ワーテルローの戦い

ワーテルローの戦いについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ワーテルローの戦い] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ワーテルローの戦いを含むブログ記事

progressing pilgrimさん
  • 再登場
  •  『レ・ミゼラブル』のワーテルローの戦いに関する記述の最後に、それよりも前の出てきたある人物が登場しました。前に出てきたときよりも時代がさかのぼっています。 この人物を再登場させて、その前歴を示すために戦争の記述をこれほど詳しくしたのか、と...
  • 世界文学全集への挑戦、2年目に突入progressing pilgrimさんのプロフィール
progressing pilgrimさん
  • 筆者の考え
  •  『レ・ミゼラブル』でのワーテルローの戦いの様子に関する記述に続いて、その戦いについて筆者が考えることが詳しく記されています。 戦いそのもののことだけでなく、君主制と革命にまで話が及んでいます。筆者の考えがかなり押し出されているのは小説らしく...
  • 世界文学全集への挑戦、2年目に突入progressing pilgrimさんのプロフィール
progressing pilgrimさん
  • 決着
  •  『レ・ミゼラブル』で描かれているワーテルローの戦いは、最後は急速に力関係が傾いて決着したような印象を受けました。 さまざまな要素が勝敗に影響したようで、筆者はその結果の原因を神に帰しています。もちろん、あらゆることに神の導きがあると考えているでしょう...
  • 世界文学全集への挑戦、2年目に突入progressing pilgrimさんのプロフィール
progressing pilgrimさん
  • 損害の拡大
  •  『レ・ミゼラブル』で描かれているワーテルローの戦いの転換点と思われるところを過ぎた後も、イギリス軍の損害はまだ拡大しているようです。 損害を受けながらも、決定的なところまでは追い込まれずにいることには、逆転の可能性が秘められているのでしょう。にほんブ...
  • 世界文学全集への挑戦、2年目に突入progressing pilgrimさんのプロフィール
有沢翔治さん
  • アレクサンドル・プーシキン『本邦初訳 プーシキン詩集』(青磁社)
  • ら始まります数が、舟で脱出するから夕焼にしたのではありません。 日没、つまり栄華の終わりという意味も含んでいるのです。後世の人間からは、ナポレオンの終焉だと解釈するかもしれません。この後、ナポレオンはワーテルローの戦いに破れ、百日天下となります。しかしプーシキン自身はむしろヨーロッパ諸国の王政が終わることを望んでいたのでしょう。同時代のプーシキンはナポレオンの敗北を予見できるはずもなく、熱狂ぶりが詩から伝わってきま...
  • 有沢翔治のlivedoorブログ有沢翔治さんのプロフィール
progressing pilgrimさん
  • 転換点
  •  『レ・ミゼラブル』に、ワーテルローの戦いの結果を左右したポイントであると思われることが記されていました。 それは戦い全体から見るとそれほど大きな事項ではなかったのではないかと思います。しかし、そのそれほど大きくないことが重要な影響を及ぼした...
  • 世界文学全集への挑戦、2年目に突入progressing pilgrimさんのプロフィール
progressing pilgrimさん
  • 戦闘
  •  『レ・ミゼラブル』でのワーテルローの戦いに関する記述を読み進めました。 戦闘の様子が詳しく描かれています。イギリス軍が厳しい状況にあったことや、ナポレオンが上機嫌であったことが記されていて、そのあたりは意外です。気候のために戦闘が始まる時間...
  • 世界文学全集への挑戦、2年目に突入progressing pilgrimさんのプロフィール

ワーテルローの戦いを含むトラコミュ

大アジア主義
  • 大アジア主義
  • 『岡倉天心』昭和四十五年「アジアの兄弟姉妹よ! われわれの父祖の地は、大いなる苦難のもとにある。今や、東洋は衰退の同義語になり、その民は奴隷を意味している。たた...
  • トラックバック数:17 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:政治ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

ワーテルローの戦いについて