パーソネル

パーソネルについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [パーソネル] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

パーソネルを含むブログ記事

松和のマスターさん
  • ジャズ喫茶で流したい・122
  • すぎる。これは実に残念なことである。Reis Demuth Wiltgen『Once in a Blue Moon』(写真左)。今年6月のリリース。録音はECMの第3スタジオ、アルテスオーノ。ちなみにパーソネルは、Michel Reis (p), Marc Demuth (b), Paul Wiltgen (ds)。イタリアの名門CAM JAZZレーベルからのリリース。ルクセンブルク出身のピアノ=レイス、ベ...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • ベテランの魅力的なフロント2管
  • ダルなジャズやネオ・ハードバップな演奏を聴くのも楽しい。Joe Lovano & Dave Douglas Sound Prints『Scandal』(写真左)。今年2018年4月のリリース。ちなみにパーソネルは、Joe Lovano (sax),(tp), Lawrence Fields (p), Linda May Han Oh (b), Joey Baron (ds)。ベテランと中堅がガッチリ組んだ、...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • キューン、73歳のリーダー作。
  • る訳で、やはり小まめなジャズの新盤のチェックは欠かせない。Joachim Kühn『Love & Peace』。今年リリースのヨアヒム・キューンの最新トリオ作。2017年5月の録音。ちなみにパーソネルは、Joachim Kuhn (p), Chris Jennings (b), Eric Schaefer (ds)。 ヨアヒム・キューンはドイツのピアニスト。どちらかというと前衛、難解なイメージのピ...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
松和のマスターさん
  • フリードマンの魅力を再認識
  • になると、フリードマンのリーダー作は一気に「地味な」パフォーマンスになってしまう。   Don Friedman『Prism』(写真左)。1997年7月、ミラノでの録音。2008年のリリース。ちなみにパーソネルは、Don Freidman (p), Marco Ricci (b), Stefano Bagoli (ds)。イタリア人リズム陣と吹き込んだピアノ・トリオ作品になる。ホールで演奏しているかのような...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
松和のマスターさん
  • ピアノ・トリオの代表的名盤・70
  • ーノート・レーベルのアルバムの中でも白眉の出来である。さて、その代表作の一枚とは・・・。Horace Parlan『Us Three』(写真左)。1960年4月20日の録音。BNの4037番。ちなみにパーソネルは、Horace Parlan (p), George Tucker (b), Al Harewood (ds)。パーラン、鉄壁のトリオ編成である。デビュー盤であった『Movin' & Groovin...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • パーランの個性を体感する
  • ーランの個性の全てが、右手が変形したお陰で身につけた、彼ならではの個性なのだ。Horace Parlan『Headin' South』(写真左)。1960年12月6日の録音。BNの4062番。ちなみにパーソネルは、Horace Parlan (p), George Tucker (b). Al Harewood (ds), Ray Barretto (congas)。当時、パーランのレギュラー・トリオにバレ...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
松和のマスターさん
  • 長く付き合う事が出来る好盤
  • の流行の演奏スタイルを渡り歩いたことからも、応用力、適応力も抜きんでたものがあった。今日の選盤は、Donald Byrd『Byrd in Flight』(写真左)。1960年1月と7月の録音。ちなみにパーソネルは、Donald Byrd (tp), Jackie McLean (as), Hank Mobley (ts), Duke Pearson (p), Doug Watkins, Reggie Wor...
  • ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

パーソネルについて