米国科学アカデミー紀要

米国科学アカデミー紀要についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [米国科学アカデミー紀要] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

米国科学アカデミー紀要を含むブログ記事

白馬錦さん
  • 南極の氷解速度、6倍に加速
  • いのではないでしょうか。さて、話は変わって、今日のニュースを見ると、温暖化に関する話題がありました。地球温暖化の進行により南極の年間氷解速度が過去40年間に6倍に加速しているとの研究結果が発表された。米国科学アカデミー紀要誌に掲載されたもので、この状況が続けば今後数世紀の間に海面が数メートル上昇する可能性があるとみられている。研究は東南極氷床の端の部分が解けており、海面上昇を助長していると指摘。西側で発生しているような...
  • Free Snow白馬錦さんのプロフィール
たぁままさん
  • 南極の氷解速度 過去40年で6倍に加速
  • [オスロ 14日 ロイター] - 地球温暖化の進行により南極の年間氷解速度が過去40年間に6倍に加速しているとの研究結果が発表された。米国科学アカデミー紀要(PNAS)誌に掲載されたもので、この状況が続けば今後数世紀の間に海面が数メートル上昇する可能性があるとみられている。 研究は東南極氷床の端の部分が解けており、海面上昇を助長していると指摘。西側で発生...
  • すぐ教えたいニュースがあるの❣たぁままさんのプロフィール
猫さん
  • 南極の氷解速度、過去40年で6倍に加速
  • あるからね。日本は基本『温暖化ビジネス』のために言ってる部分もある。で、温暖化なの?氷河期突入なの?地球温暖化の進行により南極の年間氷解速度が過去40年間に6倍に加速しているとの研究結果が発表された。米国科学アカデミー紀要(PNAS)誌に掲載されたもので、この状況が続けば今後数世紀の間に海面が数メートル上昇する可能性があるとみられている。研究は東南極氷床の端の部分が解けており海面上昇を助長していると指摘。西側で発生して...
  • 忍者猫 ブログ猫さんのプロフィール
なみ たかしさん
  • グランドキャニオン「大不整合」の謎、原因はスノーボールアースの巨大氷河?
  • 行ってしまったのだろうか。このたび地球科学者たちの国際研究チームが、複数の証拠に基づいて、「泥棒」はスノーボールアース(全地球凍結)だったかもしれないとする論文を、2018年12月31日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表した。スノーボールアースとは、地球の全てとはいかなくとも、ほとんどが氷に覆われたという説だ。 ?研究チームによると、スノーボールアースの氷河による侵食能力のせいで、10億年くらいの...
  • サイエンスジャーナルなみ たかしさんのプロフィール
Mindさん
  • 地質学最大の謎「大不整合」の成因にとんでもない新説が爆誕!wwwwwww
  • 行ってしまったのだろうか。このたび地球科学者たちの国際研究チームが、複数の証拠に基づいて、「泥棒」はスノーボールアース(全地球凍結)だったかもしれないとする論文を、2018年12月31日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表した。スノーボールアースとは、地球の全てとはいかなくとも、ほとんどが氷に覆われたという説だ。(参考記事:「赤道に氷の証拠、全地球凍結説を裏付け」)  研究チームによると、スノ...
  • 思考ちゃんねるMindさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

米国科学アカデミー紀要について