砂礫

砂礫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [砂礫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

砂礫を含むブログ記事

VFKさん
  • ボーリング孔に落下したエアハンマー回収作業
  • がって来た掘削部分パイプの上にホルダーを載せてロッドが落ちない様に固定してからウインチのワイヤーロープに繋ぐワイヤーロープで吊上げて回収完了河川にに近いこの場所は、基岩である花崗岩の上に転石玉石混在の砂礫層となっている花崗岩も亀裂が多いと砂レキ層同様に掘削中崩れやすいのでパイプを入れて崩壊防止する6mで硬質岩盤となったので、安全のため7mまでパイプを打ち込む打ち込み用のエアハンマーを、引き上げ最後の工...
  • よしろう農園VFKさんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
  • 【芸能】ベラ・ハディッドが富士山に感動 「死ぬまでに登りたい」
  • つまり参拝だ。 37 :名無しさん@恐縮です:2018/12/04(火) 08:15:26.97 ID:tsryJAd+0.net 富士山は独立峰の火山だから、山脈や複雑な谷がなくて形式に迫力がなく、砂礫の道をつづら折りに登っていくだけで極端につまらなく、登山の対象としては最悪の部類 富士山より北アルプス・南アルプス・飯豊連峰の遥かに魅力的で山脈の稜線をを歩きとおす縦走が最高。逆に尖ったカッコいいア...
  • ペタワロスwwwwwwwwwwペタワロスwwwwwwwwwさんのプロフィール
山嶺花さん
  • 高山植物、18年夏越し結果(その1)
  • さでした。そんな酷暑を高山植物はどのようにして乗り切ったか、新しい栽培技術などを含めてこれから数回にわたって紹介してみたいと思います。 コマクサ分 類:ケシ科自生地:北海道と本州中部地方以北の高山帯の砂礫地に生える       小型の多年草 鉢 :狭間寸胴鉢⇒HK鉢(試作品)用 土:鹿沼土、日向砂、桐生砂、蝦夷砂乾湿度:1120⇒960植替日:2018年4月⇒11月 この秋、狭間寸胴鉢から試作中のHK...
  • 湘南シャクナゲ庵山嶺花さんのプロフィール
dorisanさん
  • (12月5日)黄水仙冬将軍と痛み分け♪
  • ♪カテゴリ:園芸?黄水仙冬将軍と痛み分け♪?植物名:キズイセン(黄水仙) 科属名:ヒガンバナ科スイセン属 開花期:11月〜3月 特徴等:ヨーロッパや北アフリカが原産の多年草(球根植物)で、山地の草原や砂礫地などに自生しています。日本へは古い時代に中国を経て入ってきたと言われます。葉は晩秋に卵球形の鱗茎から伸び出して、長さ20〜40cm幅8〜16ミリの線形で白粉を帯びた緑色をしています。葉の中心から長さ...
  • 天南星の魅力 & 山野草dorisanさんのプロフィール
はさみの世界・出張版さん
  • 実験小説 塔 その10
  • 命からは逃れられぬ。これを果たさぬかぎり、成都に帰ることはかなわぬぞ」「こちらのことは、どうやら、なにもかも知っているようだな。なぜ、わたしは『 塔』にむかわねばならぬのだ」「おまえは夢で見たはずだ。砂礫の王国、そこにある隠し村、見張りをつとめる塔 。もはや国はなく、そこにあるのは瓦礫の山でしかない。旅慣れた商人でさえ、そこには夜になると王国の亡霊があらわれるとおそれて、近づかない場所となってい る。...
  • はさみの世界・出張版はさみの世界・出張版さんのプロフィール
流離アスリートさん
  • 今季唯一の北ア行脚? 憧れの折立登山口からアプローチ
  • に目を向けると、槍ヶ岳までクッキリ見える。それだけ今回も好天気に恵まれている、って事です。だいぶ迫ってきたが、ここからのルートはこのカールの左側からぐるっと回る様に山頂にアプローチしていく感じ。途中、砂礫で覆われた広場も通過。変化が有って楽しめる。山頂に近づくにつれ、岩場傾斜も厳しくなる。ハイマツに隠れ加減だが、薬師岳小屋の屋根が写っているのです。登頂! 今回の周回コース最初の百名山です。13時を少し...
  • 流離って、彷徨って… アスリートもどきを気取る流離アスリートさんのプロフィール
Martinさん
  • 西伊豆・戸田(御浜岬で車中ランチ)
  • がいいので海辺でお昼を食べようと、いつもの西伊豆コースでほど近い戸田(へだ)の御浜(みはま)岬に行ってみました。戸田港はこんな風に「C」の字のような形になっていて、左側の砂嘴(さし)と呼ばれる、潮流で砂礫(されき)などが流され堆積して出来た岬が特徴的です。この岬が、けっこう車中でラン......
  • Martin Island 〜空と森と水と〜Martinさんのプロフィール
なっちゃんさん
  • 本州縦断 9日目
  • 出発です。頂上までのコースタイムは、上り11?で4時間20分。息子のペースだと1.5倍くらいは時間がかかる予想。今日は7合目の山小屋が目的地なので、ゆっくりで8時間くらいは歩くはず。山頂が見えました。砂礫がめちゃくちゃ歩きにくい(汗)そして風が強くて、ほぼ進路方向から吹き付けてくるので余計に疲れます。次郎坊に8:45分到着。コースタイムは80分で、僕らは105分。景色は良いけど、植物がほとんど生えてい...
  • ものづくりstyleなっちゃんさんのプロフィール
りゅうぱぱさん
  • 日本最大規模のさざれ石がある大御神社へ
  • ます。岩場の上には火砕流による柱状岩(柱状節理?)と さざれ石の分岐点と書かれた看板が立てられていました。看板のすぐ下を見たら左側には火山の噴火によって流れたマグマが固まった岩が、そして右側には細かい砂礫が固まってできた 『さざれ石』 とにはっきりと分かれていました。この辺りの岩場はこのような地層が至る所で見られます。さざれ石の見物していたら、沖のほうから轟音と共に海上自衛隊のエアークッション型揚陸艇...
  • どこでも晴れたらワン歩りゅうぱぱさんのプロフィール
トンボ自然史研究所さん
  • 四国トンボ巡礼(18):河川上流部のヤゴ3種(アサヒナカワトンボ、ヒメクロサナエ、ムカシトンボ)
  • があって余り有ります。2億年もの系統の歴史を背負っているムカシトンボでも、その時々の環境に対応して、あるいは環境の許す範囲で、このような地理的変異を生起し、維持しつづけているということでしょう。川底の砂礫が黒色系でなく灰色系か淡褐色系であれば、今回のような淡褐色のヤゴは捕食者に発見される確率を低下させることができ、一つの適応を獲得しているといえます。このムカシトンボ幼虫に関しても、その場で動画を撮影し...
  • トンボ自然史研究所トンボ自然史研究所さんのプロフィール

砂礫を含むブログ村メンバー

  •  
コマクサさん
Me-Sulfonateさん
  • ガラスの砂礫Me-Sulfonateさんのプロフィール
  • 長編と短編を織り交ぜて書いている。現在は、「はるかなる邂逅」と「トウ子の憂鬱」がメイン。