開発競争

開発競争についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [開発競争] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

開発競争を含むブログ記事

PIATA-JAPANさん
  • アポロ計画から人類が月に行かない理由はあったが日本が発見した物で大変化することになる
  • している案件では人類はアポロ計画以降、月にもどの星へも有人宇宙飛行計画は行われていなかった事になっています。長くなりますが詳しくご紹介致します。まずNASAのアポロ計画とは何だったのか冷戦下の米ソ宇宙開発競争のさなかの1961年、アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディは、1960年代中に人間を月に到達させるとの声明を発表した。1969年7月20日、宇宙飛行士ニール・アームストロングおよびバズ・オルドリン...
  • UFOや心霊現象オカルト事件 PIATA-JAPANPIATA-JAPANさんのプロフィール
どにゃるど.comさん
  • IBMの逆襲がはじまる、量子コンピューターで1歩リード!
  • タイプを構築したということです。特に今回の50量子ビットという性能は、従来型のスーパーコンピューターを上回るということで、量子コンピューターの将来性を示す大きな目安となる性能だということです。しかし、開発競争の勝ち負けは、「開発資金」と「人材」と「経営戦略」にかかっています。そして、IBMが先陣を切って開発しても、儲かるにおいを嗅ぎつけた「BIG5」のような企業が莫大な資金と豊富な人材でもって一気に奪って...
  • シーゲル流米国株ポートフォリオでアーリーリタイアどにゃるど.comさんのプロフィール
☆Tiffany☆さん
  • ★★★サムスン、次世代の先のEV電池開発 航続距離2倍 30年までの実用化目指す 
  • 走行可能な距離をEVに使われているリチウムイオン電池の2倍近くに増やし、現行の1世代先にあたる製品開発で先行するトヨタ自動車に対抗する。各国当局と自動車メーカーのEVシフトを受け、基幹部品である電池の開発競争が激しくなりそうだ。サムスン電子は電機業界で究極の充電池と呼ばれる「リチウム空気電池」を開発する。中央研究所にあたるサムスン総合技術院で、電池1キログラムあたりの蓄電容量が520ワット時の試作品を製作...
  • ☆Tiffany☆のブログ☆Tiffany☆さんのプロフィール
らいばさん
  • サムスン、距離2倍のEV電池 30年ごろ実用化 「電極に空気」でトヨタ超え
  • け充電池を開発する。1回のフル充電で走行可能な距離を現行のEVに使うリチウムイオン電池の2倍近くに増やし、次世代品の開発で先行するトヨタ自動車に対抗する。世界的なEVシフトを受け、基幹部品である電池の開発競争が激しくなりそうだ。  電機業界で究極の充電池と呼ばれる「リチウム空気電池」を開発する。サムスン電子の中央研究所にあたる… https://www.nikkei.com/article/DGX...
  • 新型車情報局らいばさんのプロフィール
ワンモアさん
  • ”空飛ぶ鉛筆”の異名を持つドルニエDo 17
  • めに付けられた渾名が”空飛ぶ鉛筆”。上から見ると曲線を多用した優美なスタイルですが・・・横から見ると確かに・・・。 さて、そのデザインの効果ですが、低空性能や頑丈なことから運用では重宝はされたものの、開発競争が激しいこの時期では、高速性能はあっという間に追い抜かれ、その効果は乏しいものとなりました。さらにこの細い胴体が仇となり、爆弾の搭載量も増やせず、防御火器の増設も難しいものとなります。拡張性がなかった...
  • 1/144ヒコーキ工房ワンモアさんのプロフィール
エムズアプライドさん
  • プリント事例:『ジャミラ』
  • ≪ご依頼主≫有限会社ハードコアチョコレートさま『ジャミラ』Tシャツ!!「ウルトラマン」のエピソード中、最も悲劇的で後味の悪いストーリーと言われている23話「故郷は地球」。宇宙開発競争の犠牲となった宇宙飛行士ジャミラ。そんな悲劇の怪獣「ジャミラ」がハードコアチョコレートのウルトラ怪獣シリーズに登場!■ジャミラ(せい星メロン)にほんブログ村↑ ブログランキング参加中いつもポチっとあり...
  • M&Jブログエムズアプライドさんのプロフィール
TOMMYさん
  • Moto2 3気筒化計画進行中
  • クラスにおいて、参戦初年度の今年いきなり優勝2度を含むランキング3位を獲得したKTMの存在が恐ろしい。6年間の差を開幕戦の段階でほぼ埋めてきた(カタール:4位)この開発能力のKTMと、今回は横一線から開発競争せねば成らないSUTERやKALEXは大変そうだ。 Copyright © 2017 二輪噺 All Rights Reserved....
  • 二輪噺〜にりんばなし〜TOMMYさんのプロフィール
美綾さん
  • 統一性のある神話とか持ってないと言われるとそうだなとは思う
  • タ[2158] [2157] [2156] [2155] [2154] [2153] [2152]統一性のある神話とか持ってないと言われるとそうだなとは思う アポロ計画というものがありました。米ソ宇宙開発競争全盛期に、NASAが打ち立てた月への有人飛行プランの総称です。アポロという名は、もちろんローマ神話のアポロから来ていますが、どうして太陽神である彼から命名されたのかという疑問が湧いて出ます。調べてみる...
  • 今日の小ネタ美綾さんのプロフィール
TRSさん
  • サムスン、距離2倍のEV電池 30年ごろ実用化 「電極に空気」でトヨタ超えwww
  • け充電池を開発する。1回のフル充電で走行可能な距離を現行のEVに使うリチウムイオン電池の2倍近くに増やし、次世代品の開発で先行するトヨタ自動車に対抗する。世界的なEVシフトを受け、基幹部品である電池の開発競争が激しくなりそうだ。  電機業界で究極の充電池と呼ばれる「リチウム空気電池」を開発する。サムスン電子の中央研究所にあたる… https://www.nikkei.com/article/DGXMZ...
  • おかしいと思ったら! トレンド探索隊TRSさんのプロフィール
SIさん
  • サムスン、距離2倍のEV電池 30年ごろ実用化 「電極に空気」でトヨタ超え
  • け充電池を開発する。1回のフル充電で走行可能な距離を現行のEVに使うリチウムイオン電池の2倍近くに増やし、次世代品の開発で先行するトヨタ自動車に対抗する。世界的なEVシフトを受け、基幹部品である電池の開発競争が激しくなりそうだ。  電機業界で究極の充電池と呼ばれる「リチウム空気電池」を開発する。サムスン電子の中央研究所にあたる… https://www.nikkei.com/article/DGX...
  • SIerブログSIさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

開発競争について