入母屋造

入母屋造についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [入母屋造] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

入母屋造を含むブログ記事

神の手さん
  • 15番国分寺【名勝の庭園は時間外で拝観出来ず残念、でも…?、動画で鐘の音を聴いてみよう!】
  • るとお参りの邪魔になりますよ。手水場で心を清めましよう。鐘楼で鐘を撞かせて頂きました。※それでは国分寺の鐘を音を聞いてみよう!鐘楼の鐘には国分護國禅寺とありますね。新しい建物ですね。正面の本堂。重層の入母屋造りで、文化、文政年間(1804〜30) に再建され、聖武天皇、光明皇后の位牌が祀られているそうです。近付いて写しました。納経所はこの奥です。名勝の庭園があります。 残念ながら拝観時間は午前9時からで、...
  • お遍路はWild!四国の果てまで歩イッテQ!神の手さんのプロフィール
坂の上のヒゲおやじさん
芳瑩さん
  • 大笹原神社(おおささはらじんじゃ)
  • て祈願したところ、日照りが続いても枯れたことがないといわれる。大笹原神社本殿 拝殿拝殿本殿明治34年に国宝に指定された本殿は、室町時代の応永21年(1414年)に再建された。本殿は桁行三間、梁間三間の入母屋造(いりもやづくり)、本殿は、40年ごとに檜皮の葺き替えを行うという。外部に施された装飾性に富む彫刻は、華麗な東山文化の粋を極めているとされる。千木(ちぎ)や鰹木(かつおぎ)がない。建物の背面の壁には寺...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2526回  輪王寺・大猷院・夜叉門(りんのうじ・たいゆういん・やしゃもん)天台宗/栃木県日光市山内・1
  • 使われ、大変華やいだ雰囲気。その中に、頭貫の青緑色の一筋が、効果的な挿し色になっています。斜めからの見上げ。境内側からの見返し。正面と同一ファサードです境内側、斜めから。遠景。左右廻廊。銅板本瓦吹き、入母屋造り屋根平入り。山門側の三間分が吹き放ちで、外側の三間分が黒塗りの半蔀で囲われています。夜叉門と廻廊の間の袖塀。真ん中の格狭間パネルの上下に、彩色透かし彫。ここで一息。次回以降、夜叉門の詳細を観てゆきま...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
六角堂さん
  • 高雄もみじのライトアップ&神護寺・金堂夜間特別拝観
  • 当日徴収) “大師堂の特別公開 神護寺主催 ■期間 11月1日〜11月7日公開■時間  午前9時〜午後4時■料金  入山料に別途¥500-必要弘法大師の住坊であった「納涼坊」あとに桃山建築の入母屋造、杮葺きの瀟洒な建物が佇み内陣にはめずらしい壮年期の板彫り弘法大師像正安4年(1302)仏師定喜作(重要文化財)を安置しています。 ■佛教大学 高雄活性化プロジェクト 平成29年度「学...
  • 烏丸かわら版六角堂さんのプロフィール
karekusa_2005さん
  • 長州大工の心と技 その2 河崎神社、住吉神社、早虎神社
  • 遍路の際何度か立ち寄った記憶があります。祭神は住吉三神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)。元文16年(1547)上畑野川岩川よりこの地に遷されたと伝えます。本殿は入母屋造・千鳥破風付、向拝を唐破風とした壮麗なもので、飛翼形春日造と呼ばれます。この造りは高殿神社など近隣の神社に影響を与えたと言われます。(高殿神社は大三島の大工による建築。)住吉神社本殿は、神社沿革誌に「...
  • 枯雑草の巡礼日記karekusa_2005さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2525回  輪王寺・大猷院・鐘楼・鼓楼(りんのうじ・たいゆういん・しょうろう・ころう)天台宗/栃木県日光市山内
  • に、参道を挟んで、向って右側が鐘楼、左側が鼓楼が建っています。それぞれ、1653年(承応2年)の建築で、国指定重要文化財です。向って左側が鼓楼。向って右側が鐘楼。どう見ても全く同じです。銅板本瓦葺き、入母屋造り屋根、下層部は袴腰、上層部には高欄が廻されています。黒をベースに、弁柄の高欄が明快な水平ラインを描き、屋根廻りには豊富な金箔の装飾金物、軒裏の組物や彫刻は極彩色で彩られ、鐘楼、鼓楼としては最高の華麗...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
tarouさん
  • Optio430画像(高杉晋作誕生地・口羽家住宅)
  • しては古く、かつ全国的にも比較的数の少ない武家屋敷の一遺例として貴重です。主屋と表門が国の重要文化財に指定されています。主屋は18世紀末から19世紀初め頃に建てられたものと思われ、切妻造り桟瓦葺きで、入母屋造りの突出部を付けています。表門は、白壁となまこ壁のコントラストが美しく、萩に現存するものとしては最も雄大な規模を有する長屋門で、入母屋造り本瓦葺きです。山口県萩市JR山陰本線、萩駅◆初めてのデジカメ ...
  • 綺麗なもの見つけた(街角探検隊)tarouさんのプロフィール
ラフさん
  • 神戸 上谷上農村歌舞伎上演会 2017
  • 上地区にある天満神社。神戸とは思えない風景です。坂道を上がるとたくさんのお客さんがいました。立派な農村歌舞伎舞台です。本殿と向かい合って建てられ、拝殿・長殿と呼ばれています。1863(文久3)年建立の入母屋造茅葺平入で、間口11.4m、奥行7.4mとなっています。舞台は割拝殿形式で、普段は舞台下手寄りが切れ、建物真ん中を参道が貫いてるんですが、歌舞伎上演時には参道は塞がれ、一面の舞台になります。この日は地...
  • その日暮らしのつれづれ日記ラフさんのプロフィール
sazanamiziroさん
  • 玉置神社・聖地 熊野三山の奥宮の神秘
  • と土壌に恵まれ、樹齢3000年の神代杉や、常立杉、大杉などの巨樹をはじめとする杉の巨樹林が形成されました。本殿は、第十代崇神天皇の時代に王城火防鎮護と悪神退散のため、 創建されたと伝えられています。 入母屋造り内陣に三社を奉祀、欅材の風格堂々たる社殿です。これは社務所の建物の側面です。棟札から文化元年(1804年)の建立と判明し、昭和63年(1988)には国指定有形重要文化財となりました。なかなか味のある...
  • 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

入母屋造について