法皇

法皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [法皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

法皇を含むブログ記事

貢蕉の瞑想さん
  • 願文の意?
  • とらわれる。 「清衡の願文」がわかる。中尊寺落慶供養願文「中尊寺(題箋)落慶供養願文」その中での大文字というか、太文字は、「乃至鐵圍(鉄囲)砂界。胎卵濕(湿)化。 善根覃所。勝利無量。 敬白。」 白河法皇と鳥羽天皇に宛てた「願文」清衡公の人柄や平泉の地や民を思う心、世界観や宗教心など顕著に表現されている。もう一人、宮澤賢治。 賢治は金色堂に合祀されているという。 熱心な法華経信者であったこと。賢治の詩...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
麺法師さん
  • ちち山別れから冠山を望む風景が綺麗
  • ちち山別れと呼ばれている分岐点から東側を見ると正面に冠山、その奥に平家平が綺麗に見えました。今回、我々が登ったのはコノ写真の山系の一つ北側の法皇山山系です。二つの山系が合流して西に進むとちち山、笹が峰へと行けます。笹コギが大変な山でした。...
  • 麺法師おじさんの散歩麺法師さんのプロフィール
西山長明さん
  • 【§常駐ガイド】上賀茂神社#4。暑さ対策色々。
  • 杉材丹塗りの明神鳥居。室町時代の古絵図には既に記載され、現在の鳥居は昭和26年造替時のもの。●外幣殿(げへいでん)(御所屋(ごしょのや)) 二之鳥居に向かって、参道右側の建物です。桧皮葺、入母屋造。 法皇、上皇等の御幸、摂関賀茂詣の際の著到(ちゃくとう)殿。また競馬神事、葵祭に使用し、馬場殿とも称します。寛永5年(1628)造替、明治13年(1880)修理。重要文化財。●藤原家隆歌碑 二之鳥居に向かっ...
  • 西山長明 京都・ドイツ・再就職・悪性腫瘍・鬱病など西山長明さんのプロフィール
kazashiさん
  • WOC.登山部 2018.07.18大永山トンネル〜ちち山の別れ・ちち山・笹ヶ峰
  • 。山さんには悪いのですが、先に進んでいるチームがあるので、蟻さんチームは山さんにお任せしました。お嬢様はすでに農作業する腰の曲がったおばあちゃんのような状態になっています。振り返ると雲の上の向こうに『法皇山系』の峰々が並んでいます。青い空に白い雲そして緑の笹原。申し分ない景色ですが、お嬢様にはそれどころではないようです。『ガンバレ・ガンバレお嬢様!』 『あと少し、もう少し!』となだめすかしながら進みま...
  • KAZASHI TREKKING CLUBkazashiさんのプロフィール
熱量タカコさん
  • イタリアひとり旅 行く価値は十分にあるヴァチカン美術館
  • ?私も果たして全部回れたかというと多分まわり損ねているところがたくさんあります??その中で日本人の作品もありましたさりげなくマチスとかあったりするのだがツアーの人はみてないだろうなあこれも最近の作品 法皇が着るのかなあそうそう スイス衛兵の交代式の時間にたまたまいたのです!日本人のガイドさんが話しているのを聞いて私もかけつけた。?バチカン美術館でた時に、たまたまそばにいた日本人のツアーガイドさんが、「...
  • 食萌エネルギー熱量高く世界配信!熱量タカコさんのプロフィール
みさとんさん
  • 【漢検】小3で5級まで
  • 、熟語のニュアンスや使いどころがむずかしいようです。苦労したのは、「供給」。何回説明してもダメで、何度も何度も間違えていました。あと、「批評」。「批」の字を「否」とか「非」とか書いちゃうんですよね。「法皇」「派生」「推進」「朗読」「当分」などなんどもなんども間違えてました。大人としても、高学年レベルの語句を、小2小3の子が理解して納得できるように説明するのは、意外と難しいんだと実感しました。そして、結...
  • 3びきのこぶたのおへやみさとんさんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 57/237 (平安時代叢書 第十四集)
  • も、貴族個人は地方にネットワークを張り巡らせることで情報を得ることに成功しているが、本来なら日本全国に張り巡らされているはずの朝廷のネットワークは機能低下に陥っている。 この状態を目の当たりにした白河法皇が選んだのが、白河法皇自身が荘園領主となることであった。事実上はどうあれ、名目上、白河法皇は一人の僧侶である。そして、荘園領主が貴族であるケースの他に、寺院が荘園領主であるというケースも珍しいものでは...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
bowlingerさん
  • 曼殊院門跡 その1
  • 源だそうです。その後、東尾坊と名前を変えて、平安時代後期に曼殊院と改称。室町時代に洛中に移転し、その後門跡寺院になりました。明暦2年(1656)、良尚法親王が現在の場所に移しました。良尚法親王は後水尾法皇を敬愛しており、その法皇が造営中だった修学院離宮のそばで仏道、風雅を極めようとされていたそうです。やはり紅葉の名所で、最近では夜間特別拝観も行われているようです。赤山禅院、曼殊院門跡、そしてこの後まわ...
  • 京都 癒しの地の旅 しばらく思い出・妄想編bowlingerさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(15)〜きな臭い新政〜
  • 次第に変わり、他の清華家や最上位の摂家(藤氏五摂家)からも中宮輿入れが執られるようになる(因みに、後醍醐帝の中宮は西園寺禧子妃。禧子妃殿下薨去後の中宮は後伏見天皇の内親王珣子妃)。それでも西園寺家は、法皇・上皇、天皇のうちの誰かとは、必ず縁戚関係を保っていたとされる。そして、関東申次家として得宗と関係強化することになり、その力は、五摂家に勝るとも劣らないものとなり我が世の春を謳歌していた。ところが、北...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
okadoさん
  • 源頼朝の命を助けた池禅尼と平宗清、そして池禅尼の子頼盛
  • 亡くなったのだと伝えられています。頼朝が流されたという蛭ヶ小島☆ ☆ ☆ ☆ ☆それから約20年後の1180年(治承4年)、頼朝は源氏再興の挙兵。1183年(寿永2年)には、平家一門が都落ちし、後白河法皇による平家追討の院宣が出されました。それに伴い、平家一門の官職は剥奪され、所領も没収されました。『吾妻鏡』によると、1184年(寿永3年)4月6日、頼朝は、池禅尼の子頼盛とその妻の所領について、池禅尼...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール

法皇を含むトラコミュ

仁和寺
  • 仁和寺
  • 仁和寺は、京都府京都市右京区御室(おむろ)にある真言宗御室派総本山の寺院である。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇である。皇室とゆ...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:旅行ブログ
書写山
  • 書写山
  • 圓教寺は、兵庫県姫路市にある寺院で、天台宗の別格本山である。山号は書寫山。 西国三十三箇所第27番および播磨西国三十三箇所第1番札所。西の比叡山とよばれるほど寺格は...
  • トラックバック数:48 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:旅行ブログ
梶原景時
  • 梶原景時
  • 梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ