南宋

南宋についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [南宋] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

南宋を含むブログ記事

寛斗さん
  • 読了報告「岳飛伝 十一」北方謙三
  • 【あらすじ】七星鞭が吼え、胡土児が宙天に翻る。梁山泊軍と金軍は今、最終決戦の時を迎えようとしていた。米の不審な流れを追っていた南宋が陣家村を殱滅させた。致死軍に救出された蕭炫材は、小梁山から金国にいたる広大な大地に、国の垣根を超えた物流網を整備していく。一方、北に蒙古という強敵の姿も見え始めていた。岳飛は南宋に残った臣下達との邂...
  • リトルカブで旅がしたい寛斗さんのプロフィール
だにえるさん
  • キングダム!!
  • 史の先生が歌っていた歌を思い出します。 「♪殷 周 東周 春秋戦国 秦 前漢 新 後漢 魏 蜀 呉 西晋 東晋 奏 斉 梁 陳 随 五胡十六 北魏 東魏 斉 魏 北魏 北周 随 唐 五代十国 宗 斉 南宋 元 明 清」 アルプス一万尺のメロディーにのせて歌います。一部間違ってる気がするけど、学生時代は先生のおかげで中国史は面白いと思うようになりました。 歴史って、ロマンがある……...
  • だにえるの子育て奮闘記。だにえるさんのプロフィール
銭無のとっつあんさん
  • 冬の厳しい寒さの中咲く花(^^♪気品のある凛とした立ち姿で咲く「水仙(スイセン)」
  • 水辺を好んで繁茂する清らかな植物のきれいな花の姿と芳香がまるで「仙人」のようなところからを「水の仙人」と呼びこの植物が繁殖することによって、「水の仙人」から「水仙」となったといわれています。日本には、南宋の頃に修行僧が持ち帰ったとされていて、鎌倉時代に中国名の「水仙」をそのまま音読みにして「スイセン」という名になったそうです。きれいな水仙には、棘はありませんが毒があります。今は花の咲く時期なので間違え...
  • 日々是好日 とっつあんの雑記帳銭無のとっつあんさんのプロフィール
やましろやさん
  • 元寇の主犯は高麗だった その4
  •  さて、日本遠征軍は東路軍4万(うち高麗軍1万)と江南軍(旧南宋軍を書主力とする10万)とに分れて日本に侵攻することとなり、まず、1281年4月18日、征東行省左丞相高麗王諶が合浦にて東路軍を閲兵し、5月3日、東路軍が日本へ侵攻すべく合浦から出発しました。 5月2...
  • 秘密結社のつくり方やましろやさんのプロフィール
warunekoさん
やましろやさん
  • 元寇の主犯は高麗だった その3
  • )が元に入朝してフビライ・ハーンに、「日本は一島夷のみ。険を恃みて庭せず。敢て王師に抗す。臣自ら念う。以って徳に報ずるなし。願わくは更に船を造り穀を積み、罪を声して討を致さん。」と申し出、1279年に南宋が崩壊すると、1280年、元は本格的日本侵攻のため、征収日本行中書省(征東行省)を設置しました。主要幹部は次の通り右丞相 アタハイ左丞相 高麗王諶平章政事 張禧右丞 ヒンドゥ、洪茶丘、范文虎参知政事...
  • 秘密結社のつくり方やましろやさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 古代日本と東部ユーラシアの国際関係
  • 関係廣瀬 憲雄勉誠出版私の感想古代日本と東部ユーラシアの国際関係は日本・渤海の独自の部分もある本書は古代日本と園周辺の外交についての論文集である。第一部 五代両宋/遼金時代の外交文書と国際関係隋代から南宋における「某O書某」形式の書状に関しては、上書・献書・裁書形式は君臣関係を表明できるが、表とは異なり、皇帝以外にも使用可能であること、奉書形式では君臣関係を表明することは不可能だが、目下には使用されて...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
七色さん
  • 『中国の歴史』-2『中国の王朝・政権の変遷』-2『夏』其の1
  • 其の1『三代(さんだい)』 三代とは、一般に中国史において、繁栄した3つの王朝のことを指す 一般には、中国史で最も古い3つの王朝のことを指す 夏、殷(いん)、周である 『後三代』 漢(後漢)、唐、宋(南宋)  『近世三代』 元、明、清『夏王朝』 夏(か、紀元前1900年頃 - 紀元前1600年頃)は、史書に記された中国最古の王朝 夏后(かこう)ともいう 夏・殷・周を三代という 『史記』『竹書紀年』など...
  • 都はるみ研究所(歌の女神様御降臨)七色さんのプロフィール
スニーカーウォーズ2さん
七色さん
  • 『中国の歴史』-2『中国の王朝・政権の変遷』-1『総篇』
  • の歴史」をこのように記している 「中国の歴史を見ると、春秋戦国の各時代を経て、秦統一時代が到来し、そして前漢、新、後漢、三国、西晋、東晋、南北朝の各時代を経て、隋唐統一時代がきた。さらに、五代、北宋、南宋、元、明、清の時代を経て、今日の中華民国に至るまで、複雑多様な国家興亡と、政権の交替を重ねてきたのであるが、今日に至るまで、儒、仏、仙の極東宗教だけは、厳然として残っているのである」『先史時代』 先史...
  • 都はるみ研究所(歌の女神様御降臨)七色さんのプロフィール

南宋を含むトラコミュ

建長寺
  • 建長寺
  • 建長寺は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山である。山号を巨福山と称し、寺号は詳しくは建長興国禅寺という。鎌倉時代の建長5年の創建で...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

南宋を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 人・漢人・高麗人・女真人など非戦闘員を含む3万人を、また2度目の襲来では高麗兵を主力の東路軍4万と旧南宋兵を主力の江南軍10万、計14万人。だがしかし、我が国はこの殆どを全滅させることになる。蒙古[中...