六道の辻

六道の辻についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [六道の辻] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

六道の辻を含むブログ記事

kotonohaさん
  • 六波羅蜜寺 源平の盛衰を今に伝える
  • て、彼女を釈放しました。 このことは「阿古屋の琴責め」と称されています。 ※1悪七兵衛と呼ばれるほど勇猛な武将。※2平安時代末期から室町時代初期にかけて行われた歌舞の一種およびその歌舞を演じた舞女。 六道の辻・轆轤町 六波羅蜜寺の近くには六道の辻 と呼ばれるこの世とあの世の境目と考えられてきた場所があります。 また、轆轤町 (ろくろちょう) という少しい珍しい町名の場所も近くにありますので六波羅蜜寺に行く...
  • 京都観光おすすめのグルメや人気の穴場kotonohaさんのプロフィール
matsuhisakayuさん
  • 六道の辻 西福寺
  • す。夕方涼しくなってから出かけるのがお決まりになっていて五条通りの鴨川東あたりから東大路にかけてずらっと並ぶ陶器市を見ながら歩いていきます。五条から北へそれて六波羅蜜寺へ参りそのままさらに北へ向かうと六道の辻と書かれたに石碑を左手に曲がるとお寺の入り口があります。この西福寺には子供の時から何度も訪れています。こちらの小さな寺に入ったとたんの何とも言えない感じが面白くて、この時期になると出かけたくなってしま...
  • 松久佳遊 祈りの世界−仏画と仏像matsuhisakayuさんのプロフィール
京都癒しの旅案内人☆まゆみさん
  • 昨日から六道さん。
  • 迎えるために六道珍皇寺に参詣する「六道まいり」という風習があります。8月7〜10日で行われます。毎年、私も迎え鐘を撞きに行っています。六道まいりは、平安時代においてこの辺りが、墓所の鳥辺山の麓で、俗に六道の辻と呼ばれた京の東の葬送の地であったこと、それはまさに生死の界(冥界への入口)であり、お盆には、冥土から帰ってくる精霊たちは、必ずここを通るものと信じられた事に由来しています。五条坂の陶器まつりとともに...
  • 京都癒しの旅京都癒しの旅案内人☆まゆみさんのプロフィール
団子屋のページさん
  • 鐘突き先祖迎える 京都で六道まいり
  • 道まいり」が7日、京都市東山区松原通東大路西入ルの六道珍皇寺で始まった。境内には早朝から「迎え鐘」を突く参拝者の列ができた。 寺の一帯は古くからの葬送の地「鳥辺野(とりべの)」にあたる。冥界の入り口「六道の辻(つじ)」も寺付近とされることから、故人の霊を出迎える行事として始まったという。 坂井田良宏住職(71)によると、午前6時の受け付け開始前に100人以上の行列ができ、開門を30分早めたという。境内では...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
団子屋のページさん
  • 鐘突き先祖迎える 京都で六道まいり
  • 道まいり」が7日、京都市東山区松原通東大路西入ルの六道珍皇寺で始まった。境内には早朝から「迎え鐘」を突く参拝者の列ができた。 寺の一帯は古くからの葬送の地「鳥辺野(とりべの)」にあたる。冥界の入り口「六道の辻(つじ)」も寺付近とされることから、故人の霊を出迎える行事として始まったという。 坂井田良宏住職(71)によると、午前6時の受け付け開始前に100人以上の行列ができ、開門を30分早めたという。境内では...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
G-topicsさん
  • 2018.08.07 六道まいり@六道珍皇寺
  • <<2018.07.16 萬福寺 |TOP2018年08月08日2018.08.07 六道まいり@六道珍皇寺京都の伝統行事の1つ、「六道まいり」に行ってきました。六道珍皇寺は冥界の分かれ道である六道の辻に位置し、京都ではお盆の時期にご先祖様が“あの世へ通じる井戸”を通って還ってくると言われ、精霊を迎える「迎え鐘」をつく風習があります。今年は、六道まいり期間の限定御朱印も頂いてきました。ラベル:小野篁...
  • G-topics -このセカイは面白いモノで溢れている。-G-topicsさんのプロフィール
銭無のとっつあんさん
okadoさん
  • 六道の辻:珍皇寺の迎え鐘
  • 六道の辻の珍皇寺の迎え鐘。鐘楼の穴から出された引き綱を引っ張って撞くと、その音は十万億土に響き渡り、その音をたよりに精霊がこの世へ蘇ってくるのだとか。「精霊迎え 六道まいり」は、8月7日〜10日。六道珍皇寺h...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール
ほっこりさん
  • 大文字が送り火なら、迎え火は・・・・萬燈会厳修 / 六波羅蜜寺
  • 空也上人の祈願文によると、応和3年8月(963)諸方の名僧600名を請じ、金字大般若経を浄写、転読し、夜には五大文字を灯じ大萬灯会を行って諸堂の落慶供養を盛大に営んだ。これが六波羅蜜寺の起こりである。六道の辻に近い六波羅蜜寺では、盂蘭盆を迎える8日からの3日間、大萬燈会を点じ、お精霊さんを迎えている。お精霊さんがこの世にお帰りいただきやすい様に、鐘を撞き、帰る場所を知らしているのが、「迎え鐘」である。六波...
  • ClubFame京都−Topics&News−ほっこりさんのプロフィール
shikihoproさん
  • 京都の冥界への入り口の井戸から閻魔大王、小野篁に会う!?「六道珍皇寺」
  • 墓場です。「嵯峨野」なんかも墓場でした。で、その墓場への道筋にあったのがこのお寺。さらに、「六道」とは、仏教でいう「地獄道」「餓鬼道」「修羅道」「畜生道」「人道」「天道」のことで、それらの道の分岐点(六道の辻)、いわゆるあの世とこの世の境がこのお寺の境内にあったとされていました。でで、ここに登場するのが小野篁(802年〜852年)。この人、平安京に仕えた役人で、なんと昼は官僚として仕事し、夜は閻魔大王の裁...
  • 京都観光とグルメのブログshikihoproさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

六道の辻について