岡っ引き

岡っ引きについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [岡っ引き] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

岡っ引きを含むブログ記事

karaムクさん
  • またもやってくれました(-_-;)つづき〜
  • 8/2/8(木) 午後 4:34使用人(嫁はんとも言います)がマークXをぶつけたあと、新品にすればいいんだろ!と逆切れして整備工場に行って出てきた見積はなんと38万円!(;O;)この人、前世はお江戸の岡っ引きだった?からか?すぐにぶち切れますで、今日の朝、整備工場の社長に電話しました〜やっぱりアルミホイールとタイヤは傷があるものの交換の必要なしでした。で、そのままにしてもらいます。どうせまたぶつけるからね...
  • 旅と野鳥と西武ライオンズkaraムクさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180207-5
  • 真逆の戦力を清武から押し付けられて ... BS時代劇「大岡越前4」NHKワールド プレミアムBS時代劇「大岡越前4」 (5)「情けが仇(あだ)の八両二分」; 2月21日(水) 0:05〜0:48; 岡っ引きの辰三(石井正則)が、ひょんなことから家を買うことになり、忠相(東山紀之)たちは資金を集めて辰三に渡す。辰三は、借金を苦に身投げしようとする見ず知らずの青年・仙吉(水澤紳吾)を助け、家を買うための大金...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
book-mystery-master-813さん
  • 時代小説を読み終ったけれど?
  • た先の主人とお園と菊枝姉妹の過去の因縁、そして、藤十郎が仕えていた当主土屋氏との関係、そして、菊枝と繋がり、全て話がつながった時、男女、姉妹、親の恨みから次の押し込みを呼び起こす。秋山久蔵とその配下、岡っ引き弥平次とその仲間たちが、悪を追詰め、真の悪に天誅を加え、御法度を正すと云う話。「後添え」は、3百両とも5百両とも云われる天目茶碗を所有していた主人とともに消えた。その行方を探す同心達に怪しい人物が現れ...
  • 歴史に名を残さない男book-mystery-master-813さんのプロフィール
三田主水さん
  • 霜島けい『おもいで影法師 九十九字ふしぎ屋 商い中』 これぞ妖怪時代小説の完成形!?
  • きりユニークなもの揃いであります。 店の品物の虫干しの最中、突然姿を消してしまった作蔵。そこに残されていたのは曰く付きの鏡で――と、その鏡に映るものの意外な正体が語られる「虫干しの日」 店に出入りする岡っ引き・源次が世話になった隠居同心宅に現れる、今は老同心の亡妻の影。その影が引き起こす奇怪な事件と意外な真実を描く表題作「おもいで影法師」 お使いの途中、不気味な幽霊に憑かれてダウンしてしまったるい。しかし...
  • 主水血笑録三田主水さんのプロフィール
パパダンさん
  • ねこまた。 《1〜4巻》/琥狗ハヤテ
  •       ねこまた。 《1〜4巻》/琥狗ハヤテ 芳文社コミックス(芳文社) B6判 2013.12〜2018.1《ストーリー》 時は江戸−・・・京。 その市井を守るのは、「ささめの親分」こと岡っ引きの仁兵衛。 頼りになって男前、唯一の欠点は独り言が多いこと。しかし、そこにはヒミツがあって・・・。 一軒に一匹憑いてます。 かわいい“ねこまた”と仁兵衛の家と人情と可愛さの4コマ&長編の物語開幕!!...
  • 漫画 Happy Lifeパパダンさんのプロフィール
みらみらさん
  • おはよう!時代劇 暴れん坊将軍11 第8話[再] 2018年1月29日
  • こ 中野英雄 松村雄基 名古屋章千人同心への援助金にまつわる不正を暴くため八王子に赴いた吉宗は、はからずもお杏の夫で大工の棟梁・房吉が、三年前この地で不審な死を遂げていることを知る。そんな中、三河町の岡っ引き・万蔵が殺されるという騒ぎが起こった。お杏の兄でめ組の頭・栄五郎は、万蔵が殺される数日前、材木問屋の和泉屋清兵衛を強請っている現場を目撃していた。和泉屋は、三年前に房吉が請け負った八王子・本竜寺の普請...
  • ドラマ動画みっけ!みらみらさんのプロフィール
三田主水さん
  • 中村理恵『JIN−GAI』 人気歌舞伎役者が挑む怪奇の事件
  • 趣向の物語であります。 江戸三座の一つ・中村座でも一番人気の女形・香川蘭之丞。彼が舞台で藤娘を演じる最中、突如頭上から血しぶきとともに男の死体が落下、場内は騒然となります。 そこに駆けつけたのは、自称岡っ引き見習いの少女・風花と、蘭之丞の友人の医師・志賀温斎。死体は蘭之丞への差し入れの菓子を裾分けされた小屋の下働きであったことから、蘭之丞を狙った犯行と思われたのですが――その騒動の渦中で、蘭之丞の背中に、...
  • 主水血笑録三田主水さんのプロフィール
セニョイワさん
  • 「決戦 奥右筆秘帳」最終巻 上田秀人
  • 読みごたえがありました。でも、のめり込んで読みふけるというほどではなかったかな?個人的な感想では、5段階評価で星4つというところだろうか。それでもまた、上田秀人氏の作品には手を伸ばすのだろうな。同心や岡っ引きの登場しない時代小説として、なかなかに楽しんで読めました。決闘シーンの丁寧な描写が迫力を生んでいるのは確かだ。そうそう、まだ「表御番医師診療禄」シリーズも途中だったなあ。図書館に続きが返って来ていると...
  • 還暦過ぎたセニョイワの挑戦セニョイワさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

岡っ引きについて