基礎生物学研究所

基礎生物学研究所についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [基礎生物学研究所] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

基礎生物学研究所を含むブログ記事

松山栄一さん
  • 雌雄特徴持つカブトムシ発見 京都の親子、生存例少なく
  • 本しかなく、左側に曲がっている。胸部に縦の溝が入り、体の表面につやがない点はメスの特徴を現している。雌雄モザイクは性染色体の異常等が原因で、チョウやクワガタムシ等昆虫全般にみられる。昆虫の性差に詳しい基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)の新美輝幸教授は「一般的には数万分の1の確率で起きるといわれ、生存しているケースは少なく貴重」と言う。松村さんは「出会えてラッキー。息子たちもカブトムシがかえって喜んでいるので、自然が...
  • シンガーソングライター松山栄一の超ウルトラ基地松山栄一さんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • テントウムシの卵巣移植および卵巣凍結保存に成功
  • 報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。テントウムシの卵巣移植および卵巣凍結保存に成功2018年07月15日 |生命科学 生物誌日本の研究>>プレスリリース 掲載日:2018.07.13基礎生物学研究所基礎生物学研究所 進化発生研究部門の川口はるか特任研究員と新美輝幸教授の研究グループは、テントウムシの卵巣移植技術を開発し、テントウムシ卵巣の凍結保存に初めて成功しました。米粒ほどの大きさのテントウム...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール
団子屋のページさん
  • 雌雄特徴持つカブトムシ発見 京都の親子、生存例少なく
  • なく、左側に曲がっている。胸部に縦の溝が入り、体の表面につやがない点はメスの特徴を現している。 雌雄モザイクは性染色体の異常などが原因で、チョウやクワガタムシなど昆虫全般にみられる。昆虫の性差に詳しい基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)の新美輝幸教授は「一般的には数万分の1の確率で起きるといわれ、生存しているケースは少なく貴重」と言う。松村さんは「出会えてラッキー。息子たちもカブトムシがかえって喜んでいるので、自然が...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール

基礎生物学研究所を含むブログ村メンバー

  •  
佐久良 ゆう希さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

基礎生物学研究所について