地頭地方警備六波羅探題(京都)1192年、源頼朝は、朝廷から、武士のかしらとして征夷大将軍(将軍)に任命された。源頼朝 のつくった武士の政府を鎌倉幕府とよび、鎌倉幕府がつづいた約140年間を鎌倉時代という。土地(領地)を仲...
  • examexamさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

六波羅探題について