継体天皇

継体天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [継体天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

継体天皇を含むブログ記事

摂津三島からの古代史探訪さん
  • 最近の今城塚古墳 〜 継体天皇陵、いましろ大王の杜〜
  • をチェック!記事を書く検索ウェブこのブログ内で摂津三島からの古代史探訪邪馬台国の時代を含め、日本古代史の重要地である摂津三島(現在の高槻・茨木市)から古代史跡を巡り、学んでいます最近の今城塚古墳 〜 継体天皇陵、いましろ大王の杜〜2018年10月29日 |高槻近郊今城塚古代歴史館での講演会聴講の機会に、久々に今城塚古墳の方に 足を向けてみました。2011年に公園として整備して直後の、子供が まだ小さかった...
  • 摂津三島からの古代史探訪摂津三島からの古代史探訪さんのプロフィール
旅をしてみましたさん
  • 【大阪】今城塚古墳〜高槻市で、はにわと前方後円墳
  • 大阪・高槻市にある「今城塚古墳」。継体天皇のお墓とされる前方後円墳があります。※宮内庁の指定ではありません今城塚古墳は現在は公園として整備され、気軽に立ち寄れる場所にもなっています。また、埴輪祭祀場には200体近くのはにわが展示されています。...
  • 旅人旅をしてみましたさんのプロフィール
酔石亭主さん
  • 高槻市探訪 その4
  • 今回は高槻市訪問のハイライトの一つでもある今城塚古墳(真の継体天皇陵とされる)を見ていきます。所在地は大阪府高槻市郡家新町48-8となります。所在地を示すグーグル画像。古墳です。自転車に乗る人がいます。中ほどを撮影。同じ自転車の方がまたも写ってしまいました。もう一枚...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
りんさん
  • 物部神社
  • 平成三十年二月十日物部神社(もののべじんじゃ)所在地 : 島根県大田市川合町川合1545御祭神 : 宇摩志麻遅命御鎮座 : 継体天皇八年【交通】JR山陰本線 大田市駅から 石見交通バス 「三瓶線」あるいは「粕渕線」で「川合」停留所下車、徒歩1分【境内】・太刀 銘了戒(国指定重要文化財)・東五社・西五社・乙見社・須賀見社・稲荷社・後...
  • 御朱印探訪記りんさんのプロフィール
古代史が好きさん
  • 今までのまとめ
  • 古川)。第19代は安康天皇(興・倉吉市大原)。第20代は雄略天皇(武・倉吉市長谷寺)。第21代は清寧天皇(北栄町米里)。第22代は仁賢天皇(倉吉市大原)。第23代は武烈天皇(倉吉市打吹山)。第24代は継体天皇(北栄町米里)。第25代は安閑天皇(三朝町大瀬)。第26代は蘇我稲目天皇(湯梨浜町龍島と倉吉市大江神社)。第27代は蘇我馬子天皇(北栄町北条島)。第28代は蘇我入鹿天皇(北栄町由良宿)。第29代は蘇我...
  • 天孫降臨の地古代史が好きさんのプロフィール
トレンドマスターさん
  • 日本の歴史上の偉人縛りで頭文字「あ〜わ」って最後まで行ける?
  • 2 ID:D4eNZ9g10.net 明智光秀でいいじゃん 44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/23(火) 22:34:19.228 ID:/vBQBFVO0.net 継体天皇とかじゃダメなんかい 165 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/23(火) 22:58:34.988 ID:m6e92GYV0.net 達成?すげーじゃん 114 :以下、...
  • おすすめトレンドトレンドマスターさんのプロフィール
ミナカワさん
  • 河内飛鳥 (古代を考える) | 南河内ブックレビューVol.3
  • に読み応えがありました。当時の南河内は大和朝廷の玄関口として日本国内だけでなく世界に対しても人、物の交流が盛んであったことを知ることができます。個人的には「神武天皇〜仲哀天皇」「応神天皇〜武烈天皇」「継体天皇〜」でそれぞれ王朝が変わったのではないかと言う説や、飛鳥戸氏の由来と役割の項は非常に興味深く感じました。大変に参考になった「河内飛鳥 (古代を考える)」ですが、気になる点があるとすれば多少の予備知識が...
  • ミナカワ〜南河内再発見〜ミナカワさんのプロフィール
酔石亭主さん
  • 高槻市探訪
  • 、その社名は野見宿禰(土師氏祖)に由来すると見られることから、野身神社・昼神車塚古墳の背景として土師氏(古墳築造集団)の当地での集住を推測する説がある。 一読してかなり重要な古墳だと理解されます。まず継体天皇の没年は531年或いは534年となっており、真の継体天皇陵が今城塚古墳とされています。従って、今城塚古墳築造後に築造されたと考えれば、六世紀前半の遅い時代から中葉の築造はほぼ間違いないことになります。...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
ufitさん
  • 『北陸から見た日本史』
  • 遺跡、金沢城、高岡城、七尾城など、史跡や名勝の話もなされていて、特に兼六園の由来や規模が拡大した過程、明治以降の扱いの変化などはほとんど知らなかったので興味深かった。欲を言えば越前から大和に迎えられた継体天皇のことや江戸時代の西廻り航路、加賀の一向一揆などの話ももっと書かれていると良かったが、あまり求めすぎてもいけないか。必ずしも大きな扱いをされるとは言えない地域の歴史が書かれていて、興味深く読むことがで...
  • 雨読夜話ufitさんのプロフィール
na2ka4さん
  • タブーだった仁徳天皇陵の調査、宮内庁と堺市が共同発掘へ!
  • 朝交代がわりとあったというのが定説だし、今更それが明るみになってもあまり影響は無い428:名無しさん:2018/10/15(月) 15:33:26.31 ID:mwr03hwD0.net>>413 継体天皇の時に王朝交代したというのはもはや考古学会の主流の考えだね796:名無しさん:2018/10/15(月) 16:41:19.77 ID:lqwHTyGM0.net>>428 それが主流だなんて聞いた...
  • あのころのna2ka4さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

継体天皇について