南宋

南宋についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [南宋] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

南宋を含むブログ記事

ひがしさん
  • 歴史物語〜反日国家の作り方〜 中世史編その1 落ちぶれた漢民族
  • 2世紀前半に、女真族という異民族に都を占領され、さらに皇帝と上皇が女真族によって中国東北地方、即ち後の満州へと連れ去られてしまった事で滅亡しました。生き残った漢民族は南へと逃げて行き、長江流域を中心に南宋という国を建国。こうして中国大陸は、北を女真族が支配し、南を漢民族が支配するようになり、再び南北に分裂してしまったのです。どうでしょう。唐が滅亡した後の漢民族、情け無いですね。異民族に攻撃を受けるとお...
  • ひがちゃんの世界史にしひがしひがしさんのプロフィール
三田主水さん
  • 北方謙三『岳飛伝 十七 星斗の章』 国を変える、国は変わる――希望の物語、完結
  •  ついにこの時がやってきました。『水滸伝』全19巻、『楊令伝』全15巻、そして『岳飛伝』全17巻――50巻を超える北方大水滸伝の大団円であります。南宋と金に対して繰り広げてきた岳飛と梁山泊の戦いもついに決着――その戦いを決したものは何か、そしてその先になにが待つのか……? 果てることなく続く岳飛&秦容軍と南宋軍の、梁山泊軍と金軍の大決戦。奮闘を続け...
  • 主水血笑録三田主水さんのプロフィール
傅佑武さん
  • 張三豊祠と「武当三豊正宗自然派碑文」
  •       主殿内の壁画               予算が無かったのか、これで完成なのか…。周囲の状態からも閑散としている様子が窺われる。 張奇先生による紹介文張三豊は道家武当派の始祖であり、南宋末年、元朝初期の遼東懿州で生まれた。「明史」と「遼東志」共に同様の記載がある。近年、現地の文化研究学者達によって十分な考証・調査がなされ、張三豊は確かにこの地の人間であることが証明された。今日まで同地...
  • 広東(広州・深圳)生活、武術修行記傅佑武さんのプロフィール
日本酒好きさん
  • 人気日本酒飲ランキング
  • 米を100%使用し、宮城酵母で醸すことを必要とし宮城づくしの日本酒の限界を表現する酒質を目指す。 伯楽の意味は「逸材を見つけ出す人」地元の伝説から命名 「千里の馬は常にあれども、伯楽は常にあらずこれは南宋に編まれた「文章軌範」に載っている言葉で、これは逸材を見出す眼力の重要性を説いた言葉です。5292円 秋田が誇る地酒 米と米麹のみを使った 純米酒 飲み比べセット(720ml×2本、500ml×1本)...
  • 日本酒の楽しみ方日本酒好きさんのプロフィール
さきさん
  • 仙厓さん、「死にとうない」の意味(2)
  • それから数日後の夜中、急に思うことがありました。 あの漢詩って、もっと深い意味があるのではないかしら。仙厓さんの隠居所の名前が「虚白院」なのですが、それに似た名前の高僧が中国におられます。 十三世紀、南宋時代の虚堂智愚(きどうちぐ)という禅僧です。 虚堂のもとには、日本から勉強に行った僧もいて、日本の禅に多大な影響を与えました。 「虚堂録」という彼の言葉を集めた書物があります。その書に、下のような偈〈...
  • さきの小さな大発見さきさんのプロフィール
三田主水さん
cachacaさん
  • 稜線までライトアップ@西湖・杭州
  • ているはずで、大変な作業だったろうなぁ。南東はこんな景色。北側の白堤もライトアップ。東側(都市側)の湖畔公園では音楽噴水。音楽に合わせて噴水の形と色が変わる。杭州は大都会になっているんですが、一部だけ南宋時代の商店街を残しているので行ってみました。西湖の東側でも南のほう、清河坊という通りです。ビル街に比べれば中国ふうだけれど、古鎮のような風情はあまりない。角地に立つ商家は趣きがある。ハンコのオブジェ。...
  • 夫婦で遊ぶ熟年ライフcachacaさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 岳飛伝 16
  • 岳飛伝 16北方 謙三集英社文庫予約数: 1予想待ち時間: 1か月程度図書館で予約する 携帯から【内容紹介】危地を脱した岳飛は、逆に南宋を率いる程雲を死地へと追い込もうとする。一方、梁山泊軍の呼延凌と、金国の兀朮、海陵王との戦いは、その機が熟そうとしていた。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
成都ガイドさん
  • 四川 ツアー
  • 江三峡クルーズ」などが人気です。それではこの大都市、重慶を訪れる際にぜひおすすめしたいお土産をご紹介します。蜀繍蜀繍の「蜀」は四川省の別称です。そのため、蜀繍とは「四川省の刺繍」という意味。「蜀繍」は南宋時代から「蘇繍」(蘇州の刺繍)、「湖繍」(湖南省の刺繍)、「粤繍」(広東州の刺繍)とともに、中国の四大刺繍と呼ばれていて、それぞれの地方独特の強い特色をもっています。蜀繍は、蜀綿とともに「四川の宝」と...
  • 九寨溝ツアー成都パンダ観光ガイド成都ガイドさんのプロフィール
香港魂さん
  • 盆菜宴会から垣間見る新界の一面
  • なかなか本格的な盆菜宴会が参加できないのに、運がよくて、知り合いの誘いがあって参加できた。盆菜と言えば、新界の原住民から先代から引き継がれた伝統料理の一つです。その由来は様々の説がありますが、13世紀南宋末期に、『元』の軍隊に追われた朝廷の君臣らが香港まで南下した際、新界に通りかかった時に、村人たちに熱く迎え入れられた。しかし、持ってる高級食材や珍味をもてなすための入れ物が足りず、切羽詰った村人たちが...
  • 香港魂香港魂さんのプロフィール

南宋を含むトラコミュ

建長寺
  • 建長寺
  • 建長寺は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山である。山号を巨福山と称し、寺号は詳しくは建長興国禅寺という。鎌倉時代の建長5年の創建で...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

南宋を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 人・漢人・高麗人・女真人など非戦闘員を含む3万人を、また2度目の襲来では高麗兵を主力の東路軍4万と旧南宋兵を主力の江南軍10万、計14万人。だがしかし、我が国はこの殆どを全滅させることになる。蒙古[中...