畔についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [畔] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

畔を含むブログ記事

古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 阿曇連とは誰か 其の二
  • 戻して作られていた。ツミ(柘)とおそらくは同音の罪(つみ、ミは甲類)を犯したら、野放しにはされずに一列に並ばされて謹慎処分として丸坊主にさせられたというに相当である。桑の葉を畦道で摘んでいる。ア(畦・)+ツミ(摘、ミは甲類)と受け取れる。つまり、どのように考えても、アヅミという言葉は上代語にクハ(桑・鍬)と関係するものであるとわかる。桑は、蚕(かひこ)の餌である。蚕は人が飼わなければ死んでしまうほ...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール
古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 阿曇連とは誰か 其の一
  • 洋カープ丸佳浩選手(「かーぷぶーん」様http://carp-matome.blog.jp/archives/cat_505403.html?p=3) また、アヅミという姓のアヅミという音は、ア(畦・)+ツミ(積)と連想させられる。畦を積む作業に、人は鍬を用いる。だから、クハ(鍬)使いのプロフェッショナルといえば、を積むことを名に負う阿曇氏ということになる。また、ア(畦・)+ツミ(柘)とも聞こ...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール
yoinamaeさん
  • 【 なぜ名頭が重要か・6 】No.749
  • ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…★     命名に参考になるよう画数・五気・人名の呼び方をまじえて236回にわたって記載していきます。(当用漢字・字源辞典・名づけ辞典より。) 【10画】「(水)」:は、田と半を組み合わせた形声文字。ハン。半は、牛と八印(両方に分ける意)を合わせた字で、何かを二つに分けること。なお牛はこの際、物の代表。田と田を二つにわける境界。→田と田を区切る土を盛り...
  • 「よい名前のつけ方」yoinamaeさんのプロフィール

畔を含むトラコミュ

円空
  • 円空
  •  江戸時代の初め、円空と云う僧がいた。寛永9(1632)年美濃国(岐阜県)に生まれ、元禄8(1695)年7月15日、長良川の河で入寂した。僧といってもいずれの寺にも属さ...
  • トラックバック数:11 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:哲学・思想ブログ
斎藤道三
  • 斎藤道三
  • 飯尾彦六左衛門尉の子(諸説有り)。油売商人であったが謀略を用い、美濃の戦国大名となる。美濃の蝮。戦国三梟雄の一人。折り合いが悪いと言われていた長男、義龍が謀反を起...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
クリーブランド
  • クリーブランド
  • クリーブランド(Cleveland)は、アメリカ合衆国オハイオ州北東部に位置する都市。エリー湖の南岸、ペンシルベニア州との州境から西へ約100kmに位置する。人口は478,403人...
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:海外生活ブログ
岩梯子、六甲
  • 岩梯子、六甲
  • 岩梯子から、道(みちあぜ)を下降した記録・・・ヽ(^o^)丿好展望のテラスから岩梯子を経て、芦屋川までの、登山でした。
  • トラックバック数:0 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:アウトドアブログ

畔を含むブログ村メンバー

  •  
小畔2号さん
motocoさん
MotherLake1952さん
東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形さん
M塾の担当者さん