大統領補佐官

大統領補佐官についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大統領補佐官] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大統領補佐官を含むブログ記事

ペタワロスwwwwwwwwwさん
月灯り 探歩さん
  • トランプ米大統領がNATO離脱意向。 世界が激変の予感。
  • トランプ氏は昨年7月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議の前後、軍事同盟の必要性に疑問を呈し、政権幹部らに離脱したいと語っていた。いずれも非公式の場での発言だった。 マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の説得に追われる一方、首脳会議開始前に加盟国間で合意文書を作り上げるよう急がせたという。」 これはまた凄いニュースが飛び込んできた。マティス前国防長官は、解任された。ボ...
  • ゆる〜いリタイアの日々月灯り 探歩さんのプロフィール
じゃぱそくさん
  • 米国トランプ大統領、NATO離脱意向
  • は昨年7月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議の前後、軍事同盟の必要性に疑問を呈し、政権幹部らに離脱したいと語っていた。いずれも非公式の場での発言だった。   マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の説得に追われる一方、首脳会議開始前に加盟国間で合意文書を作り上げるよう急がせたという。 (2019/01/15-15:53) 時事ドットコム https:...
  • じゃぱそく!じゃぱそくさんのプロフィール
わんでい管理人さん
  • 【米国】トランプ大統領、北大西洋条約機構(NATO)から離脱したいとの意向
  • は昨年7月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議の前後、軍事同盟の必要性に疑問を呈し、政権幹部らに離脱したいと語っていた。いずれも非公式の場での発言だった。   マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の説得に追われる一方、首脳会議開始前に加盟国間で合意文書を作り上げるよう急がせたという。 (2019/01/15-15:53) 時事ドットコム https:...
  • ワンdayワンnewsわんでい管理人さんのプロフィール
遼さん
  • 【米国】トランプ大統領、NATO離脱意向
  • は昨年7月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議の前後、軍事同盟の必要性に疑問を呈し、政権幹部らに離脱したいと語っていた。いずれも非公式の場での発言だった。   マティス前国防長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の説得に追われる一方、首脳会議開始前に加盟国間で合意文書を作り上げるよう急がせたという。 (2019/01/15-15:53) 時事ドットコム https:...
  • かたすみ速報遼さんのプロフィール
遼さん
  • 【物言う大統領】「クルド人攻撃なら経済的大打撃」トランプ氏(米国大統領)、トルコに警告
  • )などは、米国がテロ組織に指定しているトルコ国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)の分派だとツイッターで指摘し、クルド人部隊への対決姿勢を改めて鮮明にした。  米国は事態収拾のためボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を8日にトルコに派遣。だがボルトン氏が訪問直前に「クルド人部隊を攻撃しないことをトルコが約束することが撤収の条件」と表明したことにトルコのエルドアン大統領が強く反発、会談を断ら...
  • かたすみ速報遼さんのプロフィール
ebisenさん
  • トランプ政権、イラン攻撃を一時検討…在イラク大使館地区攻撃を受け!
  • 首都バグダッドの米大使館がある外国公館地区がイランの支援を受ける武装勢力に攻撃されたことを受け、対イラン武力行使を一時検討したと報じた。実際に攻撃は行われなかったが、攻撃計画を主導したとされるボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の強硬姿勢を反映した動きと言える。 》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。   https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011...
  • まとめる@うぇぶんちebisenさんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • トランプ流通商強硬策の真の狙いは何か?!
  • ている。過去1年間、関係国と水面下で周到な準備、協議を行っていることを物語っている。4、ホワイトハウス、主要閣僚ポストをトランプ好みに固めた大統領 トランプ大統領は、2017年1月20日の就任式以来、大統領補佐官を含む主要な補佐官、長官の辞任、解任が頻繁に行っており、2018年に入っても3月にゲーリー・コーン大統領補佐官兼国家経済会議議長(後任は保守派経済評論家ラリー・クドロー氏)、続いてレックス・ティラーソ...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール
板垣英憲さん
  • 第1回「権力を知り」と「政治を考える」〜『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」
  • 理事長を切り捨てた檀帝/「第2の日本」北朝鮮で、「富士山血脈派」(母系)が、朝鮮人の血が濃い「白頭山血脈派」(母系)の大粛清を断行中だ藤堂 旭/トランプ大統領は、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を軽はずみに手離したことを惜しむ檀帝/トランプ大統領は、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を軽はずみに手離したことを惜しむ檀帝/金正男氏暗殺の背景には、何と、米国ヒラリー・クリントン元...
  • 板垣 英憲(いたがき えいけん)ニュースにブログ板垣英憲さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

大統領補佐官について