川砂

川砂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [川砂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

川砂を含むブログ記事

ポニークーパーさん
ケイティのパパ&ママさん
junさん
  • ミセバヤ 色々
  • 名のタマノオ(玉の緒)はその花を玉に例え、茎の玉を綴った紐になぞらえたものという。盆栽会ではヒダカミセバヤ、ゴケンミセバヤ、ミツバミセバヤが多く作られている。5月頃根分け、挿し木などで繁殖する。用土は川砂がよく、赤玉を少量混入してもよい。1年に2〜3回、油粕の練球を与えるだけでよく繁殖し、盆栽の下草として観賞できるようになる。 * 以上が「盆栽大辞典 日本盆栽協会編」に記されているミセバヤです。 * ...
  • 山野草・還風庵junのブログjunさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181019-11
  • -CASTニュース本書『地図の歴史』(講談社学術文庫)は、これが3代目となるロングセラーだ。1973年に単行本として出版。翌年には世界篇、日本篇(大幅加筆)の講談社現代 ... 連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」 高津物語タウンニュースこの陳情をあざ笑う様に多摩川は明治四〇年、四三年、さらに大正三年と立て続けに三回の大洪水が起こり、ますます多摩川築堤の早期達成が必要不可欠で ... 動画:古代ギリシャ...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
はちろうさん
  • 姫高麗芝を剥がして西洋芝(寒地芝)に張り替える@関東
  • 点を補う形で改良されているので、夏に強い種になっているとの事。即刻、TYEEという種を購入しました。寒地芝用に2度目の床土改良。15平米の庭を、15センチを目標に再度土を掘ります。 そこに10センチの川砂を入れ、ピートモスなどの改良材を混ぜます。1、5トンの土を廃棄し、1、5トンの砂をダンプで流し入れ・・・あほでしょ?で、Tyeeを植えました。植えてから1週間で発芽し、2週間である程度様になってきまし...
  • 注文住宅で幸せ家族生活はちろうさんのプロフィール
大滝七夕さん
  • ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 宅建業法2 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))
  • ことはない。換気が行き届いており、下座に正座する若者のところまで漂ってくることはない。 純和風でありながら、この屋敷の中には、最新の設備が取りつけられているのだ。 掃き出し窓の向こうには、薄闇の中、白川砂利を敷いた枯山水風の庭園が広がっている。石灯籠のボウッとした光が辺りの白川砂利を血を散らしたように赤く染めていた。「まさか、奴らが、打ち首になったわけではあるまいよ」 老人――成金組組長成金譲治が、怪...
  • 行政書士事務所で働く小説家 大滝七夕の裏ブログ大滝七夕さんのプロフィール
としさん
  • 「廃線跡」を眺めていたら、私の耳には、、、、この歌が鳴ってしまった。
  • 「相模大塚駅」まで、貨物列車が走っていました。実は、「相模鉄道」と言うのは、元々、「貨物輸送」が主体の鉄道会社でした。この「燃料輸送」の前にも、この相模鉄道は、貨物輸送が主体でした。それは、相模川の「川砂利輸送」です。今も、JR相模線の「厚木駅」の隣に「相鉄」の車庫が、見えているのですが、ここ、元々、相鉄が「相模川」の「川砂利」を積み出すための「貨物駅」だったそうです。今でこそ、コンクリートの原材料と...
  • アマチュア「とし」の写真集としさんのプロフィール
kiさん
  • 須万 金峰の謎 スタンフォード大学の日本地図で遊んでみる
  • が集まっちゃうともう言い逃れは出来ない(笑)。何時の時代かは解らないけど、この地域は当時としては砂鉄のメッカだったのであろう。山陰の鉄穴流しみたいな大規模な砂鉄採取ではないだろうけど、錦川本流や支流で川砂鉄をさらい、山間部では地山を掘り崩して山砂鉄を採ったのである。鉄穴流しが始まるまではそれが普通の砂鉄採取だったのであろうから。ここで見られる製鉄地名(産鉄)カニ → 蟹 鉄など金属の意、カネの変化カネ...
  • 日本語は解らないkiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • ティムール亡き後のティムール朝(17)〜高い山〜
  • 、キルギスのアライ渓谷の氷河を源流とするヴァフシュ川と合流してやがてアムダリヤ川となってアラル海に注ぐ。(※現在は、河口部はほぼ干上がっている)。アムダリヤ川だけでも延長2574kmを誇る流れは大量の川砂を彼方此方に運び、カラクム砂漠やキジルクム砂漠、河口デルタを形成した。そのことによって、アラル海南岸の肥沃なデルタ地帯には約5千年前から人が住み始めて、農業を中心とした生活が営まれていたことなどが様々...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
algernonさん
  • 1平米の芝生2
  • ても少し砂が混じった園芸用の土にしか見えません。 これなら砂で水増ししてもいいんじゃない?ということで砂を用意しました。 砂とだけ書いたものに、200円以上出すのは心苦しかったのですが、川でマジものの川砂を採取して運ぶのも骨が折れそうだったので。 そう、この砂かなり重いです。いかに普段使っている園芸用土や堆肥が軽いかがわかります。 通気性を良くするために比重が軽いもの足しているのでしょう。すでに敷いた...
  • アルジャーノンの庭algernonさんのプロフィール

川砂を含むブログ村メンバー

  •  
アンぽんさん