血漿

血漿についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [血漿] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

血漿を含むブログ記事

ちくてつさん
  • 外来抗がん剤治療の「落とし穴」
  • やご家族に害が及ばないように』という小冊子を作成しているが、その中の「ご家族やご家庭への曝露を回避するために」は次のように記している。《抗がん剤の多くは、尿中に投与した量の約10%が排泄され、注射剤で血漿蛋白との結合性が低い薬剤では投与してから約2日で排泄されると知られています。 このことから米国国立衛生研究所(NIH)では、抗がん剤投与を受けた2日間は、?抗がん剤投与を受けている人の血液、尿、便、吐...
  • ちくてつのブログちくてつさんのプロフィール
アルハカさん
sentyoさん
  • アルブミンの 適正使用?ビックリポン。
  •   アルブミンの適正使用?・・・・難しいもんだいですね〜/。アルブミンは、約600個のアミノ酸からできた分子量約66,000の比較的小さなタンパク質です。そして、アルブミンは血漿タンパクのうち約60%を占めており、100種類以上あるといわれる血漿タンパクの中で最も量が多いタンパク質です。そのため、アルブミンは血漿タンパクの中で、血管内に水を保持する働きが最大です。このことによ...
  • ビックリポン天草市医師赤ベーsentyoさんのプロフィール
kawanishiさん
  • 第4回肝炎学術講演会 2018.10.11 武蔵野の泉並木先生の話
  • 検査装置にのせることが出来ればと考えた。アボットラブラトリー グローバルな会社診断薬が大きな4柱の一つ問題点は4つ1全自動測定手作業なしの希望 手で希釈して装置に入れてた2従来法との測定値との相関性3血漿しかつかえなかった、血清が使えるように4カットオフ付近の精度ばらつき4については、感度のばらつき 上限値が高く、0〜の感度が幅が狭かった新しい試薬を作ることになったプロトロンビンのビタミンK不足ででき...
  • 肝臓病と共に生きる人たちを応援しますkawanishiさんのプロフィール
犯罪被害=自己免疫追跡システムで個人のみ追尾。MHCさん
  • 精神ストレス対策法
  • が苦しい、酷い場合。原因は「体内汚染だ」日水清心丸。1個=3500円。僕から買えば2500円。「ピンはねはゼロですから安心ください」これを飲んでいれば「死なないだろう」と思えるものです。「体内汚染=敗血漿にも効果があります」ちなみに「体内汚染=病院だと抗生物質くらいしかありません」ばい菌をやつける=病院の抗生物質肝機能を高める=日水になります。ちなみに最近「この高価な日水」ですが中国だと「10分の1の...
  • 犯罪被害=自己免疫追跡システムで個人のみ追尾。MHC犯罪被害=自己免疫追跡システムで個人のみ追尾。MHCさんのプロフィール
管理人さん
  • 一応飲んでます
  • 診断 糖尿病かどうか、診断基準は決まっています。 日本糖尿病学会によると、 1. 空腹時血糖値≧126mg/dl、75gOGTT2時間値≧200mg/dl、随時血糖値≧200mg/dlのいずれか(静脈血漿値)が、別の日に行った検査で2回以上確認できれば糖尿病と診断してよい。血糖値がこれらの基準値を超えても1回 …NHKにアンケート送りました。 2016年9月23日の記録数日前に、NHKオンラインからメ...
  • トウシツセイゲニストノキモチ管理人さんのプロフィール
K-LOG!さん
  • 採血量アップで疲労もアップ! 血小板成分献血の基準が変更に!?
  • 細胞を沈殿させて集めることができるのです。遠心分離では、重たいものは下へ、軽いものは上へ行くという性質があります。細胞は重たいので下層へ、そのほかは軽いので上層へと分かれるかのです。血液の55%程度は血漿と呼ばれる成分でできており、黄色い色をしています。そして、血漿の直ぐ下の層には血小板があり、血液の1%程度です。その下には白血球、赤血球と連なる層になります。「血漿」と「血小板」だけをドナーから回収し...
  • K-LOGK-LOG!さんのプロフィール
血液の鉄人さん
  • HIV検査の種類について−2.第三世代抗体検査−
  • を使った測定法です。一般的には、96のウェル(穴)を持つマイクロプレートを使い、このウエル内部の表面にHIV抗原を吸着(コーティングとか固相化とも言います)させて使用します。このHIV抗原は、血清又は血漿中にあるHIV抗体を補足するために使われます。HIV抗原を吸着したウエルに血清または血漿を加えて一定温度で一定時間放置し、ウエルを薬品で洗浄しそこに酵素標識抗体を加え更に一定温度で一定時間放置し、ウエ...
  • 血液の鉄人のささやき血液の鉄人さんのプロフィール
とりっくさん
  • 代謝・排泄【第2章の覚え方】
  • も、かなり強い代謝活性があることが明らかにされている循環血液中に移行した有効成分の代謝と排泄代謝循環血液中に移行した有効成分は、主として肝細胞の薬物代謝酵素によって代謝を受ける多くの有効成分は血液中で血漿タンパク質と結合して複合体を形成する複合体を形成している有効成分の分子には薬物代謝酵素の作用で代謝されず、トランスポーター(*)によって輸送されることもない*トランスポーター:細胞膜の脂質二重層を貫き...
  • 絵で覚える登録販売者とりっくさんのプロフィール
カズさんさん
  • HELLP症候群関連の5題
  • /92mmHg。子宮底長31cm、腹囲95cm。下腿に軽度浮腫を認める。尿所見:蛋白2+、糖(−)。血液所見:赤血球450万、Hb 13.0g/dL、Ht 42%、白血球10,300、血小板7.0万、血漿フィブリノゲン432mg/dL(基準200〜400)。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dL、アルブミン4.0g/dL、総ビリルビン1.6mg/dL、直接ビリルビン0.3mg/dL、AST 184IU/...
  • 医療関係資格試験マニアカズさんさんのプロフィール