ヨーゼフ・シュトラウス

ヨーゼフ・シュトラウスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ヨーゼフ・シュトラウス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ヨーゼフ・シュトラウスを含むブログ記事

SCARECROWさん
  • 今年の趣味
  • ックは大学時代、ビンボーなのでNHKラジオでやるやつをテープに録音してよく聞いていました。カラヤンとかアシュケナージが多かったかなあ。でも、たまにはいいですね。意外によかったのがヨハン・シュトラウスとヨーゼフ・シュトラウスの合作のピツィカート・ポルカとヨハンの新ピツィカート・ポルカ。コンサートマスターのバイオリニストの扇谷泰明さんが指揮者の現田茂夫さんに「(弦を指ではじくピツィカートを)2曲も弾かせないでよ。指に水ぶく...
  • 初心者大家SCARECROWさんのプロフィール
風だよりさん
  • 「ウイーン・フィル ニューイヤーコンサート2019」(録画)を見て
  • ◇◆◇◆◇演奏会は、例年どおり、第1部と第2部の2部構成。第1部の最初の曲は、★ 「シェーンフェルト行進曲」(カール・ミヒャエル・ツィーラー作曲)で幕を開けた。以下、★ワルツ「トランスアクティオン」(ヨーゼフ・シュトラウス作曲)と続いた。この曲は、前述の日墺修好通商航海条約締結後150年にあたるので、選ばれたそうな。日本庭園がシェーンブルン宮殿とウィーン市内にあるという。後者は、世田谷公園といい、1992年に作られたと...
  • 松原湖高原☆風だより風だよりさんのプロフィール
人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
ともやん企画さん
  • ニューイヤーコンサート1979 ボスコフスキー 古き良き時代の響き
  • ワルツ《酒・女・歌》作品333(ヨハン・シュトラウス2世)ワルツ《ヘラインシュパツィールト》 作品518(ツィーラー)ワルツ《わが家で》 作品361(ヨハン・シュトラウス2世)ポルカ《風車》作品57(ヨーゼフ・シュトラウス)チク・タク・ポルカ 作品365(ヨハン・シュトラウス2世)ピチカート・ポルカ(ヨハン・シュトラウス2世、ヨーゼフ・シュトラウス)ワルツ《天体の音楽》作品235(ヨーゼフ・シュトラウス)ポルカ《狩り》...
  • クラシック名盤 聴かずに死ねるかともやん企画さんのプロフィール
鞠子さん
  • ナミダのクッキングNo.2295
  • みませんm(__)m)、出入りするたびに、大きなコントラバスを抱えて必死に歩いてる様が滑稽で(←もう一度、謝ります)、ほほえましくて、幸せ感満載になるのである。もちろん、コミックバンドではありません。ヨーゼフ・シュトラウスの『大急ぎで』『ごちゃまぜ料理』など、超絶技巧で、「楽譜を見たら音符で真っ黒じゃないか」と心配になってしまうほど。それをこともなげに、楽しげに、奏でる。8人、息ぴったり。アイコンタクトすらしなくても全...
  • ナミダのクッキング鞠子さんのプロフィール
遼さん
  • ヨーゼフ・シュトラウス「天体の音楽」 +「金星(宵の明星)の軌道」その後
  • 。 まず、元日のウィーンフィル・ニューイヤーコンサート。指揮はクリスティアン・ティーレマン。落ち着いた感じで、音も重厚。いい感じだなと思いました。演奏曲目を見て、この曲が入っていて嬉しいと思ったのが、ヨーゼフ・シュトラウスの「天体の音楽」(Sphärenklänge)op.235.「天体の音楽」とタイトルだけ聞くと、ルーズ・ランゴー(Rued Langgaard)の方を先に連想してしまった…という脱線は置いておいて。 ...
  • 見知らぬ世界に想いを馳せ遼さんのプロフィール
くらしかるさん
ともやん企画さん
Ruruaさん
  • 謹賀新年 2019 平成31年
  • は女性たちに口づけしたけれど」イヴァノヴィチ:ワルツ『ドナウ川のさざなみ』第二部ヨハン・シュトラウスII世:オペレッタ『こうもり』序曲レハール:オペレッタ『微笑みの国』より「私の心のすべては君のもの」ヨーゼフ・シュトラウス:『天体の音楽』作品235ヨハン・シュトラウスII世:ポルカ・シュネル『雷鳴と稲妻』作品324ヨハン・シュトラウスII世:オペレッタ『女王陛下のハンカチーフ』より ワルツ「南国の薔薇」作品388 ロン...
  • ぴんとくる名前がないRuruaさんのプロフィール
メリーウイロウさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

ヨーゼフ・シュトラウスについて