腫瘍細胞

腫瘍細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [腫瘍細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

腫瘍細胞を含むブログ記事

ぱふぱふさん
  • 異なる病理診断
  • したものをアップします。「星細胞腫は核が細長くて細い突起がいっぱいある。?乏突起神経膠腫は核が丸まっていて周りが少し白くてあまり突起が見えない。?大脳の表面皮質の方に大きな神経細胞があって、この周りに腫瘍細胞がパラパラと親和性をもつというか、衛星を作るように特徴的な浸潤の仕方をしていて、?細胞の顔つきから見ると乏突起神経膠腫です。」「遺伝子診断で確定しないとですが」(1か月ぐらいかかるそうです)「2016...
  • 母が綴る脳腫瘍と告げられた24歳「良」のこれからぱふぱふさんのプロフィール
MITSUKOさん
  • ソマチュリン皮下注
  •  午後にソマチュリアン皮下注しました 冊子から…かいつまんで…膵臓または消化管のNETの治療に使われるソマトスタチンアナログいとうお薬腫瘍細胞の表面にあるソマトスタチン受容体に結びつくことで腫瘍が大きくなるのを抑えます腫瘍から分泌される過剰なホルモンによる症状を改善する作用私は、ガストリンが3000程らしい(単位は分からず)早く打ちたかった...
  • 神経内分泌腫瘍 NETの記録MITSUKOさんのプロフィール
ゆずナベさん
  • 最愛のパトが力尽きて・・・第一弾
  • X線検査の結果、●播種性血管内凝固(DIC=血が固まりにくい=出血しやすい」●全身性炎症反応症候群(SIRS=多機能不全)と言うことで3種の抗生剤を注射と服用の両方で治療。そして胸腔内の細胞診断では、腫瘍細胞の出現で、肺の腫瘍として1、肺がん2、転移性の腫瘍3、悪性中皮腫  一番疑わしいのは3番目と言うことで、その抗生剤tと、    胸水を抜くことしかできないと言うことだが、     もう手の施しようがな...
  • 白ペキお茶目ん坊パトゆずナベさんのプロフィール
うす紫式部さん
  • 退院して2週間目の外来を受診
  • ホントに減りました。取った細胞の病理組織検査の結果ももらった。マクロ所見 ] VATS左下葉切除。S9aに31×22×18mmの黄白色充実性の腫瘤ミクロ所見 ] 大型で多辺形の腫瘍細胞が胞果状に増殖。胞果中心は壊死。一部に角化傾向があり扁平上皮癌。胸膜浸潤、血管浸襲。郭清されたリンパ節に転移はなし。pT2aN0M0、pStage1Bそして、再発予防に抗がん剤UFTの二年間の内服を推...
  • 嗚呼、勘違い・・・・カイゴ日記うす紫式部さんのプロフィール
colocolokentaさん
  • そうか、いつかお別れするんだ
  • デンスが少ないということ。ある程度の抗腫瘍効果が見込まれるとしても、肺線維症など副作用があり、そちらで寿命を縮めてしまう可能性がある。そんなことになったらつらいばかりでナイトがかわいそうだ。化学療法で腫瘍細胞をたたき切れていないとしたら、再発は免れられない。初発時に脾臓にできた腫瘍が破裂していたということを考えたらお腹の中に腫瘍が播種している可能性が高い。そして、再発したらあっという間だということはわかっ...
  • こんな気持ちでいられたらcolocolokentaさんのプロフィール
もねペットスタッフさん
  • ハリネズミの膣脱(子宮間質性肉腫含む)
  • 回摘出した子宮には、子宮内膜の間質性肉腫が病理学検査で確認されました。下写真は子宮内膜の間質性肉腫の病理写真(中拡大)です。子宮内膜はびまん性に過形成しています。高倍率像です。大型の核や複数の核を持つ腫瘍細胞が認められます。卵巣子宮全摘出を実施することで、今後の膣脱の予後は良好とされます。マリアちゃんの今後の経過を診て行きます。マリアちゃん、お疲れ様でした!にほんブログ村ランキングにエントリーしています。...
  • 小さくてもひとつのいのち〜もねペットクリニック〜もねペットスタッフさんのプロフィール
IFA moeさん
  • 驚愕!あの甘い●●が糖尿病やガン予防に?
  • 胞の働きを活性化させてくれます。それにより、記憶力が向上したり、認知症予防になるため、注目されています ?抗がん作用ピーナツに含まれる成分、レスベラトロールは、抗ガン作用が高い事で注目されています。腫瘍細胞中に存在する、「CYP1B1という酵素」が、レスベラトロールを、ピセアタンノールという、ガン細胞のみを死滅させる物質に変換させてくれる為、抗ガン作用が高い事で注目されています。ワシントン大学とハーバー...
  • 医療Therapist MoeIFA moeさんのプロフィール
さやさん
  • 再発→再々発→現在?
  • 術した際には海外出張でいらっしゃらなかったという、小児腫瘍外科専門の先生。手術は無事に終了。腫瘍の発生部位は、前回再発時は左側腹壁。今回は反対の右側腹壁…。これが意味するのは、初発時にお腹中に播種した腫瘍細胞がずっと潜んでいて、ここに来てまた動き出した、ということ。巨大化した腫瘍は大腸に癒着していた為、大腸の2/5と小腸の一部と共に切除。他に腫瘍細胞が陽性の小さな病変が一箇所。この病気は、根気強く行くしか...
  • "みぃ"とママ 横紋筋肉腫との戦いブログさやさんのプロフィール
ボラさん
  • またFIP…
  • もありすっかり元気になりました。ホッと一安心です。一安心もつかの間…5歳のシータが、ご飯を食べなくなり、病院へ。エコーの結果。お腹の中に大きなしこりがあるそうで、リンパ腫を疑われましたが、生検すると、腫瘍細胞は見つからず炎症細胞ばかり。微熱もあり、血液検査の結果と総合して判断すると、FIP(ドライタイプ)の可能性が高くなりました。FIP…治らない病気。先月もチアキがFIPで亡くなったばかりです。しかもあっ...
  • アニマルスマイル香川ボラさんのプロフィール
中村屋工房akemiさん
  • 術後初めてのエコー検診
  • の種類(病理組織診断報告書)5/10 臨床診断 左乳がん繊維化を背景に索状〜小胞巣状に配列するinvasaive ductile carcinomaを認めます。scirrhous typeと考えます。腫瘍細胞の核異型は中程度で、核分裂像は強拡大10視野中、1個です。腫瘍の拡がりは図の赤の通りで、黄色矢印で示した足側の焼灼面に腫瘍が近接しています。脈管侵襲は見られませんが、リンパ節転移を1個認めます。 【追...
  • 中村屋工房akemiのテキトー乳がん治療の日々中村屋工房akemiさんのプロフィール

腫瘍細胞を含むブログ村メンバー

  •  
アケビさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

腫瘍細胞について