骨髄抑制

骨髄抑制についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [骨髄抑制] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

骨髄抑制を含むブログ記事

asahaさん
  • 診察
  • とお茶。以前だったら外に出て、行きたいカフェとか結構あったのになぁ…。ベリーとりんごの果肉が入っていて美味しかったです♪血液検査の結果は(今回腫瘍マーカーはなし)、先生いわく良好だそうで。懸念していた骨髄抑制もなく、好中球なんて3400くらいありました。ハラヴェンのときは、この骨髄抑制に散々悩まされたから(休薬も多かったし)、ゼローダを3週間服用してのこの結果は″よかった″らしい。これまで地味〜に高かった...
  • 毎日ぼちぼちやってますasahaさんのプロフィール
kaoaloさん
  • 10月18日 抗がん剤
  • ら5日目に腫れが小さくなったとブログに書きましたがその後、腫れはさらに小さくなりましたwよ〜く探さないとわからない程にwwここまで温存してきたビンクリスチン今回、本当に良い仕事をしてくれました そして骨髄抑制も起こっていないだなんて完璧過ぎる 前回は安全を見て少ない量で投与したので今日は少しだけ増やしています。また一週間注意深く見守っていきたいと思います。フォイパン、制吐剤が処方される。次回予約は10月2...
  • meke aloha pumehanakaoaloさんのプロフィール
LIFE4EVERさん
  • 治療開始時覚悟していたこと、想定外のこと
  • し、その臓器が機能しなくなった場合とされています。私は、抗がん剤治療による肝機能低下や、胆管ステント機能の低下による肝不全など、転移以外にも臓器不全をきたす要因はあるのではないかと思います。感染症・・骨髄抑制や栄養障害により身体の抵抗力が低下し、肺炎、腸炎、敗血症などを合併するケースです。オンコロジカル・エマージェンシー・・癌そのもののないしはその治療に起因する急性の生命をおびやかす病態とのことで、「肺血...
  • 「すい臓がん、余命一年」を生き抜いていますLIFE4EVERさんのプロフィール
ぴのこさん
  • 発熱性好中球減少症(入院3日目)
  • ンを回復するにはどうしたものか何かあるかと考えると、、、2日連続で打った皮下注射が朝と夕方の血液検査で余り白血球が上がっていなかったのに今朝の採血では僅かに上がっていたってゆう事くらいかしら先生曰く、骨髄抑制でガクンと白血球が下がるのが数日続く人もいるから多分ここから徐々に回復して行くんじゃないかと。ほんとに?期待するのはもうそこしか無いですそう言えば、今は熱が上がっても38、5℃までは上がらない(単純(...
  • 子宮体癌Ⅲc+卵巣癌1a(類内膜線癌G1)ぴのこさんのプロフィール
colocolokentaさん
  • ナイト、血管肉腫に対する化学療法2クール目
  • は標準的な治療法とされていて、余命の延長が期待できる。核酸(DNA, RNA)合成阻害薬で、ヒトでも適応疾患の種類は多い。副反応は下痢、感染症。下痢は消化管上皮の再生が抑制されるからだろうし、感染症も骨髄抑制が原因となる。とくに怖いのは骨髄抑制で、これは白血球や赤血球、血小板といった血液を構成する細胞の産生が抑制されることで、感染症のみならず種々の全身症状となって現れる。ナイトは昨日で投与後2日目。まだ、...
  • こんな気持ちでいられたらcolocolokentaさんのプロフィール
LIFE4EVERさん
  • 闘病19か月のまとめ - 合併症、その他の症状
  • なるかを予測すること、何かに注意して詰まりを予防することはなかなか難しいようです。兆候が出たときにできるだけ早く治療を受けられるよう、可能な準備をしておくほか手はなさそうです。歯の治療抗がん剤治療中は骨髄抑制(血小板減少)の影響で血が出やすく止まりにくいうえ、私の場合は肺血栓塞栓症のため直接作用型経口凝固薬「イグザレルト」(血液をサラサラにする薬)も服用していますので、歯の治療は慎重に進める必要があります...
  • 「すい臓がん、余命一年」を生き抜いていますLIFE4EVERさんのプロフィール
LIFE4EVERさん
  • 闘病19か月のまとめ - 副作用
  • 【抗がん剤治療をためらう一番の理由は副作用。特にmFOLFIRINOXは強い副作用が避けられず、対応には細心の注意が必要です。注意すべきポイントについては、投与当初と考え方が少し変わってきました】骨髄抑制抗がん剤治療の副作用としてまず挙げられるのが骨髄抑制です。白血球・赤血球・血小板が減少し、抵抗力減少(感染症にかかりやすくなる)、めまい・動悸・息切れ、出血しやすく止まりにくいなどの症状があらわれます...
  • 「すい臓がん、余命一年」を生き抜いていますLIFE4EVERさんのプロフィール
PA-Chanさん
  • 塩害被害
  • います。そんな中、14日(日)は銀杏並木が綺麗な公園へ行ったのですがここも例外ではありませんでした。でも、やっと秋らしい気候になって、お散歩行けるようになったのは嬉しいな。抗がん剤治療が2週置きだと、骨髄抑制の副作用でお散歩に行けなかったのですが今の治療ペースだと、お散歩に行ける日があるので、ありがたいです。サスケの負担も前よりは少なくなったし良かったです。それもこれも、サスケが沢山頑張ってくれているお陰...
  • アメリカンコッカースパニエル☆ボーダーコリー日記PA-Chanさんのプロフィール
MYUさん
  • 最近の経緯とmFOLFIRINOX ?
  • がないので、時間短縮で終わりますし、副作用も比較的軽く、冷たい物を触ったときのシビレ感がないので過ごし易いです。(オキサリプラチンを抜くことになった経緯はこの後に書きますね。)7回目と8回目の投薬は、骨髄抑制の白血球減少が理由でスキップが続き、結局、4週間に1回のペースで投薬していましたが、今回は3週間目で投薬ができました。スキップしながらも腫瘍マーカーもコンスタントに下がっておりましたが、残念ながら今回...
  • ダンスインストラクターMYU、膵がん闘病記MYUさんのプロフィール
LIFE4EVERさん
  • 退院 - 検査と診察の結果は?
  • 【本日抗がん剤を抱えて退院しました。mFOLFIRINOX投与34回目です】抗がん剤治療関連の数値は白血球数/血小板数/好中球%(骨髄抑制)5630/19.0/65.6・・問題なしでした。AST/ALT(肝機能)40/36、クレアチニン/尿蛋白 (腎機能)0.76/−、血糖(膵臓内分泌機能)94・・基準値内でした。ギリギリのものもあり、...
  • 「すい臓がん、余命一年」を生き抜いていますLIFE4EVERさんのプロフィール

骨髄抑制を含むブログ村メンバー

  •  
naitinge-ruさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

骨髄抑制について