入母屋造

入母屋造についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [入母屋造] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

入母屋造を含むブログ記事

京都デザインさん
  • 美の佇まい
  • プ- 寺- 神社- 観光名所- 施設- 伝統工芸- ショッピング- グルメ- 宿泊- その他京のおすすめ京の旅写真ギャラリーTop京都写真ギャラリー美の佇まい美の佇まいTweet京都迎賓館、正面玄関。入母屋造りの屋根、樹齢700年の欅の一枚板を使用した扉…技と品質の粋。カテゴリー名勝・史跡国宝・文化財行事・イベント庭・庭園建物・街並人物地蔵・石仏・狛犬アイテム・京都の素材アートタグ京都御苑京都迎賓館会議・...
  • 京都観光 京都観光スポットと京都観光ガイド京都デザインさんのプロフィール
ハチの家文学館さん
  • 摩訶耶寺(まかやじ)
  • ??平安時代末期の作、県指定重要文化財?千手観音像 ??藤原時代初期の作、国指定重要文化財(大正4年国宝指定)本堂の天井図もすごい! 現在の本堂は江戸時代の寛永9年 (1632) に建てられたもので、入母屋造り5間4面、総ケヤキの造作で、格天井には法橋関中の筆になる極彩色の花鳥が配されている。摩訶耶寺は庭園も有名で、鎌倉時代初期1240年頃に作庭されたものと推定されている。池の地割りや築山構造、石組が美し...
  • ハチの家文学館ハチの家文学館さんのプロフィール
紋谷幹男さん
ヒゲさんさん
  • 仏閣
  • ねぇ・・・活気があって良い感じです参拝も終わり近くの東福寺に寄って来ました。ここは紅葉の時期凄い人ですが平日はゆっくり拝観出来て駐車場も無料でした・・・・・助かり〜〜本堂三門は五間三戸の二重門二階建(入母屋造り)1425年足利義持が再建慶長伏見地震で損傷したので豊臣秀吉が四隅に補強柱を取り付けしたそうです。(個人的には無い方がいいですねぇ)方文建築   龍吟庵この橋はかなり虫にやられていましたが大丈夫かな...
  • ヒゲさんのブログヒゲさんさんのプロフィール
紋谷幹男さん
紋谷幹男さん
  • 第2593回  西明寺(さいみょうじ)真言宗智山派/神奈川県川崎市中原区小杉御殿町・2
  • きくしたいという抑え難い欲求が生まれ、正面に控え柱を立て、梁間を大きくしたのでは。正面控え柱の唐獅子の頭貫木鼻彫刻。「腕・肩」あたりが妙に人っぽいです。山門から正面の本堂を見ます。本堂。銅板本瓦葺き、入母屋造り屋根平入り、唐破風軒流れ向拝。左右に花頭窓。斜めから。石積の基壇上に建つ、立派な堂宇。正面。不思議な模様の鰭の獅子口と、左右の鰭にも小さな懸魚を付けた猪ノ目懸魚。独特な意匠の笈型付き大瓶束と、彫刻蟇...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
みぞかつさん
  • 京都府 清水寺
  • (重要文化財)江戸時代初期の1631年の再建浄土宗の開祖・法然上人が日本で最初に常行念仏道場とした場所であることから、法然上人二十五霊場第十三番札所として多くの参拝者が訪れますぅ本尊は阿弥陀如来。入母屋造り、桟瓦葺の建築様式なんですよぇ三重塔 (重要文化財)高さ約31メートル国内最大級の三重塔で、京都の街からよく望見できることから古くから清水寺のシンボル的な存在なんや??創建は847年、現在の建物は...
  • みぞかつのぶらり散歩みぞかつさんのプロフィール
元気提供系セラピスト山内由紀さん
  • 商売繁盛!!吉備津神社のえびす祭に行ってきました♪
  • な。吉備津神社のえびす宮で行われた えびすまつりに行ってきました吉備津神社は三備の一ノ宮。 釜の鳴る音で吉凶を占う鳴釜の神事や桃太郎伝説のモデルなどで知られる神社です。独特な日本建築、吉備津造り(比翼入母屋造)の本殿や拝殿は国宝に指定されています。(吉備津神社に関して、こちらのサイトで詳しく紹介されていましたので、ご興味ある方はこちらへ)えびす宮は長い回廊を渡っていく途中にあります。私が訪れたのは、1月1...
  • アロマテラピーの教室・サロン|ナチュラルアップ元気提供系セラピスト山内由紀さんのプロフィール
n_shuheiさん
  • 2泊3日の京都紅葉狩り(7) 仁和寺 12月6日
  • f9 1/320秒 28mm ISO200) 露出補正 なし168.大玄関???? 大玄関と称されるところから御殿に上がる。この大玄関は、御殿群南端に東面して建ち、桁行12メートル梁間7.0メートル、入母屋造桟瓦葺で、東正面に間口6.0メートル近い大きな唐破風造檜皮葺の車寄を構えている。仁和寺の御殿は、明治20年(1887)に焼失したが 、その後再建されて現在に至っているそうだ。Nikon D5300 S...
  • Studio YAMAKOn_shuheiさんのプロフィール
気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅さん
  • 初詣参拝 亀が池八幡宮
  • 温かく包むような御神木が出迎えてくれる。狛犬ご神木の大銀杏の木(夫婦銀杏)御神門御神門の周辺の様子御社殿御社殿は、総檜でできており、権現造りで屋根が銅板で葺かれています。本殿は流造り、拝殿は正面大切妻入母屋造り、向拝は縋る屋根付き大唐破風造り。向拝からは廻廊が東西にめぐり、神門までつながっている。金具の紋章や化粧裏板の空気孔は亀を題材として設計されている。一度見上げて頂ければ、拝殿を拡大して映しました。拝...
  • 気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

入母屋造について