山肌

山肌についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [山肌] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

山肌を含むブログ記事

ニホンコクミンさん
  • 48日目、レインボーマウンテンツアー
  • ら乗りたくなって・・・ 「ハポネサ〜・・・( ´△`)」 ごめん、ガイドさん 途中からちょっとの距離だったので20ソル ラクチンラクチンちょっと目線が高い 少しレインボーを構成するかんじの山肌になってきたところで下馬 レインボーマウンテンわんこと戯れながら、みんなを待つ ちなみにここは5,009m まあさらに上があるのだけれど最後にこれはキツい 階段っぽくなってはいるが、...
  • 99days とある世界一周、その一幕ニホンコクミンさんのプロフィール
ユーロファイターさん
  • 凄み・シンバ物語 part 10
  • 力が残っていたんだ?と、びっくりするほどの力で進みます。直ぐに沢の流れがある場所に到着、なるほど、猪が身体を冷やすにはちょうど良い感じの沢になってます。足首ほどの水かさと、1.5メートル程の幅、片方は山肌、片方は弦木が鬱蒼としています。で、濡れない山肌側を歩いていると、うぉーうぉーと、ハウンドが激しく吼えたてる声が聞こえて来ます。緊張に包まれ、気を付けて、と声書けながら歩きますが、シンバは、もう目の色...
  • 世界を旅する求犬道人ユーロファイターさんのプロフィール
kimuchi583さん
  • 今日のトランスイート四季島 - 山登り断念し線路際で
  • りませんでした。ので、山登りはやめて、線路際に移動してきました。通過した後、最後部へ向かって旗を振ると、車掌さんに気づいてもらえました。展望にいらしった方も手を振ってらっしゃったのが見えました。左奥の山肌には、少し、紅葉が残ってるようにも見えます。望遠で撮ったら、まぁまぁ、色づいた木々がありました。ここで撮ると、まぁ、上野駅まで追いつくことはできません。実際、古河や栗橋あたりで新幹線が抜かすので、大宮...
  • 気が向いたら日記kimuchi583さんのプロフィール
イナ中尉Day'sさん
  • 京都の紅葉観に行ってきました。
  • 、あちこちが痛んでおり立ち入り禁止になってました。こちらは由岐神社、非常に立派な大杉が3本並んでいます。横を歩く人と比べてもらうとこの杉の大きさがお分かりいただけるでしょうか。こちらは道中の地滑り後の山肌です。これも台風の影響でしょうか。 ここ以外にもあちこちで木々が倒れていて悲惨な状況でした。同じ個所を上から撮影したものです。土砂崩れの後って感じでしたね。遠方の山を合わせた紅葉景色です。色々混ざった...
  • イナ中尉Day'sイナ中尉Day'sさんのプロフィール
メガソーラー速報さん
  • 山ごと崩れた太陽光パネル千枚超 再生エネ、もろさ露呈【朝日新聞デジタル2018年11月25日】
  • 5日 原発に頼らない社会をめざすためには欠かせない再生可能エネルギー。自然災害に見舞われた地域を訪れてみると、弱点が見えてきた。近隣住民「早く閉鎖して」7月の西日本豪雨で太陽光パネルが崩落した発電所。山肌があらわになった部分にも、本来は数多くあった=10月、兵庫県姫路市 7月7日、兵庫県姫路市の国道29号沿いの傾斜地が崩れ落ちた。西日本を襲った豪雨。斜面を覆っていた発電用の太陽光パネルも、大きな音をた...
  • メガソーラー速報メガソーラー速報さんのプロフィール
HAM1826さん
  • 気持ちに余裕のない登山の先に… 奈良・明神平
  • ーズな足運びで、森を駆け降りる。そして、このあと、ジグザグの急坂の最後に差し掛かったところで、悲劇に見舞われる。落ち葉に隠されていた木の根に足を取られ、しまったと思った瞬間、山側に転倒。そのはずみで、山肌から伸びていた木の枝が右耳の奥まで、ずっぽりと入ってしまったのだ。右耳の奥に激痛を感じ、鼓膜を破いてしまったかと覚悟しつつ、ゆっくりと枝を耳から抜くように立ち上がったが、右耳は、ビーンと音が鳴って、し...
  • 人生という名の夏休みHAM1826さんのプロフィール
ほせさん
  •  神室連峰縦走(1) 土内→台山尾根→神室山
  • ないので一旦下り、改めて台山尾根へ向け歩く。 麓の色づきを楽しみながら土内渓谷を歩く 土内渓谷の紅葉を眺めつつ2時間ほど歩き、急登の尾根へ乗る。途中の露岩帯で視界が開けると、彩色の山肌に感嘆する。 天狗森・小又山 山肌が美しい1時半頃、台山尾根へ合流。緩やかなアップダウンで徐々に高度を上げていく。 中腹の紅葉が盛りだった 台y山尾根から天狗森 神室山...
  • 単独行者の登山日記ほせさんのプロフィール
四十代さん
  • 松本大食い、大酒飲みツアー その2
  • 地名は残っています。古代から現代へ受け継がれてきた文化を尊重し束摩焼と命名したそうです。特徴は、土蔵の白と黒を基調にし、なまこ壁の素材でもあるタルクを含む束摩焼の白化粧は、信州の凛とした冬、雪を纏った山肌の雄々しさを表現しているとのことです。バスの時間が迫ってきたので、再開を約束して解散。しばらくの間駅周辺をウロウロし、小腹がすいたので、思い残す事が無いよう(笑)、駅ビル1階に出店しているこちらで、そ...
  • 酒興日和四十代さんのプロフィール
BBさん
  • Vinus Line3 MT09 TRACER
  • ながら右折してビーナスラインへ突入します!坂道を一気に登ります。ド直線なので、カタパルト射出感があってワクワクします。 こーんな感じ。登り切ると、今度は高原を貫く高速コースが広がります。伊豆なんかは、山肌の崖っぷちを走っている感があるのですが、霧の駅までのビーナスラインは高原のド真ん中を突っ切ている感じがあって、両脇に危険を感じる事はあまりなかったです。(安心して走れる)ライダーもソコソコいました。と...
  • 身近な脅威BBさんのプロフィール
しんchanさん
  • 【話題のスポット】京都観光で絶対に行きたいスポット!インスタ映えカフェ&京都ならではのショップも?
  • ア内である「嵯峨野竹林の道」も、とっても幻想的にライトアップされます。「京都・花灯路」の景観にうっとりする観光へ?京都を花と灯りで彩る「京都・花灯路」は、紅葉のピークが少し過ぎた頃に行われます。嵐山の山肌もライトアップされ、古都、京都らしい和の風情を感じられる景観は圧巻。ご家族や恋人と、素敵な空間を味わってみてはいかがでしょうか。一度は行くべき!京都の観光スポット7. 鴨川夏の納涼床が有名な鴨川は、川...
  • しんchanの温泉のblogしんchanさんのプロフィール

山肌を含むブログ村メンバー

  •  
笛キチ山さん
n-colorさん
  • いろ*いろ雑録n-colorさんのプロフィール
  • 本当の自分を魅せる“色”で、無理なく日々の生活に活かせる装いのコツ、心地良い生き方のヒントを♪