保元

保元についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [保元] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

保元を含むブログ記事

東海林直人のゴロテマ日本史さん
徒然草紙さん
  • 『新・平家物語』1 吉川英治
  • 読む、などということをしています。様々な物語が頭の中を駆けまわっているようで、けっこう、楽しいですね。というわけで、『新・平家物語』です。1巻では、まだまだ、平家一門は物語の中心に出てきてはいません。保元の乱前夜、いわゆる「武者の世」が始まる直前の社会の様子が生き生きと描かれます。印象的なのは何んといっても、平清盛が、強訴におよぶ山門大衆がふりかざす神輿を矢で射る場面ですね。血反吐を吐いて死ぬぞ!とお...
  • 徒然草紙徒然草紙さんのプロフィール
KEIBAのケイちゃんさん
  • 2019日経新春杯予想【ウイニング競馬】ジャンポケ斉藤、キャプテン渡辺
  • ? 各5000円????東スポ記者・虎石?◎?ムイトオブリガード〇?グローリーヴェイズ▲?シュペルミエール△?ウインテンダネス△?ルックトゥワイス △?ノーブルマーズ △?ロードヴァンドール ??大久保元調教師◎?ムイトオブリガード〇?グローリーヴェイズ▲?ウインテンダネス △?エーティーサンダー△?シュペルミエール△?ルックトゥワイス??引用先ウイニング競馬詳しくはテレビ東京」で!!??ポチっと応援...
  • こじはる、競馬予想家、競馬記者予想まとめブログ!KEIBAのケイちゃんさんのプロフィール
Bigbossmanさん
  • 天皇退位と怨霊
  • が治天の君の場合は院政、天皇だった場合は親政と呼びます。・・・ここまで長々と説明してきましたが、いったい何人の方が読んでくださってるでしょうか。やっと怨霊の話に入ることができます。怨霊と化した崇徳上皇保元元年(1156年)、鳥羽天皇が崩御すると、崇徳上皇と後白河天皇の兄弟が治天の座をめぐって争い、後白河天皇が勝利しました。これが「保元の乱」ですね。戦いに敗れた崇徳上皇は、剃髪して投降しますが、讃岐国へ...
  • 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
東海林直人のゴロテマ日本史さん
  • サンフランシスコ講和会議(参加国)の覚え方◇B近現698
  • 加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«講和と安保条約(内閣と年代)... |トップ |このブログの人気記事歴代執権の覚え方◇S中世176保元の乱敗者の覚え方◇B中世158戦後景気の覚え方◇S南都六宗の覚え方◇B古代114滝口北面西面武士の覚え方◇B古代86最近の画像[もっと見る]村上天皇の覚え方◇B古代804年前古代東北経営(将軍6人)の...
  • 東海林直人のゴロテマ日本史東海林直人のゴロテマ日本史さんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都三十三間堂 楊枝の御加持と弓引初め 2019年1/13(日)
  • ともと主に楊で作られていました。室町時代には公家や武家の遊びとして、江戸時代には庶民のスポーツとしても親しまれ、祇園社や六角堂などの寺社付近に射場が設けられ、参詣者を集めたといいます。通し矢の起源は、保元の乱の頃(十二世紀中頃)熊野の蕪坂源太が崇徳上皇の 身方として京に馳せ参じたとき、三十三間堂の軒下を根矢をもって射通したのに始まると 云われる。 その後、応永ごろから天文ごろにかけて(十五、六世紀)、...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
甚兵衛さん
  • 横田八幡宮の謎深し
  • 字中村です。八幡宮ですから御祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后ですね。随神門を抜けたあたりから不思議な霊気が漂いはじめました。神奈備先生もお話しによれば「仁多大社とも云う。京都の石清水八幡宮の別宮で 保元三年(1158)の官符に社名あり。」と古い。建久三年(1192)源頼朝が選定させた出雲八所八幡の一つとも云う。 しかしその霊気はそんな曰く因縁では無いようでした。拝殿に上がる階段下に紅い実がついたふく...
  • 源流の森 風の便り甚兵衛さんのプロフィール
reichanさん
  • 〔御朱印〕赤坂氷川神社
  • 000年以上の歴史を有します。創祀から100年後の治暦2年、関東に大旱魃が発生、降雨を祈願するとそのしるしがあり、以来よく祭事が行われました。江戸時代に入り、幕府の尊信は篤く、8代将軍 徳川吉宗公が享保元年(1716年)、将軍職を継ぐに至り、同14年(1729年)に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(忠臣蔵・浅野内匠頭の夫人、瑶泉院の実家・浅野土佐守邸跡)に現社殿を建立、翌15年(1730年)4月26...
  • 旅と御朱印reichanさんのプロフィール
sugi/abikoさん
  • 隅田川七福神めぐり・・・1 多聞寺(毘沙門天)
  • できます。 隅田村地蔵講中の数年間にわたる作業行為を知り得る、貴重な資料といえます。 六地蔵の製作年代は右から、正徳三年(一七一三)二月吉祥日、同四年八月吉祥日、同三年八月吉祥日、同二年二月吉祥日、享保元年(一七一六)九月吉祥 日、同三年十月日と刻まれています。 平成四年三月 墨田区・・・・・多聞寺境内の墨田区の案内板 より・・・・平和観音像多聞寺(毘沙門天)本堂毘沙門天は、もとはインドの神様で、別名...
  • 写真で綴るすぎさんのブログsugi/abikoさんのプロフィール

保元を含むトラコミュ

平清盛
  • 平清盛
  • 平安時代末期,平氏の全盛期をきずいた武将。保元の乱・平治の乱で源氏をおさえて中央政界に進出し、1167年に太政大臣となり、むすめの徳子を高倉天皇の后(きさき)と...
  • トラックバック数:424 TB参加メンバー数:36人カテゴリー:歴史ブログ