蜂須賀家政

蜂須賀家政についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [蜂須賀家政] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

蜂須賀家政を含むブログ記事

館長さん
  • 2018年11月04日のつぶやき
  • 4 03:49fortune_ukyou / 占い師 右京RT @yagisyoten: 「特別展「討入りとその周辺−赤穂義士と徳島藩−」が3日、徳島市の徳島城博物館で始まった。内蔵助の母は徳島藩祖、蜂須賀家政のひ孫で、徳島とのつながりが深い。」12月24日まで徳島城博物館:大石内蔵助の“遺書” 討ち入りの前日記す - 毎日新聞… at 11/04 03:49fortune_ukyou / 占い師 右京RT...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
kyoさん
  • まなびーあ徳島「歴史講座」
  • まなびーあ徳島「歴史講座」のご案内です。12月14日 赤穂浪士討ち入りの日に「赤穂浪士と阿波蜂須賀家の深い関係」講座を行います。大石内蔵助のルーツは蜂須賀家政だった...
  • 里山の風に吹かれてkyoさんのプロフィール
warunekoさん
  • 【徳島】大石内蔵助の「遺書」現存 討ち入り前日、親戚へ心情 徳島城博物館が確認 3日から展示
  • 、徳島市の徳島城博物館の調査で分かった。吉良上野介邸への討ち入り前日に書いたもので、遺書に当たる。60年以上前に公開された記録があるが、その後は所在が分からなくなっていた。 大石内蔵助は徳島藩祖、蜂須賀家政の外孫の孫。手紙は縦が約17センチ、横75センチ。1702(元禄15)年12月13日付で、宛名は母のいとこで家政のひ孫に当たる三尾豁悟(徳島藩家老池田由英の子)となっており、永遠の別れを告げる「いとま...
  • 歴史的速報@2chwarunekoさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

蜂須賀家政について