嵐寛寿郎

嵐寛寿郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [嵐寛寿郎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

嵐寛寿郎を含むブログ記事

huianさん
  • MIFUNE:THE LAST SAMURAI 2018.11.10 船堀シネパル1
  • 本映画は歌舞伎を映画化するところから始まり、侍を主人公とする時代劇が人気であった。その流れに黒澤映画があり三船につながっている。無声映画の時代物として紹介されるのは阪妻の「雄呂血」や目玉の松っちゃん、嵐寛寿郎などだ。こういうのは歴史として知っていても映画はほとんど見ていない。  世界的に有名な三船を誰に紹介しようとしているのだろうか。日本映画の創成期のチャンバラ映画から始めたのは、正しくもあり間違いでもあ...
  • ギンレイの映画とかhuianさんのプロフィール
yamamoto2000さん
  • 男はつらいよ 11〜20 雑感
  • 恵子、13作目は吉永小百合(2回目)、14作目は十朱幸代、16作目には桜田淳子、樫山文枝、17作目は太地喜和子、宇野重吉(ちょい役で実子の寺尾聰)。18作目には檀ふみ、京マチ子、19作目には真野響子、嵐寛寿郎、三木のり平、20作目には大竹しのぶ、中村雅俊が登場します。40歳台になった寅次郎、徐々に自らの恋愛よりも他人の恋愛へのおせっかい役が出てきてますね。そして蒸気機関車はもう出てきません。個人的には、2...
  • atelier pianoyamamoto2000さんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 偈箱の明暗について
  • 明暗」と書かれた偈箱が写っている。ここまで書いて、「“明暗”と記す偈箱は昭和30年代以降」と結論付けようとしたが、待てよ『邦楽ジャーナル』(2004/9月号)の神田可遊氏の記事に、「昭和25年封切りの嵐寛寿郎主演『虚無僧屋敷』」でも、昭和36年の鶴田浩二と全く同じ「明暗」と記した偈箱を下げているではないか。先例は、堀井、菊水両氏が提案する以前、5年前にあったのである。ジャンル:私コメントTweet&laq...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール

嵐寛寿郎を含むブログ村メンバー

  •  

嵐寛寿郎を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

嵐寛寿郎について