丙戌

丙戌についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [丙戌] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

丙戌を含むブログ記事

戦国未来さん
  • 橋場日月『明智光秀 残虐と謀略 一級史料で読み解く』
  • 心となる。私は、「斎藤道三は敵であったので交流は無かった」と主張したいのであるが、橋場日月氏の主張は・・・ 明智光秀の生年については、 ?永正13年(丙子。1516年)生まれ(『当代記』)?大永6年(丙戌。1526年)8月15日生まれ(『綿考輯録』)?享禄元年(戊子。1528年)8月17日生まれ(『明智軍記』『細川家文書』)?天文9年(庚子。1540年)生まれ(咲村庵『明智光秀の正体』) と諸説ある。...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「第三次藤原京」について
  • スは必要でしょうから)、それを示すように『続日本紀』に(『文武紀』)「難波宮」への行幸記事があります。『続日本紀』「文武三年(六九九)正月癸未廿七。(中略)是日幸難波宮。」「文武三年(六九九)二月丁未丙戌朔廿二。車駕至自難波宮。」 この時の行幸の目的ははっきりしませんが、「釈迦」の命日である「二月十五日」を挟んでいますから、「涅槃会」を行ったのではないかとも考えられ、「難波宮殿」でそれら「儀典」の類を...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
Chihiroさん
  • 異常干支が回る3年間は価値観の変容が起こるとき
  • 。来年2019年は『己亥』。再来年2020年は『庚子』。この3年間は『異常干支』という干支がめぐります。干支は全部で60個、そのうち13個が『異常干支』。(11甲戌、12乙亥、18辛巳、19壬午、23丙戌、24丁亥、25戊子、30癸巳、35戊戌、36己亥、37庚子、48辛亥、54丁巳)宿命中に持つ人もいるし大運で回ったり今年のようにその年の干支として回ったり。「異常」というと何か悪いもののように捉えら...
  • 四柱推命鑑定師ChihiroのブログChihiroさんのプロフィール
yukiさん
  • 大館神明社
  • たことから、中世以降、松尾神は酒造の神としても信仰されるようになった。』小林定修翁功徳碑(大正14年6月21日)。庚申塔群。木曽吉山三吉神社(明治17年旧8月15日)・太平山。太平山神社。手水石(明治丙戌同年會・昭和2年旧2月)。己立橋(昭和5年)。横には古い石橋も。ここから先は濠に囲まれています。奉納碑「大正七年十二月二十六日本家 基本財産金壹百圓也 為分家記念」など。大館神明社基本財産寄附人名碑(...
  • くぐる鳥居は鬼ばかりyukiさんのプロフィール
武部泰莞さん
  • 干合についての一つの見方
  • ですが、そんな辛でも失ってはいけません。(命にかかわります)大運を見ると、丁度連載が始まったときは癸未の運で、その後は申酉の金の二十年ですから、この流れは悪くありません。しかし、50〜60歳の十年間は丙戌で、この戌は金にはならず、丙は月干の辛と干合してしまいます。これは化水しませんから水量は増えず、唯一の頼りであった辛の用神(擬ですが)が失われてしまい、ある意味、命を狙われている大運であると言えます。...
  • 運命学の研究武部泰莞さんのプロフィール
古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 仁徳記、黒日売説話について 其の一
  • れるのではないか。仁徳天皇は「淡道島」を見ようと出立している。淡路島は狩りの名所とされていた。 時天皇幸二淡路嶋一、而遊猟之。於是、天皇西望之、数十麋鹿、浮レ海来之。(応神紀十三年九月) 秋九月辛巳朔丙戌、天皇狩二于淡路嶋一。(応神紀二十二年九月) 秋九月乙酉朔壬寅、天皇狩二于淡路嶋一。(履中紀五年九月) 十四年秋九月癸丑朔甲子、天皇猟二于淡路嶋一。時麋鹿・猨・猪、莫々紛々、盈二于山谷一。(允恭紀十四...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール