藤原俊成

藤原俊成についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [藤原俊成] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

藤原俊成を含むブログ記事

ひおいんさん
芳瑩さん
  • 嵯峨天皇第8皇女墓と落柿舎(らくししゃ)
  • 0年)23歳で出家して円位を名のり、後に西行とも称した。出家後は心のおもむくまま諸所に草庵をいとなみ、しばしば諸国を巡る漂泊の旅に出て、多くの和歌を残した。西行は院政期の実験的な新風歌人として登場し、藤原俊成とともに『千載集』の主調となるべき風を完成させ、そこからさらに新古今へとつながる流れを生み出した歌壇の中心人物であった。後鳥羽院をはじめとして、宗祇・芭蕉にいたるまで後世に与えた影響はきわめて大きい。...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
えだ山まめ子さん
  • 愛知音楽観光ツアー【その2:ホテルの庭・夜のバーと朝食編】
  • へ向かうと・・・竹島への橋が。後ほど行くので、今はスルーします。海岸沿いは広〜い公園になっていて、トイレが充実(しかもキレイ)しておりました。公園に隣接してるどでかい『ホテル竹島』と、この辺りの名士・藤原俊成さん。・・・と、まぁ、かなりウロウロし、あの小高い丘にあるホテルまでえっちらおっちら歩いたので、いい加減お腹が減りました。朝食はホテルのメインダイニング、その名も『メインダイニング』にて。チェックイン...
  • 泥んこビションすばるのボサボサ日記えだ山まめ子さんのプロフィール
SORAさん
  • 6月8日(金)のつぶやき
  • コメントTweet«6月6日(水)のつぶやき |トップ |このブログの人気記事吉田松陰『東北遊日記』 1852年嘉永5年2月閏廿四日6月6日(水)のつぶやき本多静六氏の生涯五月の花橘西行と藤原俊成・定家父子との関係(1)概念とは何か(ノート3)『薔薇の名前』と普遍論争七十人訳聖書(ギリシャ語訳旧約聖書)岩間の真菰白川、高瀬川と夜桜最近の画像[もっと見る]2018年、平成30年の春2ヶ月前201...
  • 作雨作晴SORAさんのプロフィール
芳瑩さん
  • 京都嵯峨野を訪れる
  • の葉散れ ば、梢 に晴 るる月を見 るかな(西 行)あらしの山の端 に、ひとりぞ入りし有明の月(法 院静賢)をぐらの山の陰を見て、暮れぬと人の急ぐなるか な(道 命法師)?西行(1118〜1190)藤原俊成(藤原定家の父)とともに新古今の新風形成に大きな影響を与えた歌人で、季の歌はもちろんだが恋歌や雑歌に優れていた。後世に与えた影響はきわめて大きく、後鳥羽院は西行をことに好んだといい、宗祇・芭蕉にいたる...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
SORAさん
  • 6月3日(日)のつぶやき
  • グコメントTweet«5月31日(木)のつぶやき |トップ |このブログの人気記事岩間の真菰七十人訳聖書(ギリシャ語訳旧約聖書)吉田松陰『東北遊日記』 1852年嘉永5年2月閏廿四日西行と藤原俊成・定家父子との関係(1)五月の花橘源氏物語(1)光源氏の母、桐壺の更衣(桐壺考)小野の篁の詩の事5月31日(木)のつぶやき北東アジアの夢―――六カ国協議の遠い行方9月10日(木)のつぶやき最近の画像[...
  • 作雨作晴SORAさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

藤原俊成について