入母屋造

入母屋造についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [入母屋造] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

入母屋造を含むブログ記事

psychoさん
  • 越前丸岡城 スタンプ
  • 、福井県坂井市丸岡町霞にありました。別名、霞ヶ城。戦国時代の天正4年(1576)、織田信長の命を受けた柴田勝家が、甥の勝豊に築城させた平山城です。現在は天守閣の一郭が残っており、その二層三階の天守は、入母屋造りの屋形に回縁勾欄付きの望楼を乗せた初期天守の形式を伝えており、城郭建築史上の重要な遺構とされているそうです。Yさんいつもお便りありがとうございますご覧いただきありがとうございましたにほんブログ村...
  • psyのブログpsychoさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2838回 深志神社(ふかしじんじゃ)/長野県松本市深志・2
  • JUGEMテーマ:国内小旅行拝殿。朱塗の軸組に、4本の白い向拝柱が映えます。斜めから。銅板葺き入母屋造り屋根平入り、唐破風軒流れ向拝。間口の広い三間向拝。妻面。向拝見上げ。左右の脇間に頭貫虹梁が渡り、中央間には、妻虹梁が掛かります。水色の縁取りの懸魚。途中からリアルな葉の模様に切り替わる、ユニークな笈...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
みやさん
  • 若狭國二ノ宮 若狭姫神社(若狭彦神社 下社)
  • )と呼ばれ、目通6メートル、樹高は40メートルもあります。この巨樹だけでなく多くの木々が根を張っていて、まさに神域の佇まいを感じます。拝殿跡と神門随神門と神門の間には、昭和20年の雪害で倒壊した方三間入母屋造平入の拝殿跡が残っています。(若狭小浜デジタル文化財ホームページ(若狭市教育委員会製作)より)現在その地には石灯籠が安置されています。本神社は、社記によると養老五年二月十日(721年)に若狭彦神社上社...
  • travelog -jpnみやさんのプロフィール
boopeさん
  • 旅ラン「日光道中膝痛シ」…(小山宿~雀宮宿)その2
  • 年の火災で焼失しています。本堂そして、その慈眼寺の脇に金井神社が鎮座していました。小金井宿の鎮守、金井神社(ここも元は星宮神社です。)金井神社本殿(下野市文化財バーチャルミュージアムより)…一間社三方入母屋造り、(1830〜50年代)の制作古い見世蔵(店蔵…土蔵造りの商家)明治初期に建てられた呉服屋らしいです。これも古い見世蔵老朽化が著しいが、なんとかならないものでしょうか?その見世蔵前にある小金井宿の本...
  • 四ッ谷 走Run会!!boopeさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2837回 深志神社(ふかしじんじゃ)/長野県松本市深志・1
  • 異な事例です。神楽殿。江戸時代前期寛文12年(1672)の建立。元々はこの堂宇が拝殿だったそうで、現在の全体の配置は時代とともに形成されたのでしょう。斜めから。桁行三間、梁間三間の宝形です。銅板葺き、入母屋造り屋根妻入り。正面。側面。軸組、腰の格子が朱塗り、建具框が黒塗、建具格子は水色。彩色された内法貫虹梁、透蟇股。梅がモチーフの彩色浮き彫。ここで一息。...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2836回 長野縣護國神社(ながのけんごこくじんじゃ)/長野県松本市美須々
  • GEMテーマ:国内小旅行素木造り、明神鳥居型式の鳥居。無人の広大な、石敷き参道。参道両脇に提灯の列。延段の参道を進みます。銅板葺きの拝殿。完全シンメトリー構成。左右の翼棟は切妻造り屋根妻入り。中央棟は入母屋造り屋根妻入り。向拝の凸部がない分、正面の一間分が吹き放ちになっています。翼棟妻面。中央棟。中央棟の向こうに翼棟の桁行面が見えます。見上げ。円柱上に直接出三つ斗。正面に神社風頭貫木鼻。頭貫と軒桁間に小板...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2835回 玄向寺(げんこうじ)浄土宗/長野県松本市大村・3
  • JUGEMテーマ:国内小旅行一旦外に出て、境内全景を眺めます。境内南面の本堂への入口。石段の先に立派な本堂。銅板本瓦葺き、入母屋造り屋根妻入り、唐破風軒流れ向拝。石段途中からの見上げ。鳳凰の懸魚彫刻。妻壁には雲模様の笈型付大瓶束。龍の欄間彫刻詳細。向拝柱上部。見返りの唐獅子の頭貫木鼻彫刻。頭貫虹梁には、波に鳥の立体的な浮彫。鳥は...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
jf0rakさん
  • 仁和寺鐘楼
  • 全国各地の史跡を取り上げて紹介しています。仁和寺鐘楼2018年10月13日 |旅 歴史 京都府京都市右京区御室大内に仁和寺があります。 仁和寺の鐘楼は金堂の西側に建てられています。間口3間、奥行2間、入母屋造り、本瓦葺きで、袴腰が付けられています。朱塗りの鐘楼は、寛永21年(1644)に再建された建物で、昭和48年(1973)に国の重要文化財に指定されています。下記のサイトにもお立ち寄りください!http...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
sugi/abikoさん
  • 初代 波の伊八の彫刻と文化財・・・堀之内 妙法寺
  • 堂(東京都指定有形文化財)明和9(1772)年2月16日に上棟式を挙行、寛政3(1801)年斧始。10年の歳月をかけて、文化8(1811)年に完成。桁行 17,57メートル、梁間 26.97メートル、入母屋造、軒唐破風附、背面千島破風附。祖師堂の正面上部「波の伊八」の彫刻江戸時代から昭和にかけて房総半島を中心に、5代にわたり、寺社の欄門や向拝を彫った宮彫り師一族です。貴重な初代「武志伊八信由」の龍の作品で...
  • 写真で綴るすぎさんのブログsugi/abikoさんのプロフィール
jf0rakさん
  • 仁和寺金堂
  • います。慶長18年(1613)に建てられた御所の紫宸殿を寛永19年(1642)に移築した建物です。移築に際し、檜皮葺きの屋根を本瓦葺きに変え、西にあった庇を取り去っています。間口7間、奥行5間、単層、入母屋造り、本瓦葺きで、1間の向拝が付けられています。 外回りに蔀戸(しとみど)と板扉を用い、南の階の上に向拝をかけ、妻にある二重虹梁(こうりょう)などは紫宸殿そのままの姿です。内部は母屋回りを改め、北側の柱...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

入母屋造について