パーソネル

パーソネルについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [パーソネル] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

パーソネルを含むブログ記事

松和のマスターさん
  • この盤でやっとジョーヘンを理解
  • ート以降のジョーヘンを聴くことにした。   Joe Henderson『Tetragon』(写真左)。1967年9月(#4, 6-7)と1968年5月(#1-3, 5)の2回の録音に分かれる。ちなみにパーソネルは、Joe Henderson (ts), Ron Carter (b) は全曲共通、ピアノとドラムは録音日によって分かれていて、(#1-3, 5)では、Don Friedman (p), Jack...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • ジャズ喫茶で流したい・128
  • アヘッドなアルト・サックスが全編に渡って響き渡る。いや〜、これにはビックリした。とにかく、良い音してるんですよ、纐纈のアルト・サックスが。全編に渡って、とても気持ち良く聴き通すことが出来ます。この盤のパーソネルは、纐纈歩美 (as), 納谷嘉彦 (p), 俵山昌之 (b), マーク・テイラー (ds)。納屋+俵山+テイラーのリズム・セクションも良好。しっかりと純ジャズ風のリズム&ビートを供給しています。速い...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 山下洋輔『30光年の浮遊』です
  • 洋輔は「無敵」である。そういう山下洋輔を長きに渡って聴き続けて来た。   そして、今年の新盤である。山下洋輔『30光年の浮遊』(写真左)。山下洋輔ニューヨーク・トリオ結成30周年記念アルバム。ちなみにパーソネルは、Yosuke Yamashita (p), Cecil McBee (b), Pheeroan akLaff (ds)。「ドバラダ2018」「チャタリング」「ワン・フォー・T」といった山下のセルフ...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 1970年代の先駆け的ギタリスト
  • 968年2月の録音。1968年の録音とは言え、曲毎にミュージシャンを選んで録音する、という、1970年代の録音手法が取られていて、録音時、リーダー以外、パーマネントなメンバーは存在しない。  それでもパーソネルを見渡すと、Eric Gale (g), Herbie Hancock (p), Ron Carter, Bob Cranshaw (b), Billy Cobham (ds) らの名前が確認出来て、...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • オールド・スタイルなウィントン
  • Marsalis『Standard Time, Vol. 2: Intimacy Calling』(写真左)。1991年3月のリリース。録音は1987年9月と1990年8月の2回に分かれる。ちなみにパーソネルは、Wynton Marsalis (tp), Wessell Anderson (as), Todd Williams (ts), Marcus Roberts (p), Robert Hurst,...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 「ウィントン」とは何だったのか
  • トンは現在までずっと曲解されたままである。   Wynton Marsalis『Marsalis Standard Time, Vol.1』(写真左)。1986年の録音。1987年のリリース。ちなみにパーソネルは、Wynton Marsalis (tp), Marcus Roberts (p), Robert Leslie Hurst III (b), Jeff "Tain" Watts (ds)。ウィント...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
kazutubeさん
松和のマスターさん
  • これも魅力的なジャズ・ベース盤
  • だろう。Tom Kennedy『Just Play』(写真左)。2012年9月25日の録音。2013年のリリース。トム・ケネディは、アコベとエレベの両刀使い。特にこの盤ではアコベが素晴らしい。ちなみにパーソネルは、Tom Kennedy(b) Dave Weckl(ds) Renee Rosnes(p) George Garzone(ts)のカルテットをメインに、Mike Stern, Lee Riteno...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 絶頂期クルセイダーズのライブ盤
  • 聴き直している。今日は、The Crusaders『Live in Japan』。1981年のリリース。邦題『音楽会』。1981年1月18日、東京NHKホールでの日本ツアー最終日の演奏を収録。ちなみにパーソネルは、Barry Finnerty and Roland Bautista (g), Rafael Cruz (perc), Alphonso Johnson (b), Wilton Felder (t...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
NetHeroさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

パーソネルについて