高橋礼華

高橋礼華についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [高橋礼華] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

高橋礼華を含むブログ記事

つれづれなる日々♪さん
  • バド女子48年ぶりV 5連覇中の中国破る アジア大会
  • 国を3―1で破り、48年ぶりの金メダルを獲得した。第1シングルスの山口茜(再春館製薬所)は敗れたが、続く第1ダブルスの福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)はストレート勝ち、最後は奥原希望、高橋礼華、松友美佐紀組(いずれも日本ユニシス)がリオ五輪メダリストの実力をみせつけ、中国組を退けた。ジャンル:スポーツランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメン...
  • つれづれなる日々♪つれづれなる日々♪さんのプロフィール
エーゲさん
  • バドミントン・女子団体が48年ぶりの優勝 アジア大会
  • 兄 +.オメデトウ (´・ω・)パチパチ金メダルを手に笑顔を みせる奥原(前列中央)ら バドミントン女子団体の 選手たち女子団体決勝で優勝を決め 大喜びの日本チーム 右は優勝を決めた高橋礼華、松友美佐紀組団体はシングルス3試合とダブルス2試合のうち、3勝したほうが勝利します。シングルスで山口茜が敗れたが、続くダブルスで福島由紀、広田彩花組が勝利し、シングルスの奥原希望(23)も勝ち、最後...
  • 雑貨ワンダフルエーゲさんのプロフィール
polio0さん
さくらさん
  • 【快挙】バドミントン日本女子「黄金時代が始まる!!」
  • スの山口茜(再春館製薬所)が陳雨菲に敗れたが、第1ダブルスの福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が昨年の世界選手権優勝の陳清晨、賈一凡組にストレート勝ち。 奥原希望(日本ユニシス)、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)も勝った。  続きはこちら 【日時】2018年08月22日 17:56 【ソース】時事通信 [匿名さん] 続きを読む...
  • 芸能さくらchさくらさんのプロフィール
keiryukidさん
  • 積極的な誤変換対策で認識精度アップを計画
  • を3―1で破り、48年ぶりの金メダルを獲得した。第1シングルスの山口茜(再春館製薬所)は敗れたが、続く第1ダブルスの 福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)はストレート勝ち、最後は奥原希望、高橋礼華、松友美佐紀組(いずれも日本ユニシス)が リオ五輪メダリストの実力をみせつけ、中国組を退けた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...
  • 音声認識ソフトの実力評価と学習能力活用keiryukidさんのプロフィール
モリタックスさん
  • バドミントン女子が48年ぶり団体優勝 <アジア大会>
  • 、君を愛してるバドミントン女子が48年ぶり団体優勝 <アジア大会>クリップ追加絵画絵画2018/8/22(水) 午後 8:10金メダル おめでとう!バドミントン女子が48年ぶり団体優勝<アジア大会>#高橋礼華 #松友美佐紀#奥原希望Shin MORITA_HPちぇすと1234デザインショップ『もりたっくす』この記事に>芸術と人文>芸術、アート>絵画上白石萌歌さん 義母と娘のブルース宮?あおい さん ただ、...
  • ちぇすと123モリタックスさんのプロフィール
なおじいさん
  • 日本女子、48年ぶり金=アジア大会・バドミントン
  • シングルスの山口茜(再春館製薬所)が陳雨菲に敗れたが、第1ダブルスの福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が昨年の世界選手権優勝の陳清晨、賈一凡組にストレート勝ち。奥原希望(日本ユニシス)、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)も勝った。 ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«バド日本女子48年ぶり...
  • なおじいなおじいさんのプロフィール
ぽこさん
なおじいさん
  • バド日本女子48年ぶり金メダル 5連覇の中国撃破 奥原「日本が1番という証拠」
  • 年の世界王者ペアを2−0で退けた。 第3試合のシングルスは、昨年世界女王の奥原希望(日本ユニシス)が世界ランク7位のヘ・ビンジャオに2−1で勝利。第4試合のダブルスでは、リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が2−0で完勝した。© デイリースポーツ/神戸新聞社 奥原希望 5月の国別対抗戦ユーバー杯では、日本が37年ぶりに制覇。しかし、中国が準決勝で破れていたため、対...
  • なおじいなおじいさんのプロフィール
junさん
  • 松友美佐紀に彼氏の噂!?姉もバトミントンの選手で両親は?
  • ミントンを始めたきっかけ 松友美佐紀選手は6歳から競技に参加。その後小学時代、中学時代そして高校時代も全国大会で優勝という全国の頂点に立つというエリートコースを歩んできました。そしてリオオリンピックで高橋礼華選手と共にダブルスで世界の頂点へと登り詰めました。 そんな松友美佐紀選手がバトミントンを始めたきっかけとはどのようなものだったのでしょうか? 松友美佐紀選手が5歳の時に、姉が母親の影響でバトミントンを...
  • らびりんとjunさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

高橋礼華について