柄杓

柄杓についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [柄杓] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

柄杓を含むブログ記事

明日の風に吹かれてさん
  • 「みんなのお茶」
  • 茶」カテゴリの最新記事「みんなのお茶」台目でのお稽古正午の茶事@壺中庵 信楽残念、古田織部 (興聖寺)あ〜あ 炉だなぁ...いよいよ炉 (2017)風炉では最後の行台子 (2017)茶杓荘り五行棚での柄杓扱い袱紗さばき記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« サックスのネックの修理最新記事「みんなのお茶」サックスのネックの修理江戸 キリシタン坂江戸 切支丹屋敷跡へ歩...
  • 明日の風に吹かれて明日の風に吹かれてさんのプロフィール
味わい一筆さん
  • 今日は、衣替え、そしてお茶日和 ♪
  • で、風炉のお稽古はあと2回だけとなりました。せっかくですので今日は、我が家流のお茶室で、竹台子総飾りのしつらいのもと、お茶を点ててみました。憧れの凛と美しい竹台子総飾り、天板に大棗、棚に建水、蓋置き、柄杓など飾りました。お水指は、安価な物ですが、祥瑞(しょんずい)にしました。和風パッチワークのようで好きです台子正面に座り、火箸や柄杓の扱いはおぼろ月夜であいまいですが、好きなお棚のいつもとは違う点前に少...
  • 味わい一筆味わい一筆さんのプロフィール
さくらこさん
草由庵主さん
  • 大板 中置
  •  10月は中置、先週から稽古されているようで、今週は大板を用いてのお稽古。。大板は過去、1回しか使用していないので、貴重な勉強にです。炭手前の大板から始まり、薄茶・濃茶と続けて、、違いは柄杓&羽箒の置き位置なのですが、なかなかやらない点前はやはり新鮮。稽古したような気になりました。あと2回で風炉の終わり、来週もがんばろ・・...
  • 草由庵へようこそ草由庵主さんのプロフィール
井川メンパ大井屋さん
  • 井川メンパの由来
  • 下井川メンパのしおりの内容です井川の曲げ物も、すでに鎌倉時代ごろから作られていたと考えられます。特に室町時代には金山が繁栄しましたから、その金山の水替えにはどうしても現在のバケツに相当するメンツーや水柄杓が必要だったと思われます。井川に住んでた私の曾祖父がつくった水柄杓。このことを言ってるんだと思います。しかし井川の曲げ物が文献上ではっきりするのは、宝暦1731年の小河内村の「差し出し帳」に「惣百姓、...
  • 奥大井伝統の山岳弁当箱井川メンパ大井屋さんのプロフィール
サプリメントダイレクト スタッフさん
  • お土産にピッタリな九戸銘菓
  • のことのようです。花まつりでは、お花で飾られたお堂(花御堂)のなかにあま茶を入れたお盆(浴盆)を置き、そこに、右手で上を、左手で下を指し示したお釈迦さまのお誕生の姿をあらわしたお像(誕生仏)を安置し、柄杓であま茶を頭上からそそぎます。子供の頃、甘茶をもらって飲んだ記憶のある方も多いのではないでしょうか。花御堂は、お釈迦さま誕生の地ルンビニ園を、誕生仏は、お生まれになってすぐ七歩あゆまれて「天上天下唯我...
  • サプリメントダイレクト スタッフ ブログサプリメントダイレクト スタッフさんのプロフィール
きせきどうさん
  • 正しい神社参拝の仕方1
  • 一礼することを忘れないでください。 参道に入りましたら、基本的には参道の真ん中(正中・せいちゅう)は通らず、端を歩きます。 手水舎(ちょうずや、てみずや)で手を清め口をすすぎます。 1.まず最初に柄杓(ひしゃく)を持ちましたら、右手で水をくみ、左手を清めます 2.柄杓を持ち替え、左手で水をくみ、右手を清めます 3.柄杓を持ち替え、左手で水をくみ、右手を清めます 4.もういちど柄杓を右手で持ち、左手...
  • 九星気学(占い)・天然石&雑貨のお店 輝 石 堂きせきどうさんのプロフィール
紅雲庵さん
  • 風炉〜炉〜風炉〜炉〜風炉……
  • す。十年以上お稽古していれば風炉にも炉にも10回以上お目に掛かるのですが、なにしろ半年ぶりの御目文字で点前にも若干の違いがあり、使うお道具も変わりますから、準備にも手が掛かり、あわあわしちゃいますわ。柄杓でかいっ!なんて思いますね。(柄杓も風炉と炉では変わるんです) 炉になったら花入も籠はおしまい。 香合の塗りのもの木製のものもおしまい。香木もね。 せっかく覚えて来たのにもうっ!ですけど、この変わり目...
  • 紅雲庵 日乗 名古屋の茶の湯 和のあれこれ紅雲庵さんのプロフィール
きせきどうさん
  • 正しい神社参拝の仕方1
  • 一礼することを忘れないでください。 参道に入りましたら、基本的には参道の真ん中(正中・せいちゅう)は通らず、端を歩きます。 手水舎(ちょうずや、てみずや)で手を清め口をすすぎます。 1.まず最初に柄杓(ひしゃく)を持ちましたら、右手で水をくみ、左手を清めます 2.柄杓を持ち替え、左手で水をくみ、右手を清めます 3.柄杓を持ち替え、左手で水をくみ、右手を清めます 4.もういちど柄杓を右手で持ち、左手...
  • 九星気学(占い)・天然石&雑貨のお店 輝 石 堂きせきどうさんのプロフィール
はじかみ神主さん
  • はばかり・厠・御不浄・閑処
  • 昔から「閑処」を「かんじょ」ではなく「かんしょ」と呼んでいたので、てっきり金沢弁だと思っていました。 戦後、まだ化学肥料が普及しなかった時代も、有機肥料の下肥(しもごえ)として、便所から屎尿を肥桶と長柄杓を使って汲み出し、天秤棒で担いで下肥を肥溜め(こえだめ)に運んでいました。 このような光景は、ボットン便所が主流の昭和40年代前半まで見られ、農道脇の地面に埋め込んだ肥溜めか、小屋の中に据え置いた大...
  • はじかみ神主のぶろぐ(毎日更新中)はじかみ神主さんのプロフィール

柄杓を含むブログ村メンバー

  •  
kosmiriさん