中国空軍

中国空軍についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [中国空軍] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

中国空軍を含むブログ記事

hatenanioさん
アーミー速報さん
  • 【防衛省】F2後継に無人機搭載、遠方の敵探知…防衛省
  • 設計構想が明らかになった。  遠方の敵機を探知する小型無人機を搭載・発射してレーダー情報を共有する機能を備えた上で、空自が導入した最新鋭のF35A戦闘機の性能を上回る大型ステルス機とすることが柱だ。中国空軍の近代化に対抗する狙いがあり、防衛省は米国との共同開発を軸に開発方法の検討を本格化させる。  防衛省は今年3月、設計構想の一部をF2後継機の「要求性能」として米英両政府に伝達した。小型無人機を「子機...
  • アーミー速報アーミー速報さんのプロフィール
アーミー速報さん
  • F2後継に無人機搭載、遠方の敵探知…防衛省
  • 設計構想が明らかになった。  遠方の敵機を探知する小型無人機を搭載・発射してレーダー情報を共有する機能を備えた上で、空自が導入した最新鋭のF35A戦闘機の性能を上回る大型ステルス機とすることが柱だ。中国空軍の近代化に対抗する狙いがあり、防衛省は米国との共同開発を軸に開発方法の検討を本格化させる。  防衛省は今年3月、設計構想の一部をF2後継機の「要求性能」として米英両政府に伝達した。小型無人機を「子機...
  • アーミー速報アーミー速報さんのプロフィール
ぼっちさん
  • 韓国人の恥ずかしい妄想|韓国にステルス爆撃機が必要な3つの理由
  • 全く必要ありません。?どうせ地上軍は大砲の支援を受けてながら進撃する以外方法はないんだ。?空軍は敵空軍と戦って、地上軍としばらく離れ、遠方の目標を攻撃しなければならない。事実、中国が参戦してきた場合、中国空軍が韓国地上軍を攻撃できないよう防ぐだけでも忙しいだろう。ガンシップのようなものはクジラの戦いに割り込んだエビだよ。韓国人韓国も戦術核以上の火力を持った兵器を既に保有していないのかな? 昨年からMOAB...
  • 気になるニュースまとめ速報ぼっちさんのプロフィール
ぼっちさん
  • 韓国人の恥ずかしい妄想|韓国にステルス爆撃機が必要な3つの理由
  • 全く必要ありません。?どうせ地上軍は大砲の支援を受けてながら進撃する以外方法はないんだ。?空軍は敵空軍と戦って、地上軍としばらく離れ、遠方の目標を攻撃しなければならない。事実、中国が参戦してきた場合、中国空軍が韓国地上軍を攻撃できないよう防ぐだけでも忙しいだろう。ガンシップのようなものはクジラの戦いに割り込んだエビだよ。韓国人韓国も戦術核以上の火力を持った兵器を既に保有していないのかな? 昨年からMOAB...
  • 気になるニュースまとめ速報ぼっちさんのプロフィール
このゆびと〜まれ!さん
  • 「日本も原子力潜水艦を建造する用意がある」と言えばよい
  • の輸送継続が必要となるが、これは制空権・制海権が確保されていなければできない。中国は南シナ海ではそれが可能だったが、尖閣諸島では中国に制空権・制海権はない。制海権は、制空権がないと維持できない。現状の中国空軍は、第四世代戦闘機は航空自衛隊の二倍以上の機数を保有しているが、航続距離、管制能力ともに劣っているため、洋上で自衛隊並みの航空作戦能力が発揮できるとは考えられない。また尖閣諸島に最も近い基地でも600...
  • このゆびと�・まれ!このゆびと〜まれ!さんのプロフィール
mizuhoさん
  • 【米軍】今になって地対艦ミサイルを重視する理由 一変した中国近海のパワーバランス
  • 艦ミサイル、そして防空用地対空ミサイルなど、アメリカ軍が接近阻止領域拒否戦力と呼ぶ兵器を中国沿岸地域(南シナ海に生み出した人工島も含む)や沿岸海域その上空にずらりと揃えている。その状況下で、中国海軍や中国空軍の戦力は目に見えて強化されてきた。 そのため、アメリカ海軍としては、伝統的な空母打撃群を中国沿海域に展開させて中国を威圧する戦法には躊躇せざるを得なくなってしまった。なぜならば、対艦弾道ミサイルによっ...
  • MIZUHO no KUNI ≪2ch≫特亜ニュースmizuhoさんのプロフィール
ホル韓管理人さん
  • 韓国人の恥ずかしい妄想|韓国にステルス爆撃機が必要な3つの理由
  • 全く必要ありません。?どうせ地上軍は大砲の支援を受けてながら進撃する以外方法はないんだ。?空軍は敵空軍と戦って、地上軍としばらく離れ、遠方の目標を攻撃しなければならない。事実、中国が参戦してきた場合、中国空軍が韓国地上軍を攻撃できないよう防ぐだけでも忙しいだろう。ガンシップのようなものはクジラの戦いに割り込んだエビだよ。韓国人韓国も戦術核以上の火力を持った兵器を既に保有していないのかな? 昨年からMOAB...
  • ホル韓ホル韓管理人さんのプロフィール
グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合さん
  • リスク,西対岸大陸,18/11日本領土奪取−>18/11日米同盟敵視
  • だとみられる。(3)・2018年全体を通じて、中国軍は尖閣付近での軍用機の訓練飛行をそれまでになく頻繁に実施するようになった。中国軍機は日本の沖縄と宮古島の間の宮古海峡を通り抜け、対馬付近も飛行した。中国空軍のこの長距離飛行訓練は日本領空にきわめて近く、軍事衝突の危険が高い。(4)2018年全体を通じて中国の公艇は平均して毎月9隻の割で尖閣諸島の日本領海に侵入してきた。この隻数は2017年よりわずかに少な...
  • グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合さんのプロフィール
ブラッキーさん
  • 瀬取りを行う北朝鮮を助ける者たち
  • のカナダ機妨害 日豪などにも迷惑行為【ニューヨーク=上塚真由】カナダの公共放送CBC(電子版)は21日までに、北朝鮮による洋上での密輸取引「瀬取り」を防ぐため警戒監視活動を行っていたカナダの偵察機が、中国空軍機から飛行妨害を受けていたと報じた。カナダ軍のジョナサン・バンス参謀総長がCBCのインタビューで明らかにした。 バンス氏によると、飛行妨害は10月に朝鮮半島近くの公海上で発生。カナダの哨戒機「CP14...
  • 平成・美しい日本を護る会 やむやまブラッキーさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

中国空軍について