嘉永三年

嘉永三年についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [嘉永三年] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

嘉永三年を含むブログ記事

TOMOZONESUさん
  • 梅雨とかけまして、めんつゆ2018ベスト5選(おまけ付き)
  • 緑色、とまと麺は赤色、白麺は白色。そうめん嫌いなお子様には楽しく食べれていいですね。そうめんは三輪素麺で有名な奈良の池利という老舗そうめん会社が作っています。こちらも古く創業168年。okuruは創業嘉永三年そうめんの老舗「池利」とのコラボ商品です。風雅な大和の味「三輪素麺」は、遠く万葉の昔には保存食として重宝し、御供や引き出物としても広く用いられたようです。お伊勢参りによって宿場町として栄えた“三輪”で...
  • TOMOZOTOWNTOMOZONESUさんのプロフィール
Make enythingさん
  • 古民家リノベーション 残置家財片付けで出てきたお宝 その1
  • いる建物との間隔が実際とは違っていたりするのが、少し気になる所ですが、単なる間違いなのか、あるいはなんらかの事情があって、どちらかの建物を曳家(移動)させたのか・・・。可能性がないとは言えませんよね。嘉永三年戌年という元号、年号と共に、この家を建てた大工の棟梁と思われる人物の署名と落款。ちょっと調べてみたんですが、嘉永六年が、我々もよく知るペリー提督の黒船来航のあった年。嘉永七年が、様々な事象を嫌って朝廷...
  • Make enything その後の制作記録Make enythingさんのプロフィール
みやさん
  • 武蔵の式内社 足立神社(さいたま市浦和区)と春の見沼
  • います。写真でみると見事な一本道の参道。尚、一の鳥居両脇には嘉永二年(1849年)建立の幟柱が立っています。二の鳥居二の鳥居をくぐります。社前ようやく社前へ。三の鳥居は大正十二年建立で、両脇の石灯籠は嘉永三年(1850年)に造営されたもの。拝殿と手水舎数年前の造営の際に社叢を間引きしたせいなのか、木々がより瑞々しく映えているように感じます。境内は広々としてとても落ち着いた雰囲気です。拝殿足立神社当社は開化...
  • travelog -jpnみやさんのプロフィール
浮草剣之介さん
  • 中山道 信濃路を歩く「塩尻宿」
  • の街道脇には石碑(史跡)が数多くあります松本藩塩尻口留番所跡碑・十王堂跡碑・五千石街道碑・三州街道碑・・・中心地の小野住宅は元旅籠屋で屋号(いちょう屋)と称して江戸時代の建物が一部の残っています・・・嘉永三年(1850)の建物で国の重要文化財になっています この周辺の石碑は高札場跡・下問屋跡碑・飛脚問屋跡碑・上問屋跡碑・本陣跡碑・脇本陣・陣屋跡と続きます・・残念ながら本棟造りの家屋の堀内家住宅(国重要文化...
  • もっと気軽に居合道!熊谷道場 剣酔記浮草剣之介さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

嘉永三年について