入母屋造

入母屋造についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [入母屋造] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

入母屋造を含むブログ記事

Tabisoraさん
  • 【車椅子の旅】慈照寺(銀閣寺)
  • ゃだん)とよばれる2つの砂盛りが設けられています。これら庭園の多くは江戸時代に入ってから改修がなされたものですが、一部には足利義政の時代からの遺構が残り、国の特別史跡・特別名勝として指定されています。入母屋造りの東求堂は、文明18年(1486)に足利義政の持仏堂として建立されたもので、特に「同仁斎」と呼ばれる四畳半の書斎には違い棚・床の間などが設けられ、「書院造」の原型とされており、こちらも国宝に指定され...
  • 車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅Tabisoraさんのプロフィール
jf0rakさん
  • 神護寺楼門
  • は清滝川から350段の石段の参道を上りつめた先に建てられています。石段の両側は、もみじの林があり、数件の茶屋もあります。楼門は、毘沙門堂などと同様、元和9年(1623)の建立です。三間一戸楼門形式で、入母屋造り、本瓦葺きの建物です。下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2683回 長養寺(ちょうようじ)曹洞宗/千葉県松戸市幸田
  • JUGEMテーマ:国内小旅行寺名石柱が立ち、石段の先が境内。本堂。本瓦葺き、入母屋造り屋根平入り、唐破風軒流れ向拝。斜めから。中央の3間が硝子障子。両脇間に花頭窓。向拝見上げ。妻壁には、笈型付き大瓶束。欄間には、肘木も一体化されたユニークな板蟇股。方柱は上端が絞られ、側面に禅宗様頭貫...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
アートプラス京めぐりさん
  • 寺院右0443 妙心寺 三門
  • 門」とも表す。三門・空門・夢相門・無作門。これを三解脱門といい、求道者が涅槃に入る三種の方法を象徴した門。禅宗寺院のシンボル。人里から遠い山林中に営まれから、山門の名が生まれた。五間三戸、重層、屋根は入母屋造り、本瓦葺。階下左右に山廊がある唐様建築で、慶長4年(1599)の建造である。上下のつり合いもよく、上の反りが強い。上層正面はすべて桟唐戸とし、儀式の時は開放される。6月18日と7月15日。6月18日...
  • アートプラス京めぐりアートプラス京めぐりさんのプロフィール
jf0rakさん
  • 愛宕念仏寺本堂
  • 各地の史跡を取り上げて紹介しています。愛宕念仏寺本堂2018年04月18日 |旅 歴史 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町に愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)があります。 本堂は間口5間、奥行5間、単層、入母屋造り、本瓦葺きで、鎌倉時代後期の文保2年(1318)に再建され、大正11年(1922)にここに移築された建物です。内部の天井は繊細な小組格天井で、さらに本尊の位置を二重おりあげ格天井にしています。明治3...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
cocotteさん
yukiさん
  • 上杉家廟所 (米沢市)
  • ある細井平洲先生の薫陶を受け、儒教の孝道上、親を火葬とすることは忍びないとして、九代重定公を土葬とし、以後十二代斉定公までこれに倣っています。廟屋の建築様式は、謙信公は流造、景勝公以下八代宗房公までは入母屋造り、九代重定公以下十二代斉定公までは宝形造りで、その違いは、とりわけ屋根の構造が象徴的です。全体として、上杉家古来の質実剛健の家風を表しており、装飾は有りません。御廟は、藩制時代には、御廟将が置かれ、...
  • くぐる鳥居は鬼ばかりyukiさんのプロフィール
大橋むつおのブログさん
  • 高校ライトノベル・あたしのあした・59『東雲の御宗家』
  • 風呂敷包を抱えて、あたしとネッチは隣町はネッチの親類の家に赴いた。「ごめんね、付き合わせちゃって」「ドンマイ、ドンマイ」 親類はネッチの家の本家筋にあたる素封家で、最寄りの東雲駅のホームからでも大きな入母屋造りの屋根が見えている。 屋根の大きさから、すぐ近くに見えたけど、歩いてみると予想の倍ほどの時間が掛かった。ま、それほどに大きいというワケ。「やあ、お役目ご苦労さま」 浅野さんのお屋敷並に広い座敷に通さ...
  • 大橋むつおのブログ大橋むつおのブログさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2681回 本土寺(ほんどじ)日蓮宗/千葉県松戸市平賀・4
  • JUGEMテーマ:国内小旅行妙朗堂。銅板葺き、寄棟造り屋根平入り。斜めから。ずいぶんと高い床高。建具は全て、細かい枡格子の硝子障子。像師堂。銅板葺き、入母屋造り屋根、千鳥破風付き平入り、流れ向拝。正面。妻飾り。妻虹梁が渡り、上に笈型付大瓶束、下に、板蟇股。唐草模様の鰭付きの、蕪懸魚。斜めから。向拝柱上部。小さな、見返りの唐獅子の頭貫木鼻彫刻。牡丹の彩色欄間...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
鶴間正二郎さん
  • ?大黒天?千住本氷川神社の御朱印と千寿七福神
  • ました。現在では三峯神社(火防の神)久須志神社(医薬の神)大黒天(招福正成就)が祀られています。本殿等方一間で流れ作り側面に小鍛冶の超克拝殿は五坪千鳥破風唐破風の向拝に頭貫虹梁部分に流や鳥数の彫刻あり入母屋造りとなっています。三精稲荷神社旧社殿の隣に鎮座しています。★最後までお読みいただきありがとうございます。 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。 ※はてブの所をポチっとして...
  • 酒と車と御朱印と鶴間正二郎さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

入母屋造について