腫瘍細胞

腫瘍細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [腫瘍細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

腫瘍細胞を含むブログ記事

ハマリョウさん
  • 従来免疫と阻害剤で乳がん患者が完全奏効(海外医療情報リファレンスより)
  • p/60322.html 患者さんは、転移性乳がんで、化学療法やホルモン療法など複数の治療を受けたが、がんの進行が止まらずこの試験に参加し、22か月再発していない、とある。 腫瘍浸潤リンパ球を検査し、腫瘍細胞の変異タンパク質のうちの1つ以上を認識する腫瘍浸潤リンパ球を見出した。腫瘍浸潤リンパ球は変異タンパク質のうちの4つを認識していたので、次にその腫瘍浸潤リンパ球を増やし、患者に注入して戻した。がん微小環...
  • ハマリョウの2010年2月膵臓がん手術、そして2度再発ハマリョウさんのプロフィール
tamakiさん
  • 聡ちゃん、精巣腫瘍でした
  • 検査結果も出ました 停留精巣は、悪性のセルトリ細胞腫というものでした左側の精巣は腫瘍にはなっていませんでしたが萎縮して繊維化していたそうです 悪性腫瘍ではあるものの他に浸潤していないし切除した縁にも腫瘍細胞がないことから綺麗に取り切ったので転移することは、まずないでしょうということでした 手術せずに進行したらどうなるのかを質問したら再生不良性貧血や白血球減少を引き起こしそうなると対症療法しかできず回復が...
  • Go with the flow〜心のままに〜tamakiさんのプロフィール
光線治療院さん
  • 子宮筋腫治療で播種のおそれ
  • するおそれがあるという。 同省は、超音波吸引器、超音波吸引器の機能を持つ手術装置の添付文書の「禁忌・禁止」欄に「悪性変化の否定できない子宮筋腫の乳化又は破砕には使用しないこと[組織片が飛散することで、腫瘍細胞が転移するおそれがある。]」と明記することにした。 同省は2016年7月、腹腔鏡手術に用いる機器で、腫瘍などの組織を細かく切って体外へ取り除くモルセレータを子宮筋腫がある患者に使用した場合、子宮肉腫を...
  • ひなたぼっこ光線治療院さんのプロフィール
momizoさん
  • 僕たちはどう生きるか。
  • がんを殺す、的な発想は昔からあったと思うけど、おそらく爆発的なブームを起こしたのはこの論文であろうかと思う。 要約すると、ブドウ糖過多の状態だと、あるタンパク質が過剰生産される。そしてこのタンパク質は腫瘍細胞の成長と分裂を促進するというもの。※要約しすぎ。詳細は論文を読んでね。 う〜ん、まあ、実験室ではそうなんだろうけど、複雑な代謝を行っている人体でも同じなのかどうかはよく分からん。さらにそれを裏付けるの...
  • Lazy tonemomizoさんのプロフィール
もねペットスタッフさん
  • ハリネズミの扁平上皮癌
  • 除は困難となります。特にハリネズミのように小さな動物では、犬で一般に実施される顎骨切除は厳しい状況となります。腫瘍を可能な限り切除し、切除後に炭酸ガスレーザーで患部を蒸散させて治療する臨床医もいます。腫瘍細胞をレーザーで全て切除出来ればよいのですが、どちらかと言えば腫瘍の大きさを部分切除で小さく減量して、生活の質を向上させる程度に留まります。外科的切除が不可能であれば、放射線療法や化学療法があります。犬で...
  • 小さくてもひとつのいのち〜もねペットクリニック〜もねペットスタッフさんのプロフィール
もねペットスタッフさん
  • 犬の肛門周囲腺腫
  • らゲン君は少し覚醒し始めています。摘出した肛門周囲腺腫の組織です。下写真は顕微鏡写真の中拡大像です。さらに強拡大像です。下写真の肛門周囲腺は形態的に肝臓の細胞に似ています。この肝様細胞に類似する多角形腫瘍細胞の島状増殖より患部は構成されています。肛門周囲腺腫は良性腫瘍であり、リンパ節への浸潤・他の組織への遠隔転移もなく、完全摘出で90%以上が完治するとされています。ゲン君は15歳という高齢での手術でしたの...
  • 小さくてもひとつのいのち〜もねペットクリニック〜もねペットスタッフさんのプロフィール
ひろた歯科通信さん
くすり.netさん
  • イマチブ100mg10錠口コミ調査結果「ペットのお薬」
  • la)社製のお薬で、グリベック(ノバルティスファーマ)のジェネリック品です。イマチブは、c-kitという細胞膜にある受容体に作用する分子標的薬で、犬の肥満細胞腫と消化管腫瘍への作用が期待されています。腫瘍細胞に発現している変異したc-kitに作用し、腫瘍の進行を遅らせる効果があります。正常細胞には作用せず、c-kitに変異のある腫瘍細胞のみに作用するので、従来の抗がん剤に比べて副作用が少なく安全性の高いお...
  • くすり.net.TOKYOくすり.netさんのプロフィール
ごっとさんのブログさん
  • 悪性脳腫瘍をポリオウイルスで治療
  • 的治療法が開発され、その一つに腫瘍溶解性ウイルスの利用が注目されています。多くのウイルスはヒトの細胞に感染して増殖し、最終的に感染した細胞を殺してしまいます。このような細胞溶解性ウイルスは、もしうまく腫瘍細胞だけでウイルスを増殖させることができれば、腫瘍を殺す腫瘍溶解性ウイルスとして発展する可能性を持っています。またすべてのガン細胞を殺せなくとも、一部のガン細胞を溶解させることで、炎症や免疫反応を誘導して...
  • ごっとさんのブログごっとさんのブログさんのプロフィール

腫瘍細胞を含むブログ村メンバー

  •  
アケビさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

腫瘍細胞について