ドクターX

ドクターXについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ドクターX] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ドクターXを含むブログ記事

みっきーさん
  • 拍手コメントへ返信 (2018/8/17分)
  • ク天使と悪魔天皇の料理番東京スカーレット〜警視庁NS係〜東京センチメンタル東京タラレバ娘同窓生〜人は、三度,恋をする〜時をかける少女ドS刑事毒島ゆり子のせきらら日記ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜ドクターX 〜外科医・大門未知子〜[3]ドクターX~大門未知子~[4]ドクターX~大門未知子~[5]ドクターカーDOCTORS 3 最強の名医Dr.倫太郎特捜9匿名探偵[2]とげ〜小市民 倉永晴之の逆襲〜ど根性...
  • ディレクターの目線blogみっきーさんのプロフィール
ケン坊さん
  • ドラマ映画の全盛は主に90年代後半から00年代なのに『劇場版コード・ブルー』大ヒットの理由
  • して、過去のドラマ放送直後ではなく、時間を空けて映画化したことが功を奏したと言えるでしょう」と分析する。また、作品の内容としても、“医療ドラマ”という点が、ヒット要因としては大きいようだ。大高氏は「『ドクターX』を筆頭に、医療ドラマは他ジャンルと比べて根強い人気がある。それに加えて、ドクターヘリが登場する『コード・ブルー』にはヘリに伴うスケール感が生まれ、医療ジャンルの幅が膨らんだ。その新局面が、医療現場や...
  • お節介オヤジの事件簿ケン坊さんのプロフィール
おやじギャグカラーセラピスト*氏家のり子さん
  • 昨日の続き・・・コンサルやノウハウは、なかった時したこと
  • の失敗談をお話すると講座の知識より、失敗談の方が印象的に残るようです(笑)今は笑い話で、ネタにしていますがどんな失敗も未来はネタになります私も沢山失敗してきました今は全部ネタにしています失敗しないのはドクターx(エックス)の米倉涼子くらいですから(笑)失敗したら、じゃ、次はこんな悔しい思いをしないようにするにはどうしたらいいんだろう?と考えてきましたながら試行錯誤しました もちろん、失敗したら一回落ち込んで...
  • 静岡札幌*色を仕事に活躍できるカラー講座スクールおやじギャグカラーセラピスト*氏家のり子さんのプロフィール
みっきーさん
  • ハゲタカ (第5話・2018/8/16) 感想
  • テレビ朝日系・木曜ドラマ『ハゲタカ』(公式)第5話の感想。なお、原作の真山仁「ハゲタカ」「ハゲタカ?」(講談社文庫))は未読だが、2007年にNHKでテレビドラマ化された連ドラ『ハゲタカ』と、2009...
  • ディレクターの目線blog@FC2みっきーさんのプロフィール
ニャンキージャンキーさん
しぃさん
  • エレクトーン ? 
  • ドライブ 途中 きれいな海を 見つけました ... エレクトーン 演奏 ... ドクター X にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...
  • 音楽と写真動画しぃさんのプロフィール
雨あがりのペイブメントさん
  • 妻が認知症になったら 砂川啓介
  • 事妻が認知症になったら 砂川啓介妻が認知症になったら 砂川啓介ブログ紹介 「TRITON」大人少女戦士の無限戦記新年の挨拶「死刑、覚悟できている。だけど…」人生の最期ど派手な成人式寒波襲来流されない…ドクターXについて記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 妻が認知症になったら 砂川啓介gooブログ お知らせgooブログ公式スマホアプリみんなが見ているブログをランキング...
  • 雨あがりのペイブメント雨あがりのペイブメントさんのプロフィール
雨あがりのペイブメントさん
  • 妻が認知症になったら 砂川啓介
  • つれづれ日記」カテゴリの最新記事妻が認知症になったら 砂川啓介ブログ紹介 「TRITON」大人少女戦士の無限戦記新年の挨拶「死刑、覚悟できている。だけど…」人生の最期ど派手な成人式寒波襲来流されない…ドクターXについて一瞬の輝きに魂をこめて 運動会観戦記(2)記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 遠花火gooブログ お知らせgooブログ公式スマホアプリみんなが見ている...
  • 雨あがりのペイブメント雨あがりのペイブメントさんのプロフィール

ドクターXを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

ドクターXについて