高師直

高師直についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [高師直] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

高師直を含むブログ記事

Hiikichiさん
  • 怪説・応仁の乱(6)〜山名氏の台頭と征西府〜
  • も、山名は足利方に付き活躍。それが認められて、政氏の嫡男・山名時氏は、尊氏の下で要職を得ていく。因みに、尊氏や直義の母は上杉清子で、清子は、時氏の母の従姉妹だった。尊氏が足利幕府を開いたとき、時氏は、高師直と共に直義派の与力として重用され、丹後、出雲、隠岐、更に若狭を与えられ押しも押されぬ大大名となった。師直と直義が対立した時、時氏は師直と手を組んだが、師直が滅ぼされると掌返しして直義に下る。そのような...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 怪説・応仁の乱(1)〜足利家内改革〜
  • 出家遁世を口にするようになった。しかし家臣団には認められず、それならばと、政治の事は次弟・直義に全て任せ(押し付け)、自らは軍事にのみ関与します。その事も要因となり、足利家の大番頭でもある高氏を率いる高師直と直義が政治的に激しく対立。高氏が離反することを恐れた尊氏は、直義を出家させ、嫡男義詮を二代将軍に指名する。義詮の補佐役には師直を指名して事態の収拾を図ろうとした。が、これには直義派が激しく反発して、...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
てくっぺさん
  • とでんものがたり・33系統=四谷三丁目〜浜松町一丁目
  • 、嘆く2人に伊右衛門と直助は仇を討ってやると言いくるめ、伊右衛門と岩は復縁し、直助と袖は同居します。 田宮家に戻った岩は産後の肥立ちが悪く、病がちになったため、伊右衛門は岩を厭うようになります。また、高師直の家臣伊藤喜兵衛の孫・梅は伊右衛門に恋をし、喜兵衛も伊右衛門を婿にしたいと思うようになりました。 そこで、高家への仕官を条件に承諾した伊右衛門は、按摩の宅悦を脅して岩と不義密通をはたらかせ、それを口実...
  • 高橋さんの写真館(分館)てくっぺさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

高師直について