2018年問題

2018年問題についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [2018年問題] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

2018年問題を含むブログ記事

ネタ速管理人さん
26さん
  • 【悲報】少子化で大学淘汰の時代へ、数十校が倒産の恐れ
  • 超えていましたが、その後減少に転じ、2017年には120万人へ4割減少、2031年には100万人を切ると予想のされています。 その結果が、全国に600校余りある私立大学の「大学淘汰時代」の幕開け(=2018年問題)です。 続きは以下よりhttp://feel-japan.net/?p=5985続きを読む...
  • ぶる速-VIP26さんのプロフィール
おっこちゃんさん
  • 派遣社員の直接雇用面接のロープレでの出来事
  • 最近2018年問題について書いていたら、僕にとって印象深い出来事を思い出しました。 それは、ある派遣社員が就業先で直接雇用になるための面接があるので、僕が面接官の役割でロープレをして貰えないかと頼まれた時のことです。...
  • ブログアフィリエイトをするシニア おっこおっこちゃんさんのプロフィール
msatowさん
  • 今年度2回目の公募面接
  • スマートフォン用の表示で見るとある大学教員の日常と雑感2018-10-04今年度2回目の公募面接大分、日が経っているのですが、9月初旬に行ってきたアカポス公募面接について書きたいと思います。結果が出て...
  • とある大学教員の日常と雑感msatowさんのプロフィール
おっこちゃんさん
  • 2018年問題で起きている派遣切りが話題にならない不気味さ
  • 18年も10月を迎え、気がつけば3年前の9月30日が派遣法が改正され派遣期間が原則3年上限となったので、10月1日は3年を超えた初日ということになります。 それにしても、世間は不気味なほど静かです。 2018年問題で指摘されている派遣切りも静かに行われているのでしょうか。 派遣村という言葉がはやったのが、ちょうど10年前でしたが、それと比べると生活にかかわる大きな問題なのに、どうしてこれほど静かなのでしょうか。...
  • ブログアフィリエイトをするシニア おっこおっこちゃんさんのプロフィール
MAAYAさん
  • 【9月最終日】9月の振り返り。
  • バリウム人生が、大きく変わる!!! 色々をご縁のおかげで、11月からいくつか同じようなハーバリウムワークショップのお仕事を頂けそうです これまで3年間続けてきた、派遣社員のお仕事がいよいよ来月で終了。2018年問題!2015年の派遣法改正から3年になるので、これから3年満了を迎える派遣スタッフが、たくさん溢れます。 直接雇用になる方もいれば、違う派遣先を探す方もいて、この派遣法改正で人生が大きく変わる方もいるか...
  • 真実を彩るTCカラーセラピー&パワーピアス/YA-COLORMAAYAさんのプロフィール
おっこちゃんさん
  • 出生数は2017年で2年連続低下で自然減も最多だが、これは何を意味するか
  • もとは通い婚がもっともなじんでいたように思えますが、婚外子が極端に少ない日本や韓国と、半数近くとかそれ以上である欧米の国々を、ここでも比較してみるとよいかと思います。 それと、なんといっても、先日の2018年問題で雇い止めされる派遣社員について書きましたが、労働者もさりながら、子供とか子供を育てる親とかへの保護が少ないのが現在の日本社会だろうと思います。 この場合の保護とは、決して制度的な面ばかりを指してい...
  • ブログアフィリエイトをするシニア おっこおっこちゃんさんのプロフィール
おっこちゃんさん
  • 2018年問題で派遣社員の雇い止めについての思い
  • 止めになったことについて、思うところを書こうと思います。 【17年勤務 58歳で突然雇い止め】17年勤務していた58歳女性に突然の契約終了の通告。なぜいまなのか。非正規労働者の雇用形態が大きく変わる「2018年問題」が、影を落とす。 https://t.co/8unGJY8zYZ― Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) 2017年12月19日 この記事は、「3カ月更新の契約で17年勤務&#...
  • ブログアフィリエイトをするシニア おっこおっこちゃんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

2018年問題について