法皇

法皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [法皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

法皇を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20180524-1
  • 韓民国民団(民団)は23日、在日同胞の子どもたちが韓国の歴史と文化を体験し、アイデンティティーを育む「2018在日同胞 ... 次の千年へ、歴史伝える 円教寺が全10巻 第1巻刊行 /兵庫毎日新聞花山法皇(968〜1008年)ゆかりの古刹(こさつ)、円教寺(姫路市書写、大樹孝啓住職)が、寺の歴史や伝承、建造物、仏像などを紹介する叢書(そうしょ)(10 ...●花山法皇[1]・[2]● 高校時代の得意教...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
yusaki_2009さん
  • 好奇心は尽きない
  • ヒゲ親父】は変なことばかり投稿しますが、最近は地元の町歩きにめざめちゃっております。好奇心は尽きない2018年05月23日 20時46分41秒 |【ヒゲ親父】地元のこと図書館で興味深い本を借りた。花山法皇の伝承山本佐一著加賀ではなぜか花山法皇の伝承地が多い。そんな疑問に応えてくれる書と期待して、今晩から読んでみよう。【ヒゲ親父】にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村ジャンル:おもしろい金沢と石川と...
  • てんもく日記yusaki_2009さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 17/237 (平安時代叢書 第十四集)
  • 要な交通網とみなされていなかった、現在でも徒歩の移動であれば登山のフル装備で二泊三日から三泊四日の道程を求める小辺路(こへち)を利用することも躊躇わない金峯山寺の僧侶たちを快く思っていなかったのが白河法皇である。それに、興福寺にとっても金峯山寺は自分たちに逆らう厄介な存在であった。僧侶としての格はどちらが上なのかを争うというレベルの話ではなく、大和国内の荘園の所有権をめぐる武器を持っての殴り合いという...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
Bigbossmanさん
  • 『平家物語』は鎮魂の書?
  • 地が割れて地下水が吹き出し、京都近辺の建物はすべて倒壊し、橋が落ち、余震が2ヶ月以上も続いたとなっています。ただ、鴨長明は、これが平氏の怨念によるとは書いていませんね。さらに、平家追討に暗躍した後白河法皇が1191年に病を得ます。腹に水がたまってたいへんな苦しみだったようです。ただちに平癒祈願の祈祷が行われ、壇ノ浦で入水した安徳天皇の御堂も建立されますが、平家一門への怨霊鎮めは、公的にはありませんでし...
  • 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
バンブー福田さん
  • 【京都探訪】豊国廟・新日吉神社(京都市東山区) 3月24日?
  • 新」っていう字が名前に付く神社は珍しいなと思ったのが率直な感想でした。平安時代末期の1160年、後白河天皇が比叡山の守護神たる日吉大社の神々をこの東山の麓に勧請して創建されたそうです。東山七条は後白河法皇と豊臣秀吉公の所縁の史跡や寺社が集中していると思いました。 さて、大津市の日吉大社といえば「神猿」ですが、こちらでもお猿さんを崇めているようです。あ、ちなみに御祭神として後白河天皇をお祀りしてい...
  • 笑門来福帳バンブー福田さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 16/237 (平安時代叢書 第十四集)
  •  父の後三条天皇のように藤原摂関政治に対する明白な反発心を抱いていたわけではないが、自らの権力構築には何ら躊躇することのなかったのが白河法皇である。結果として藤原摂関政治を弱めるという点で違いはないが、藤原摂関政治を潰すことを念頭に掲げて行動した後三条天皇と違い、白河法皇は自身の権力構築の邪魔となる存在を弱めることを平然とこなしていただけ...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
コンチェルティーノさん
  • ショパンを訪ね、ポーランドへ
  • utubeチャンネル登録駆け足で、ポーランドワルシャワに行ってきました。ポーランドがショパンの故国であることは皆様もご存知ですね。その他にも放射線の研究をしたキュリー夫人、地動説を唱えたコペルニクス、法皇ヨハネ・パウロ2世、ピアニストであり初代首相だったパデレフスキ、、、、、調べ始めるとどんどん出てきます。素晴らしい人材を多く輩出、そして過酷な歴史も持った国ですね。今回は ピアノの先生方とご一緒に「音...
  • コンチェルティーノコンチェルティーノさんのプロフィール
シャンティ・フーラさん
ゆうさん
  • 初夏の京都 part2
  • 、六条天皇を立てて傀儡化し、強大な力で院政を敷いていた。しかし、この院政も次第に平氏の台頭により大きな制約を受けることになった。  1179年(治承3年)、清盛はクーデターを断行し高倉天皇の父、後白河法皇の院政にとどめを刺し、天皇は譲位し上皇となり、安徳天皇はわずか3歳にして即位した。しかし、実父の後白河法皇と岳父、清盛との確執や福原への遷都、平氏による東大寺焼き討ちなどが続き、こうした心労が重なって...
  • カメラを持ってでかけようゆうさんのプロフィール
まろさん
  • 仙洞御所の一升石は贅沢すぎる?
  • 1630年に後水尾上皇の御所として完成した京都御所内の仙洞御所。仙洞とは仙人の住処のことで、天皇を退位した上皇や法皇の御所を指す。御所そのものは焼失し、現在は小堀遠州による庭園が残されているが、手間のかけ方に驚かされる一角があり、なにやら謎めいている。この水際に敷き詰められた石だ。小田原藩主が同じ形の丸石を集めるた...
  • 投資を楽しむ♪まろさんのプロフィール

法皇を含むトラコミュ

仁和寺
  • 仁和寺
  • 仁和寺は、京都府京都市右京区御室(おむろ)にある真言宗御室派総本山の寺院である。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇である。皇室とゆ...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:旅行ブログ
書写山
  • 書写山
  • 圓教寺は、兵庫県姫路市にある寺院で、天台宗の別格本山である。山号は書寫山。 西国三十三箇所第27番および播磨西国三十三箇所第1番札所。西の比叡山とよばれるほど寺格は...
  • トラックバック数:48 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:旅行ブログ
梶原景時
  • 梶原景時
  • 梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ