ストックホルム国際平和研究所

ストックホルム国際平和研究所についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ストックホルム国際平和研究所] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ストックホルム国際平和研究所を含むブログ記事

マーロさん
  • 転機に差し掛かる中国経済(4) 政策課題
  • スマホがインフラとなりつつあります。3. 軍事予算が拡大各国の軍事力を見るには、軍事支出の額面と、軍事費の国内総生産(GDP)比の両面から見ることが、通常行われます。軍事費に関する代表的なレポートに、ストックホルム国際平和研究所(Stockholm International Peace Research Institute, SIPRI)発表のレポート「Trends in World military expenditur...
  • 新興国・金融情報マーロさんのプロフィール
すまいるパパさん
  • 軍事力総合評価トップ20、予想通りの各国ランクイン!
  • tu.be/XT0weCD2dfg予想通りの各国ランクインクレディ・スイスが発表した「グローバリゼーションの終焉か、さらなる多極化の世界か」とのレポートで、世界各国の軍事力総合評価が下されていました。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)とグローバル・ファイアーパワー(GF)を元にした結果は、以下の通り。総合点はクレディ・スイスを参照し、予算などの詳細はGFで揃え、ビジネス・インサイダーの報道もフォローしています。20位...
  • すまいるパパのブログすまいるパパさんのプロフィール
イエスちゃんさん
  • 引用>アジア・オセアニアの軍拡競争を触発する中国 世界初の「電磁ロケット」兵器の開発に拍車・チベット高原地帯に配備 
  • 張の主な原因だという。オーストラリアのクリストファー・パイン国防相も「われわれは現在、この数十年で最も不安定な時代に生きている」と述べ、中国による南シナ海軍事基地化などを軍備強化の主たる理由に挙げた。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は「過去5年間の世界10大兵器輸入国のうち4カ国は、中国および中国と国境を接しているアジア諸国」と指摘した。中国の軍事的台頭が周辺国およびアジア諸国の軍備競争を触発しているのだ。にもかか...
  • イエス御自身の信仰の形成過程と見えたものイエスちゃんさんのプロフィール
イエスちゃんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

ストックホルム国際平和研究所について