インド軍

インド軍についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [インド軍] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

インド軍を含むブログ記事

r-m-hiroさん
  • 日印の連携強化が必要不可欠な理由
  • インドと日本はここ数年のモディ首相・安倍首相の毎年の相互訪問を見るまでもなく、蜜月関係にあります。その背景を本記事により見てみましょう。 ■少し前までブータン西部のドクラム高地でインド軍と中国軍が対峙していたが、この対立でインドを支持した唯一の国は日本だった。■北朝鮮はミサイル発射と核実験によりアメリカに脅威を与えているが、もしアメリカとの軍事衝突となれば日本と韓国をミサイル攻撃によ...
  • 生き方を真剣に考えるr-m-hiroさんのプロフィール
ruru112233さん
  • コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN09「朱禁城 の 花嫁」
  • 舞台は中華連邦に移ります。それぞれの思惑が渦巻く中華連邦でルルーシュはどんな一手を打つのか?!あらすじ黒の騎士団は100万人の日本人と共に中華連邦の権力者である大宦官が用意した人工島「蓬莱島」に移る。インド軍区から新たなKMFや戦艦「斑鳩」が到着し、黒の騎士団はさらに勢力を拡大していた。司令部でカレンはディートハルトへの不安を口にする。だがルルーシュは時に独断行動を取るディートハルトの意図を読んでおり、む...
  • アニヲタブログruru112233さんのプロフィール
愛馬良将さん
  • <日印首脳会談>「一帯一路」けん制 共同開発、中国に対抗
  • この地域の北側は、中国との国境に位置するが、現在も国境が画定しない係争地だ。 インド政府はこの地域の戦略的な重要性から日本の参入を強く求めた。外務省関係者は「誰も口には出さないが、道路があれば、有事にインド軍の輸送路になる」と説明。中国をけん制する意味合いがあるのは明白だ。日本政府は、インド西部のムンバイとアーメダバード間の新幹線技術を導入する高速鉄道建設でも1000億円の円借款を決めた。デリーとムンバイ...
  • ルパン反省愛馬良将さんのプロフィール
梅丸勝吉さん
蓬莱島山人さん
  • 北朝鮮情勢に厳重注意!(続)
  • 争以降では最も深刻な状態に>中国共産党はこのほど、国境を接する大国インドに厳しい警告を発した。両国は、かねてから国境紛争をかかえており、最近も中国は国境付近で実弾演習を実施した。一部ではこの演習によりインド軍にかなりの数の死傷者が出たとの報道が流れたが、両国政府が共に否定した。この6月にはインド軍が、両国が帰属を争うシッキム州の国境を越える事態が発生した。これを受けて中国共産党の機関紙、環球時報は7月18...
  • 蓬莱の島通信ブログ別館蓬莱島山人さんのプロフィール
狂志郎さん
  • インパール作戦従軍記 一新聞記者の回想
  • 、毒虫、蛭と、こんな所で寝食など出来たものではない。?昭和19年1月7日、参謀総長がインパール作戦を認可。さらに南方軍総司令官寺内大将を通じて方面軍から第十五軍に下達。対するは英印軍、つまりイギリス、インド軍だが日本側にもインド軍が参加。インド独立義勇軍である。?方面軍兵力は総勢13万。牛、馬、象も連れて行くという途方もない計画で、作戦の趣旨は援蒋ルートの遮断、重慶政府の屈服と日中戦争の終結。インド独立の...
  • 居眠り狂志郎の遅読の薦め狂志郎さんのプロフィール
KSM WORLDさん
  • インドが中国との対峙問題で日本に謝意 「公然と無条件の支持をしてくれた」
  • 、インドと中国が両国とブータン3カ国の国境付近で対峙(たいじ)した問題で、インド政府が日本政府に、インドの立場を支持したことへの謝意を伝えていたことが8日までに分かった。日印は、中国をにらんだ自衛隊とインド軍の共同訓練の拡大でも正式に合意している。モディ印首相との首脳会談で、安全保障での協力が加速しそうだ。http://www.sankei.com/world/news/170909/wor1709090...
  • 真実を追求する KSM WORLD NEWSKSM WORLDさんのプロフィール
はやさかさん
メルクリウスさん
miraimaさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

インド軍について