アウグスティヌス

アウグスティヌスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アウグスティヌス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アウグスティヌスを含むブログ記事

Fr Thomas Onodaさん
  • 2016年聖母小黙想会 霊的講話【5】 8月12日 シュテーリン神父様「まことの信心と誤った信心」
  • ・ニュースなど(335)聖ピオ十世会関連のニュースなど(598)グレゴリオ聖歌(23)ファチマ(16)エキュメニズム関連情報(31)ミサ聖祭(30)共産主義(6)私たちが今ここで生きている宇宙(6)聖アウグスティヌス(3)ダ・ヴィンチ・コード、ここがおかしい(27)第二バチカン公会議(17)本・新聞・ウェッブ・サイトを読んで(25)ラテン語の練習(1)カトリック・クイズ(2)質問に答えて(46)バックナンバー20...
  • Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じたFr Thomas Onodaさんのプロフィール
Leviさん
  • パンで満ち足りていても満たされないとしたら
  • 2007年02月2007年01月2006年12月2006年10月2006年09月2006年08月2006年07月2006年06月2006年05月カテゴリ聖書(1530)ヒルティ(17)内村鑑三(16)アウグスティヌス(1)その他(4)最新の投稿パンで満ち足りていても満たされないとしたら天からのしるし物質主義と本物の満足感何を求めるのか神の善悪神の子の声恵みということ霊とまことによる礼拝刺激はまた渇くイエスのあかし...
  • 平成隠れキリシタンLeviさんのプロフィール
Fr Thomas Onodaさん
  • 2016年聖母小黙想会 霊的講話【4】 8月11日 シュテーリン神父様「終末の時代のマリア様の役割」
  • ・ニュースなど(335)聖ピオ十世会関連のニュースなど(598)グレゴリオ聖歌(23)ファチマ(16)エキュメニズム関連情報(31)ミサ聖祭(30)共産主義(6)私たちが今ここで生きている宇宙(6)聖アウグスティヌス(3)ダ・ヴィンチ・コード、ここがおかしい(27)第二バチカン公会議(17)本・新聞・ウェッブ・サイトを読んで(25)ラテン語の練習(1)カトリック・クイズ(2)質問に答えて(46)バックナンバー20...
  • Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じたFr Thomas Onodaさんのプロフィール
Fr Thomas Onodaさん
  • 2018年10月21日 聖霊降臨後第22主日のミサ説教 「正義の徳について」
  • ・ニュースなど(335)聖ピオ十世会関連のニュースなど(598)グレゴリオ聖歌(23)ファチマ(16)エキュメニズム関連情報(31)ミサ聖祭(30)共産主義(6)私たちが今ここで生きている宇宙(6)聖アウグスティヌス(3)ダ・ヴィンチ・コード、ここがおかしい(27)第二バチカン公会議(17)本・新聞・ウェッブ・サイトを読んで(25)ラテン語の練習(1)カトリック・クイズ(2)質問に答えて(46)バックナンバー20...
  • Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じたFr Thomas Onodaさんのプロフィール
しっさん
  • 名言集1746
  • 自分自身にとって何が本当に大切なのかが分かっていて、  そのイメージを常に頭の中に植え付け、毎日その最も大切な事柄を優先する形で自己管理すれば、  人生はなんと大きく変わってくることだろう。  (アウグスティヌス)...
  • 生きる言葉:名言・格言・思想・心理しっさんのプロフィール
Leviさん
  • 天からのしるし
  • 2007年02月2007年01月2006年12月2006年10月2006年09月2006年08月2006年07月2006年06月2006年05月カテゴリ聖書(1529)ヒルティ(17)内村鑑三(16)アウグスティヌス(1)その他(4)最新の投稿天からのしるし物質主義と本物の満足感何を求めるのか神の善悪神の子の声恵みということ霊とまことによる礼拝刺激はまた渇くイエスのあかしキリストの光最新のコメントサトシ/キリスト...
  • 平成隠れキリシタンLeviさんのプロフィール
くっすんさん
  • どうして1年は12か月なのか?という話
  • つまが合いますよね。**月がずれたもう1つの説、ローマ皇帝がつけ足した説説によっては、ローマ皇帝ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が、6月はおれの名前にしろ!と、JULYと名付けた。その息子のアウグスティヌス帝が、俺の名前も入れろと、8月にaugustを入れたという説があるようですが、個人的にはどうかなあ?と思います。どうですか?「今何月?」「9番目の月の7月だ」「10番目の月の8月だ」「皇帝が、暦をずら...
  • いなか暮らし、家族で過ごす里山の日々くっすんさんのプロフィール
生存者ちゃんさん
  • クリスマスはキリストの誕生日じゃないと言いたかったけど、やっぱりそうかもしれない
  • んだけど、これは現代で言う4/6。つまり、キリストの磔刑は3/25 or 4/6と考えられていたわけ。その上で、磔刑の日が受胎告知とどうやら結びつけられていたことが様々な資料からわかるらしい。例えば、アウグスティヌス『三位一体論』では下記のように書かれてるし、絵画でもよく十字架を持ったあかちゃんキリストが描かれてる、といったように。すなわち、3/25 or 1/6にキリストは磔られ受胎された。イエスは受難の日と同...
  • 21gのとしょかん生存者ちゃんさんのプロフィール
本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさん
  • K・バルト『教会教義学 神論?/2 六章 ?の現実(上)』「三十節 神的愛の完全性 三神の忍耐と知恵」(その5−5)−1 ――了――
  • 、実際の世界説明であるということについて決定が下されている」のである。『教会教義学 神の言葉?/1・2』では、次のように言われている――「存在するものそのもの」、「その純然たる造られた存在」に依拠したアウグスティヌスの「造ラレタモノヲトオシテ、知解サレタ創造主ヲ認識シテ、私タチハ三位一体ナル神ヲ知解スルヨウニシナケレバナラナイ、ソノ跡ハフサワシイカタチデ被造物ノウチニ顕レテイルノデアル」という自然神学の段階に停滞...
  • 本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へ本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさんのプロフィール

アウグスティヌスを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

アウグスティヌスを含むブログ村メンバー

  •  
イトゥアキラさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

アウグスティヌスについて