垂仁天皇

垂仁天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [垂仁天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

垂仁天皇を含むブログ記事

清範剛さん
  • 阿邪美能伊理毘賣命の御子 〔218〕
  • 阿邪美能伊理毘賣命の御子伊久米伊理毘古伊佐知命(垂仁天皇)の娶りの中に阿邪美能伊理毘賣が登場する。この比賣は旦波比古多多須美知宇斯王と丹波之河上之摩須郎女の三姉妹(多分?)の末娘と述べられている。既に紐解いたのだが、貴重な残存地名ということもあり、もう一歩...
  • 矛・盾 の e-Note清範剛さんのプロフィール
小島 宏さん
  • …【カカンノンテン】(猿田彦の文言)を解読しました…
  • ノンテン・揃う時」(猿田彦の出現・100+1407=1507)として、猿田彦が言う(ホツマ・36章/28章)処の…「ミモスソの、サコクシロ内、改めて、アマテルカミの、内ツ宮」。つまり、伊勢神宮を建立(垂仁天皇26年/在位通歴657年)する時の猿田彦の文言です。此の文言は、ゲマトリア数値言語の【イサワ】(長髄彦・討伐5年目=紀元前3年に当る/黄金の鵜が現れる…鳶ではない)との繋がりを意味(BC3+在位通歴6...
  • 日本(JAPAN)建国創建史小島 宏さんのプロフィール
清範剛さん
  • 大中津日子命が祖となった地 〔217〕
  • 大中津日子命が祖となった地伊久米伊理毘古伊佐知命(垂仁天皇)が旦波比古多多須美知宇斯王之女・氷羽州比賣命を娶って誕生したのが三男の大中津日子命であった。長男が印色之入日子命で次男が大帶日子淤斯呂和氣命(後の景行天皇)という錚々たる顔ぶれの中にいた命である。そ...
  • 矛・盾 の e-Note清範剛さんのプロフィール
:大杉日香理@全国神社参拝ツアーさん
  • 【狭山池の守護神:狭山堤神社〜狭山池・龍神社〜山城国】
  • は印色入日子命(五十瓊敷入彦命)いにしきいりひこのみこと と読みます。私と五十瓊敷入彦命さんとの初対面は、五十瓊敷入彦命さんが主祭神として祀られている、岐阜の伊奈波(いなば)神社。五十瓊敷入彦命さんは垂仁天皇の皇子で、景行天皇のお兄さん。石上神宮の神宝を管掌されていた方。また河内、大和、摂津、美濃などで800にも及ぶ池を開拓され、この池のおかげで諸国の産業は勃興し、農事は豊かになって天下泰平をもたらしたと...
  • 大杉日香理の開運神社アテアメソッド:大杉日香理@全国神社参拝ツアーさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 卑弥呼と古代の天皇
  • て、ヤマト王権は軍事的男王世襲制に移行した。女王たち邪馬台国の首長層は女王を擁立したときにその王を名付けて「卑弥呼」と呼び尊崇した。女王は丹波、山代国などから召され、播磨稲目大郎女は景行天皇ではなく、垂仁天皇との関係が考えられる。狭穂彦王は狭穂姫に対してヒコを政治的主体とする「ヒコ・ヒメ」制を表現しようとした。ホムタワケ王ではなく、ホムツワケ王が正しい。神功皇后は虚構の女王像である。...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
Blue Skyさん
  • 東生駒から西ノ京へ
  • km        〜 AM11:40 宝来山古墳 13600歩 10.3km        〜 PM12:00 西ノ京駅  15700歩 12.0km 葛上神社 霊山寺富雄川沿いを歩く 宝来山古墳 垂仁天皇菅原伏見東陵(宝来山古墳) 唐招提寺付近...
  • 三日坊主の・・・いつまで続けられるかな?Blue Skyさんのプロフィール
清範剛さん
  • 飛鳥と鳥髪 〔216〕
  • 避けて「隼人曾婆訶理」を省略し、「近つ明日処(アスカ)」(あすの場所で近付ける)「遠つ明日処」(明日の場所で遠ざける)と伝えたことに由来すると解釈した。ではこれが「飛鳥」の初出かと思えば、そうではなく垂仁天皇紀の大中津日子命が祖となった一つに「飛鳥君」があったと記載されている。言い換えれば「飛鳥」には二つの意味が含まれていることになる。反正天皇の説話では、あくまで「近飛鳥・遠飛鳥」であり、その由来とは別個...
  • 矛・盾 の e-Note清範剛さんのプロフィール
みぞかつさん
  • 大阪府 三光神社
  • 七福神巡りのバスを運転した程なんやって野見宿弥社安政六年七月天満砂原屋敷の相撲場に勧請しその後同相撲場の難波新地六番町に移ると共に移され同所にあったのを明治十九年三月二日当社境内に移転したんです宿弥は垂仁天皇の御代に当麻邑に蹶速という大力で知られた力士と力兢べをし一撃で蹶速の脇骨と腰骨を折り天下第一の力士となったんやて当時高貴な方がなくなるとその近臣も共に埋める風習があったのを土人形を造り人間の代わりにす...
  • みぞかつのぶらり散歩みぞかつさんのプロフィール
みやさん
  • 鏡神社〜天日槍を祀る社
  • 竜王にある鏡神社です。 新羅からの渡来人とされる天日槍を祀る社。「日本書紀」「古事記」によれば、垂仁天皇3年、新羅王子・天日槍が来朝し、播磨に滞在。天日槍は近江国吾名邑、若狭国を経て、但馬国に定住。このことから近江国鏡谷の陶人は天日槍の従者となったとしています。近江国吾名邑は、苗村神社の付近であるとする...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール
ミトラさん
  • 奈良の田舎駅めぐり 御所市
  • い 御所市の鴨都波神社を後にして、南下して奈良盆…2018-04-16神功皇后陵を訪問(奈良市) 三韓征伐はあったか?神功皇后の不毛な論争 今回は超有名人の神功皇后で、実在すると…2018-04-07垂仁天皇陵を訪問(奈良市)亀や鳥の楽園だった 前回、3月18日に東大阪市から暗峠(くらが…2018-04-05日本一の急阪、暗峠を走ってみた日本一の急阪 東大阪市と奈良県生駒市を結ぶ国道308号には暗峠…スポ...
  • ミトランブログ 古墳と日常ミトラさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

垂仁天皇について