金蓮寺

金蓮寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [金蓮寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

金蓮寺を含むブログ記事

churashiraraさん
  • 続 広島・四国の旅 ( しまなみ海道 その1 「 尾道から因島 」 )
  • 、写真の直ぐ前の低い山の向う側は、昔は海だったそうです。ちょっと上が欠けていますが、正面左方の3山のうち、真ん中の山が実際に城 ( 青陰城 ) のあった青影山です。下に見えているのは、この後で行った、金蓮寺です。二の丸です。ここには、水軍戦法会議を再現したものを展示していました。この後、村上水軍の菩提寺である金蓮寺に行きました。金蓮寺は、1450年に、青陰城主 村上備中守吉資が創設したと言われています。...
  • 南紀白浜で暮らすchurashiraraさんのプロフィール
ハレソラさん
  • 染殿院の御朱印情報/京都市中京区
  • 無事に皇子を生んだことができました。このことから寺院は「染殿院」と呼ばれ、地蔵菩薩は「染殿地蔵」とも呼ばれるようになりました。嘉慶2年(1388年)に、室町幕府第3代将軍・足利義満が、時宗四条派大本山金蓮寺に寄進したために染殿院は金蓮寺塔頭になりした。寺院情報宗派時宗四条派御本尊地藏菩薩(じぞうぼさつ)所在地京都府京都市中京区新京極四条上中之町562公式サイトhttp://somedonoin.com/...
  • ハレノソラシタハレソラさんのプロフィール
sekiraiさん
  • 1708 8月の京博
  • 京都国立博物館五輪塔六字名号頭立兜変り兜の一種で、木製の五輪塔形頭立には「南無阿弥陀仏」の六字名号と家紋の「丸に士」文字が施されている。今治藩主4代松平定基が甲冑師の岩井家に製作させた。薄鶉蒔絵文台金蓮寺。文台とは書籍や短冊などを載せるために使われた机状の台で、蒔絵で装飾が施されている。脚の作りが華奢で古式とされる。室町幕府六代将軍・足利義教が金蓮寺に寄進したとされる。日月蒔絵硯箱仁和寺蔵。蓋表には梨...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
りせさん
  • 染殿院と新京極の七不思議
  • ます。※写真は全てクリックで拡大します。一昨日は新京極通のお店を紹介しながら四条通まで来ましたが、四条通の手前に染殿院があります。新京極通にある八つの寺社の最後になります。「染殿院」は時宗四条派大本山金蓮寺(こんれんじ)の塔頭で、かっては錦天満宮も金蓮寺の敷地の中にありました。(暗くて見にくいですが、お堂に行くまで石仏が並んでいます。)染殿院は、平安時代の初め(808年)空海が創建したといわれています。...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
はるんさん
  • 広島 因島・村上海賊
  • 因島南ICからの景色因島村上水軍城へ行ってみます水軍城と呼ばれていますが、当時ここに城があったわけではありません。島の入り江近くに拠点があったようです。この城は郷土資料館として建てられたようです。隣が金蓮寺で村上氏代々のお墓があります。顔出しパネル「の」の字が気になります。能島水軍?1377〜1600 220年余、村上氏はこの地で活躍されたんですね。新田義貞・脇屋義介・北畠・楠木の子孫たちが家老だったと...
  • はるんの気ままなブログはるんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

金蓮寺について