藤原俊成

藤原俊成についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [藤原俊成] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

藤原俊成を含むブログ記事

館長さん
  • 2018年11月04日のつぶやき
  • u / 占い師 右京RT @mainichi_kotoba: 【87%読めた】身に入む(みにしむ)⇒秋の冷気が痛切に感じられること。一般的には「身に染(沁)みる」だが季語としては主に「入」が使われる。藤原俊成の「夕されば野辺の秋風身にしみて鶉(うずら)鳴くなり深草の里」から生まれた季語という。「艶… at 11/04 16:12fortune_ukyou / 占い師 右京RT @IwnmPromotion...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
rh1さん
  • #2217 契りおきしさせもが露を命にて ・・・他一首
  • 大臣」とは従一位藤原忠通のこと。一方、この歌を詠んだ藤原基俊は忠通より37歳年長ですが、同じ藤原北家でありながら最高位は従五位上左衛門佐止まり。ところが歌人としての基俊は勅撰集に105首も入集し、後年藤原俊成を入門させるなど、平安後期の歌壇の重鎮でした。また漢詩や書家としても名を残す教養人でありました。そんな基俊の歌をもう一首。こちらは「小倉百人一首」75番に選ばれている有名な歌です。契りおきしさせもが露...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
九段で働くママさん
  • 歌合(うたあわせ)新古今時代の雅なバトル
  • 先日『新古今時代の歌合批評』(比治山大学講座)に参加しました1200年頃の歌合(うたあわせ)『六百番歌合』において判者(はんじゃ)の藤原俊成が出した評に歌人の一人である顕昭が『六百番陳状』を出して反論したものを教わりました歌合というのは主催者が声をかけた歌人らに歌題を与えておき(当座(即題)の場合もある)左右の二組に分かれそれぞれにリーダ...
  • しあわせ歴史ドライブby九段で働くママ九段で働くママさんのプロフィール
2010babaさん
  • 【どん兵衛】星野源が朗読する『絵本 どんぎつね』でヤバすぎ
  • 読人知らずの歌が多く載っていますが、編纂過程のいろんな段階で、いろんな人の歌が入ってきたと言われています。また藤原公任(きんとう)による、平安時代に優れた36人の歌を集めた『三十六人撰』や、定家の父・藤原俊成(としなり/しゅんぜい)による『俊成三十六人歌合』も、古今和歌集で読人知らずの歌に猿丸太夫という歌人を当てています。定家もこの経緯を十分承知の上で踏襲し、和歌集を編纂する過程で勅撰和歌集の『読人知らず...
  • ヘロヘロオトコのヘンポコ旅日記2010babaさんのプロフィール
殿上人夢穂さん
  • 岐阜から愛知へ。例の無料日帰りバス旅行でミカン狩りと竹島散策
  • からおみくじはひかないのでパスちゃんと、御参拝はさせていただきました 詳しくは↑で小さな島だけど、神社の境内には見上げる ような大きな樹もあり歴史を感じさせる 御祭神は市杵島姫命(いちきしまひめ)で 藤原俊成卿の勧請によって創建されたとか日本七弁財天に数えられるそうだけど 他の六つは曖昧。三大ならば琵琶湖の 竹生島、神奈川の江島神社、安芸の厳島 神社で、どこも行った事がある。元々が インドの河川の神(水の...
  • 殿上人日記殿上人夢穂さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

藤原俊成について