ARTA

ARTAについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ARTA] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ARTAを含むブログ記事

駒田 さん
  • 今日できることをする
  • Letters vol.99 115501 (2007)DOI: 10.1103/PhysRevLett.99.115501(5)Evgeni S. Penev, Somnath Bhowmick, Arta Sadrzadeh, and Boris I. YakobsonPolymorphism of Two-Dimensional BoronNano Letter vol.12(5) pp.2441-...
  • 駒田の部屋〜英検1級、TOEIC990点を目指すブログ〜駒田 さんのプロフィール
banegさん
  • ICCフリー
  • 4月29日以来、およそ1カ月半ぶりのフリー走行。朝到着すると、すでにARTAのテントが立っていた ! タイヤはICC専用、うっすらとA050とわかるタイヤ。それでも午前中は、良い勝負が出来ていたのだが、...続きを読む >>...
  • 鴻巣徒然banegさんのプロフィール
mikuromanさん
  • スーパGT第四戦タイ、NSX勢苦戦の戦いか??
  • なマシンを持ち込んでも、かなりのウエイトが効いてくるはずです。タイヤのピックアップの問題を含めて、エンジンのパワーのダウンや暑さでの車の厳しさを踏まえると、レイブリック100号車はウエイトが一番重く、ARTA NSXも48キロのウエイトになるので、40キロになってくると、さすがのNSXもコーナリングやブレーキングやストレートからの減速で、かなりのタイヤの摩耗が考えられますし、ブレーキングがかなり不利になる...
  • 車きちがいのブログmikuromanさんのプロフィール
Iridium17さん
  • エンクロージャーの振動測定(その2)
  • には少々感度不足のようです。幸い、イヤホン端子から交流信号を取り出せるのでオーディオインターフェースに入れてFFT解析を行ってみました。ここから先の測定手順はスピーカーのインパルス応答測定と同じです。ARTAで生成した測定信号(ここではPeriodic Pink Noise)をパワーアンプに入力し、VM-63Aの交流信号をライン入力に入れてインパルス応答を求めます。ちなみにこの方法は私が測定の師匠と仰ぐS...
  • 自作スピーカーと計測 冬うさぎの晴耕雨読な日々Iridium17さんのプロフィール