平家滅亡

平家滅亡についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [平家滅亡] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

平家滅亡を含むブログ記事

ルピナスさん
  • 第18回 沼津→原?
  • いました。六代松標石 街道沿いの標石。ここを曲がった先に、六代松の公園がありました。六代松 六代松の碑と説明板です。 説明板によりますと、「六代」は平清盛を三代目とした六代目の御曹司の幼名で、壇之浦で平家滅亡すると捜し出され、ここ千本松原で斬首されかけたところを文覚上人に助けられました。その後、出家して妙覚と名乗り、文覚上人が謀反を企てるときに連座し、殺されました。首をお供のものが持ち帰り、思い出深い千本...
  • てくてくわくわく街道ウォークルピナスさんのプロフィール
ダルマさん
  • 点が伸びないのは,やり方が悪いから
  • 戦い 水鳥に驚いて,平家敗走(倶利伽藍峠の戦い) 木曽義仲(源)が,牛の角に松明(たいまつ)をつけて・・・ 一ノ谷の戦い 馬を落として,崖から突撃 屋島の戦い 暴風雨のなか,四国に渡る 壇の浦の戦い 平家滅亡私の問題集は,戦いの名前のところが空欄になっており,生徒に書かせます当然,地図帳(高校生用の地歴地図帳)や図表集を使います[まとめ]色々なやり方がありますから色々,試してみる6年生は間に合うかどうかの...
  • 国語職人・社会職人ダルマさんのプロフィール
後藤和弘のブログさん
  • 親の墓が遠くにあり墓参りの出来ない方々のために
  • rg/wiki/%E9%AB%98%E5%AE%89%E5%AF%BA からの抜粋をお送りします。・・・このお寺は平安時代に藤原秀郷が武蔵国府近郊に置いた居館を市川山見性寺に改めたのが始まりとされる。平家滅亡後に鎌倉入りを許されなかった源義経もこの寺に立ち寄って武蔵坊弁慶が大般若経を書き写したと言われている。ここは武蔵国府の近くにあり国衙荒廃後にはここが重要拠点と見なされるようになり、南北朝時代には、新田...
  • 後藤和弘のブログ後藤和弘のブログさんのプロフィール
アレックスさん
  • 関門を巡る旅?
  • 源義経の「八艘飛び」。特に後者は日本史でもよく出てくるので非常に有名ですね。源氏と平家の一大決戦であり、最終決戦でもあったこの戦い、当初は平家が有利だったものの、潮の流れが変わってから源氏が優勢となり平家滅亡となったわけです。そして忘れてはならないもう一つのハイライト、安徳天皇の入水です。敗戦を覚悟した平家の一団、安徳天皇のそばにいた尼が「波の下にも都がございます」と言って安徳天皇を説得し、入水したという...
  • Game Company イメージキャラは赤魔道士アレックスさんのプロフィール
御朱印curatorさん
  • 満願寺
  • 平治の乱に出陣し武勇を轟かせました。源氏没落後は平宗盛に仕え、関東の平家荘園管領別当耺となり、嘉永2年(1183年)木曽義仲の軍勢を迎え討つため白髪を染めて出陣し、壮絶な討ち死にをしたことで有名です。平家滅亡後に実盛の嫡孫長井斎藤景忠が伊予に来国し、当山に供養塔を祀祭したものです。    四国三十六不動第21番、新四国曼荼羅霊場第38番、金比羅大権現の御朱印です。住所:愛媛県今治市金治230朝倉下甲14...
  • 御朱印ミュージアム〜御朱印・御朱印帳の収集展示御朱印curatorさんのプロフィール
inuyamayakiさん
  • 『犬山焼徳利盃館』コレクション紹介 明治時代の教科書・その120
  • 刷者 野村宗十郎関西大賣捌所 松村九兵衛内容は出来事中心の編年体第一章 神の代 第二章 氏族の代紀元より皇紀1305年(蘇我氏滅亡)まで第三章 職官の代皇紀1305年より1845年まで(大化の改新から平家滅亡)第四章  武家の代皇紀1846年より2527年(頼朝から大政奉還)第五章 憲法の代皇紀1527年より2555年まで(王政復古から日清戦争)図版等は全く無く全111枚明治の学校制度は入学時(修了時)の...
  • 『犬山焼徳利盃館』inuyamayakiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

平家滅亡について