庄内藩

庄内藩についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [庄内藩] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

庄内藩を含むブログ記事

きよひとさん
  • 西郷の帰国
  • 西郷の帰国 新潟に入った西郷は、その後、米沢、会津を経て、出羽庄内藩の城下町である鶴岡に入りました。 庄内藩といえば、鳥羽・伏見の戦いのきっかけともなった、江戸薩摩藩邸の焼き討ちを行った主力藩であり、江戸無血開城後も執拗果敢に新政府軍に対して戦いを挑んでいました。庄内...
  • 演歌、歌謡曲徒然歌日記きよひとさんのプロフィール
アスカ マコトさん
  • 御城稲荷神社
  • 山形県鶴岡市に鎮座しています御城稲荷神社です。 御城稲荷神社、拝殿です。御祭神倉稲魂命、大市姫神、五十猛命、須佐之男命、大巳貴命 由緒宝永五年(1708)、庄内藩六代・酒井忠真公が、鶴ヶ岡城二の丸東北隅に城内鎮守として創建します。以来、歴代藩主に厚く崇敬。また年一回の祭日は城下の人々の参拝も許され、城内は大変な賑わいを見せました。 明治初年(1867)、藩幕...
  • 神社仏閣に癒しの音が響くアスカ マコトさんのプロフィール
媛うさぎ☆さん
しむーさん
  • 新屋表町通りから忠専寺、葉隠墓苑、アトリエももさだへ
  • ある忠専寺。山門をくぐるとすぐ左右に池があってこちらはなぜか水草等が生えない左の池。こちらはスイレンの葉が浮かぶ右の池。スイレンがある右は天国の池。何も生えない左の池は地獄の池と言われているとか・・・庄内藩との戦いでの佐賀藩武雄(たけお)軍の前線基地、本陣となった本堂。本堂を入って右には銃の試し打ちをした際にできた銃痕が残っているそうですがあいにくとお寺の方がいらっしゃらないようで見学できませんでした。...
  • 僕の歩く町3しむーさんのプロフィール
Altria(アルトリア)さん
  • MISSION1:ハ◯カ・ア◯セを撮れ!〜9月の福島ツー・会津まつり編!(ノ´∀`)ノ
  • ノこの方は保科 正之(ほしな まさゆき)殿。超簡単に説明すると家康くんの孫です。日本史上屈指の名君として名高いお方ですね。お墓は猪苗代のどっかの山にあるんだそうです。酒井 忠篤(さかい ただずみ)殿。庄内藩11代目藩主。エドワルド・スネル氏。英語教師。中の人のジョシュアさんはニュージーランドのご出身。本当にフキダシの通り”Hello!”を連呼しておられました(;´∀`)wその世代に生まれた男子であれば誰...
  • The ZephyrAltria(アルトリア)さんのプロフィール
しむーさん
  • 千秋公園の秋
  • です。落城した横手城、大館城、本荘城それに激戦地、支藩秋田新田藩の城があった椿台の戦いの資料がほとんど無くちょっと残念でしたけれど官軍から旧幕府軍側に寝返った亀田藩の資料もあって興味深く拝見しました。庄内藩、亀田藩と激戦を繰り広げた下浜羽川での戦いで亡くなった援軍の佐賀藩武雄軍の兵士が眠るお墓がある新屋もいずれ歩いてみたいと思っています。資料館前庭南奥にある白鳥像。ここが千秋美術館だったころはもっと入り...
  • 僕の歩く町3しむーさんのプロフィール
藤尾 恒さん
  • 知っておきたい名言***
  • ぬ人は、始末に困るものなり。 此の始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)を共にして国家の大業は 成し得られぬなり。 西郷隆盛の言葉の中でも、もっとも知られているものです。これを今に伝 えたのは、幕末に庄内藩(現〔1.***〕県)の家老を務めた菅実秀(すげ さねひで)という人。西郷は、〔2.***〕戦争で朝敵であったにも拘らず、 庄内藩の戦後処理、復興については極めて寛大な姿勢で協力しました。こ のため、...
  • 国語のサプリ〜間違えがちな日本語を知る〜藤尾 恒さんのプロフィール
drughbaさん
  • 秋田・横手 かまくら祭りと横手焼きそば
  • 、戦国時代に築城され、江戸時代には佐竹(さたけ)氏の一門の戸村(とむら)氏が1672年(寛文12年)に入城以来、明治維新のときまで城主を務めた。戊辰戦争の際には、佐竹氏が官軍側につき、陸奥仙台藩と出羽庄内藩に横手城は攻められて落城した。明治4年(1871年)に廃城となり、本丸跡に秋田神社が建てられた。もともと横手城には天守がなかったが、昭和40年(1965年)に模擬天守が建てられ、郷土資料館と展望台とし...
  • ドルジバツアーdrughbaさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

庄内藩について