駕籠

駕籠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [駕籠] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

駕籠を含むブログ記事

ミュウ2さん
  • 手を抜くために働く
  • ふう 》額(ひたい)に汗して働く姿は尊い。だがいつまでも額に汗して働くのは知恵のない話である。それは東海道を、汽車にも乗らず、やはり昔と同じようにテクテク歩いている姿に等しい。東海道五十三次も徒歩から駕籠(かご)へ、駕籠から汽車へ、そして汽車から飛行機へと、日を追って進みつつある。それは、日とともに、人の額の汗が少なくなる姿である。そしてそこに、人間生活の進歩の跡が見られるのではあるまいか。人より1時...
  • ウェディングプランナーミュウの日記ミュウ2さんのプロフィール
ひがんばなさん
  • 厚狭の秋祭り「古式行事」〜2018.11.11
  • とで、相撲で言えば横綱。その露払いが奴さんで「小行司」というのだそうです。昔は「今年の大行司はだれだれさん、小行司はだれさん」と言う会話があったそうな。小行司の行列大行司の行列六方を踏んで進みます。姫駕籠可愛いお姫様です。駕籠を担ぐのは厚狭高校の生徒です。姫さま付腰元役のみなさん朝から髪結いをしたそうです。きれいに結ってあります。大人になってもこの日のことは忘れられないでしょうね。以前は加藤に6年間住...
  • こんな町に越してきた3ひがんばなさんのプロフィール
こんさん
  • 僕とシッポと神楽坂 あらすじと感想 第5話 親子の絆
  • 咲江が飼っているセキセイインコのピースケ(♀)を、すず芽が預かることになったのだそうです。すず芽がピースケを達也に預かってほしいと頼みに来ると、トキワは猛反対でしたが、達也は、すず芽が咲江を見舞って、駕籠の掃除もすれば引き受けると約束しました。達也はこれをきっかけに親子が仲直りできれば良いと願っていたのです。すず芽も咲江も似た者どおしの頑固もので、なかなかうまくは行きませんでしたが、そこをピースケが救...
  • 韓ドラ大好きおばさんの言いたい放題!こんさんのプロフィール
takei hiroshiさん
  • 遠距離の配達
  • る事になり一路さいたま市大宮区へ10:30に納品完了し配達土産に少し寄り道近くにある氷川神社へこの門を抜けた境内では 七五三で沢山の親子連れで大賑わい昼食は息子に強く勧められていて偶然にも配達先近くの駕籠休み(かごやすみ)で手打ちうどん息子お勧めの醤油ベースじゃなく(笑)季節限定のちゃんぽんうどんもちもちうどんでもラーメンみたいにするする入ってとっても美味スープの底には小さなほたてがころころころどんぶ...
  • 花の店 たけいtakei hiroshiさんのプロフィール
のらにゃんさん
  • 白雪姫と7人のマッチョ:アゼルバイジャン
  • った。[冬の宮殿の屋根] 幸せに暮らしていた7兄弟と夫婦だが、あるとき、Nigyarが父親に会いたいと言い出した。「みんなで一緒に出かけて行って、またここへ帰って来ましょう」男衆は同意した。彼らは金の駕籠をこしらえて、その上にNigyarを座らせ、馬に鞍を置いて商人Khodzha Abutalibが住む町に向けて旅立った。 ふたたび鏡に問いかけるGyulnaz。「わたしより美しい人っている?」「イルヨ...
  • のらの世界ふしぎ探検旅行のらにゃんさんのプロフィール
いろは丸さん
  • 牛久駅の宿屋の番頭と高杉晋作
  • 江戸での、天保九年から嘉永七年正午の平均気温は現在より2.1度低かった。4年前泣いて昔が返るなら 「唐人お吉物語」5年前弘化三年一月十五日(西暦1846年2月10日) 江戸大火6年前小金井小次郎 籐丸駕籠道中天気図6年前コメントを投稿名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有効な環境でのみご利用いただけます。▼ 絵文字を表示携帯絵文字リスト1リスト2リスト3リ...
  • 幕末気象台いろは丸さんのプロフィール
場所にまつわる記憶と省察さん
  • 赤穂義士ゆりの地探訪
  • の左手植え込み沿いの遊歩道を北に進んだ木立の中にある。 元禄14年3月14日、この松の廊下で浅野内匠頭の刃傷があった。内匠頭はただちに捕らえられ、平川門(不浄門)から運び出された。内匠頭を乗せた網乗物駕籠は、平川門から大手門、日比谷御門を通過して、桜田、愛宕下を抜けて田村屋敷に運ばれた。警護の者総勢75人というものものしい護送だった。? 吉良邸江戸上屋敷跡東京駅八重洲口の国際観光会館前。北町奉行所跡地...
  • 場所にまつわる記憶と省察場所にまつわる記憶と省察さんのプロフィール
おぐらさん
  • マッスル・リポート
  • れたツールとしての筋肉。例えば、肉体をつかって働く人の利き腕の力こぶ。格闘技の人が打撃のダメージを最小限にするための割れた腹筋。ラガーマンの、当たられても倒れない装甲車みたいな上半身。等々…江戸時代の駕籠かきは、上半身ハダカで仕事して、休憩中は、半纏をはおるところを、肉体アピールしたい派は、あえて脱いだまま休憩してたとか。まあ…???わたしが江戸のおかみさんなら休憩中の駕籠かきを、横目でコッソリ眺めて...
  • おぐら蔵おぐらさんのプロフィール
ちゃぷちぇ♪さん
  • 11/6(火)真一文字
  • 国立演芸場(半蔵門)木戸銭:2800円代脈 きいち蜘蛛駕籠意地くらべ仲入り鼠穴春風亭一之輔さんの勉強会、最近はチケットを取るのが大変ですが、外せない会です。まくらでは博多天神落語祭の打ち上げの様子など。意地くらべは、先日一之輔五夜でネタおろしをしたばかりです...
  • My Favorite Things by ちゃぷちぇ♪ちゃぷちぇ♪さんのプロフィール
やだもんさん
  • 【武家屋敷】続編
  • 」だけが突出!発作が起きないので「まぁ良いか!」ってな調子です。診察までの・・・空き時間に、近所の武家屋敷へ出かけました。築170年は江戸末期の備中松山城の家臣達が暮らしていた玄関土間を入ると・・・「駕籠」が鎮座している。今で言う「運転手付きの車」が庭に置いてあるのか?その奥には・・・台所スペースに「カマド」とシステムキッチン??水道が無いので「半斗」と呼ばれる「水甕」から水を汲む水槽は木製!これでい...
  • あい・らぶリフォームやだもんさんのプロフィール