国語に関する世論調査

国語に関する世論調査についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [国語に関する世論調査] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

国語に関する世論調査を含むブログ記事

まちのでんきやさん
  • 幸運は 努力の先に 降りてくる 〜過去ブログシリーズ第4弾〜
  •  インターネットの普及で、中途半端に賢くなった人たちが、にわか電器屋さんになること、必ずしも歓迎できることではありません。  賢い賢くないといえば…  MDK 家電ライフの 世間ずれ?! 〜文化庁・国語に関する世論調査から〜(2014.9.30のブログより) まちのでんきやブログで時々取り上げる、国語に関する世論調査ネタ。この時取り上げたのは、『世間ずれ』という言葉。多数が世間と「後ろ向きな意味で」ずれていることと...
  • まちのでんきやのブログ まちのでんきやさんのプロフィール
やれこら やれこら 昨日も今日もさん
  • 『どっち?』と 聞かれれば
  • 』を聞いていると 最近 「若い人」の間では雨模様=小雨が降ったり止んだりそんな「使い方」を する人が増えているようで 一部辞書には 『小雨が降ったり止んだり』 と書いて有るものも有るようです“毎年 「国語に関する世論調査」 結果が 話題になるからなぁ” 言葉・ことわざの解釈も 時代とともに 変わっていくようで 「目覚めが悪い」「寝覚めが悪い」 「愛想を振りまく」「愛嬌を振りまく」『どっち?』と 聞かれれば“うぅーん”...
  • やれこら やれこら 昨日も今日もやれこら やれこら 昨日も今日もさんのプロフィール
キヨピヘルスさん
  • なるほど確かに便利だ!
  • に驚く。今や、意思を伝える道具として、調査した10〜60代すべてで、文字を中心にした手段が、圧倒的主流を占める。携帯、固定を合わせて通話は、1日10分間なのに対して、文字のやりとりは45分間を超える。国語に関する世論調査に、情報化社会の中でのコミュニケーションへの意識について興味深い質問項目がある。誤解やトラブルを招きやすいと考えられている手段のトップに挙げられたのは、LINEやブログなどと電子メール。ともに約44%...
  • 納得のスタイルキヨピヘルスさんのプロフィール
2010babaさん
  • TOEICのプロに聞く“600 点の壁”を越えるには?
  • 目が点になる」使う、50歳代最多…国語調査09月21日 20:27読売新聞「心が折れる」という表現を使う人の割合は、20歳代では8割近いのに、70歳以上では2割に満たないことが、文化庁の2016年度「国語に関する世論調査」でわかった。「目が点になる」を使う人は50歳代が最も多く、新しい表現の浸透度には世代間の格差がある実態が浮かんだ。文化庁は「表現が生まれた時代と使う世代には密接な関連がある」と分析している。調査は1...
  • ヘロヘロオトコのヘンポコ旅日記2010babaさんのプロフィール
団塊の世代のつぶやきさん
  • お示しさせていただきます
  • い。も う一段下がるのが無難だ、と。社会から上下関係の厳しさが薄れ、敬語という物差しに不案内な人が増えたとすれば危うい時代であ る。 ▼遠回しな物言いを美とする日本語への自信が揺らいでいる観もある。「国語に関する世論調査」では「背筋が凍る」「毒を吐く」 などの新語を使う人が増えた。「背筋が寒くなる」では足りぬ恐怖、「毒を含む言葉」では吐き切れない悪感情に満ちた世の中らし い。 ▼冒頭のお便りは「よくがまんしていられま...
  • 団塊の世代のつぶやき団塊の世代のつぶやきさんのプロフィール
梅丸勝吉さん
カワトシさん
  • 韓国語の??と??の違い
  • るってことの傍証でしょうかね。かつ‐あい【割愛】 1 惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。「紙数の都合で割愛した作品も多い」 [補説]1について、文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「惜しいと思うものを手放す」で使う人が17.6パーセント、本来の意味ではない「不必要なものを切り捨てる」で使う人が65.1パーセントという逆転した結果が出ている。日本語の「割...
  • カワトシの映像翻訳の蔵カワトシさんのプロフィール
保守つべさん
  • 最高に知的なSNSを思いついた!→五七五七七、31文字で伝え合う和歌SNS|竹田恒泰チャンネル
  • tubeチャンネル あとで見る最高に知的なSNSを思いついた!→五七五七七、31文字で伝え合う和歌SNS|竹田恒泰チャンネル最高に知的なSNSを思いついた!→五七五七七、31文字で伝え合う和歌SNS 国語に関する世論調査で、会って話す重要性を認識しはじめた若者の姿が浮き彫りになった。 文字消費量、有史以来最大の現代、SNS発達の結果、 若者の文字を使いこなす能力増してる。 この際、日本伝統の和歌、五・七・五・七・七の...
  • 保守つべ保守つべさんのプロフィール
最板好男さん
  • 日本語は今ここまで誤用されまくっている
  • だろう。ここまで一般日本人の使用する日本語がおかしくなっていたとは;「存続するか滅亡するかの重大な局面」を意味する慣用句として「存亡の危機」を使う人が83%に上ることが21日、文化庁の2016年度の「国語に関する世論調査」で分かった。辞書などに記載があり、本来の言い方とされる「存亡の機」を使う人は7%にとどまった。 戦後50年となる1995年にアジアの国々に「おわびの気持ち」を示した村山富市首相(当時)談話のほか、小...
  • バンクーバー「風車小屋便り」最板好男さんのプロフィール
ヨーキなくらげさん
  • 出る杭は打たれる。でも、『出ない杭』の方がまずいのでは。
  • う言葉について、調べてみたいと思います。1 才能・手腕があってぬきんでている人は、とかく人から憎まれる。2 さし出たことをする者は、人から非難され、制裁を受ける。[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」では、「出る杭は打たれる」を使う人が73.1パーセント、「出る釘は打たれる」を使う人が19.0パーセントという結果が出ている。コトバンク(https://kotobank.jp/)より引用させて頂き...
  • 浮遊する無名作家の浅慮ヨーキなくらげさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

国語に関する世論調査について