駕籠

駕籠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [駕籠] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

駕籠を含むブログ記事

patapataokanさん
  • 和歌山城と和歌山グリーンソフト
  •     和歌山城イベント3人で天守閣登ってみましたが見晴らし最高〜。しかもここは涼しい!nanaちゃん、きっと興味がないだろうと思ってたけどお城の内部の展示物にnanaちゃんは興味深々。鎧兜や槍、特に駕籠(かご)にはどんな人が乗ってたの?と階段はどうやって登るん?と質問攻め。そういえば私も子供の頃から両親にお城や遺跡を見に連れて行ってもらってたから歴史大好きになったようなもの。nanaちゃんもそうなる...
  • おかんの毎日と食事patapataokanさんのプロフィール
睡紫庵さん
  • 「司馬遼太郎が考えたこと」司馬遼太郎
  • 直線に結ぶ位置、云々もHPには書いてあったけど、私、そういうの好きじゃ無いな…)世良田東照宮には数年前に参拝した。二大東照宮に比べると明らかに格が違いすぎるが、まあ、G県の片隅にしてはそこそこ立派。御駕籠の顔はめパネルが楽しかった…。(日光東照宮にも久能山東照宮にも顔はめパネル、結構あった…。東照宮一門、顔はめ好き…??)前の駕籠かきさん、辛そう…。顔を出す部分はカットしました。写真を見返したら、これ...
  • 睡紫庵文庫睡紫庵さんのプロフィール
ユーモンさん
  • ミスターサンシャイン第14話(1) 皇帝の密書
  • (カンナ:2018.09.09)ミスターサンシャイン第14話(1) 皇帝の密書?咸鏡道(ハムギョンド)から来ていたジョセフが殺害されました。漢城警察の前「いけません! ここで駕籠を停めることはできません」「…?」ユージーンは泣き崩れていました。「どうしていったい…、こんな姿に…」カイル・ムーア中佐「丁寧に扱え。 漢城病院に遺体を運べ」「…」薬剤倉庫でユージーンからの連絡を待つ...
  • KJ SKY Highユーモンさんのプロフィール
ルピナスさん
  • 暦と水の街・三島宿
  • は広重さんも同感だったようで・・・ 久しぶりに広重さんの浮世絵です。 安藤広重「東海道五十三次」三島 副題《朝霧》 早朝の薄明かりの中、朝霧立ち込める宿場を旅立つ人々を描いています。画面中央に描かれた駕籠に乗る人の表情に注目。朝早くて眠そうなのがおもしろいです。馬の背の両端につづらを乗せて、その上に座る乗り方は乗掛といいました。 この一行以外はすべてシルエットとして描かれている手法にも注目。円山応挙に...
  • てくてくわくわく街道ウォークルピナスさんのプロフィール
Hiroshi Onishiさん
  • かごめうた(26)
  • 「とり」が「鳥」とすると、「かご」は竹や葦で編んだ「籠」かもしれず、布のようなもので覆い隠した大きな鳥かごを「輿」に乗せて、肩で担ぎ歩く姿を連想します。 これは何のことかわからないですね。 ここで言う駕籠(駕篭)というのは、正確には「輿(こし)」のことで、平安期以前は天皇や皇后、斎王の「乗物」を意味していますから、高貴な方々の乗り物に鳥が乗るということはあり得ません。 中の見えない「何か」に収められた...
  • アトランティスからの伝言Hiroshi Onishiさんのプロフィール
Hiroshi Onishiさん
  • かごめうた(25)
  • ないでしょう。 二句目は少し手ごわくなります。 これを「籠の中の鳥」あるいは「篭の中の鳥」としてしまうと、意味は通りますが何のことかわからなくなります。 「かご」を漢字変換すると、「籠」「篭」の他に「駕籠」と「駕篭」が新たに出てきます。 「駕籠」「駕篭」とは、担い手が肩に担いで運ぶ形式の乗り物のこと。 時代劇でお馴染みの「かご」の類ですが、大井川の渡しのように人を上に載せるものも「かご」の一種です。...
  • アトランティスからの伝言Hiroshi Onishiさんのプロフィール
jokichiさん
  • シラタマノキ と ゴゼンタチバナ と
  • こと今年の計画では 今日が今年最後の尾瀬行きだった。快晴の大江湿原で草紅葉を楽しみたかったが そんなに虫のいいことを望んでも無理だった。曇り空の下の湿原は 草紅葉 とは少し言いにくい草の色。それでも 駕籠町小学校6年生の皆さんの足どりは軽い。 尾瀬沼のほとりで昼食を摂り帰路につく頃から雨が降り出した。湿原を抜けて峠道にかかると 雨に濡れた シラタマノキ の緑と白のコントラストがきれい。 ゴゼンタチバナ...
  • jokichi つれづれ日記jokichiさんのプロフィール
Trip Driver in the Netherlandsさん
  • オランダ で一番美しいお城 デ・ハール城!& ユトレヒト & キンデルダイク 観光!
  • した建築家 「ピエールカイペルス」により修復され、今の美しいお城となったそうです 城内はガイドツアー(?16 約\2,100)のみで入る事が出来ますが、豪華絢爛な作りで、徳川幕府の葵の御紋がついた大名駕籠(かご)も展示されているそうです。 デ・ハール城の敷地は、135ヘクタール(東京ドーム28個分!)もあり、じっくり見ると少なくとも半日は必要です。 今回はお城の外観と、庭園散策を楽しみました デ・ハ...
  • オランダに移住&起業した夫婦のブログTrip Driver in the Netherlandsさんのプロフィール
のだめさん
  • 嫁の出張について行った。in福井県。ついでに旅行しちゃいました。パート1
  • 和までの福井市の歴史を紹介しています。「ふくいの古墳」や「福井城とその城下町」、「幕末維新の人物」などで構成される常設展示室、越前松平家に伝来した資料を展示する松平家史料展示室、江戸時代風の着物や大名駕籠を体験できる「へんしん越前屋」などがあります。福井城の門を復原した福井城舎人門遺構、越前松平家の別邸であった名勝養浩館庭園とともに、福井の歴史・文化を学び体験できる注目の観光スポットです。福井の歴史に...
  • 38歳 無職 5社目の転職活動奮闘記のだめさんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 赤穂浪士原惣右衛門の尺八
  • れていた。原惣右衛門は足軽頭だが、300石取りで、47士の中では、大石内蔵助(1500石)、片岡源五右衛門(350石)についで、第3位の高禄。刃傷事件の後、屋敷の引き払いを迅速に進め、その日のうちに早駕籠に乗って出立。赤穂に「浅野内匠頭切腹」の報を告げた人物。討ち入りの時の年齢は56歳と高齢。吉良邸の塀を乗越えた際 足を挫き、泉岳寺へは駕籠に乗せられて行った。その原惣右衛門と「一節切」を結びつけるよう...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール