戦乱

戦乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [戦乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

戦乱を含むブログ記事

名言メモさん
  • 生を必する者は死し 死を必っする者は生く
  • 中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大したが48歳で志半ばで死去した。兜は、飯綱明神前立鉄錆地張兜。謙信には実子がおらず、謙信の死後、上杉家の家督の後継をめぐって御館の乱が勃発した。謙信は、「義」を重んじ、戦乱の世にあっても侵略のための戦いはしない一方、他国から救援を要請されると出兵し、「依怙(えこ)によって弓矢は取らぬ。ただ筋目をもって何方(いずかた)へも合力す」(私利私欲で合戦はしない。ただ、道理をもっ...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
御朱印curatorさん
  • 法華寺
  • 勅命により、西日本の国分寺、国分尼寺と共に真言宗西大寺の末寺となり、現在に至っています。写真は伊予府中十三仏札所の阿弥陀如来石像と大師堂です。   源平の合戦、南北朝の戦い、豊臣秀吉の四国征伐の3度の戦乱により、広大な寺域であったのがことごとく焼失してしまい、寛水2年(1625年)現在地に移りました。写真は瑜伽大権現堂と慈母観音像です。   新四国曼荼羅霊場第37番、伊予府中十三石仏第10番の御朱印で...
  • 御朱印ミュージアム〜御朱印・御朱印帳の収集展示御朱印curatorさんのプロフィール
名言メモさん
  • 心に欲のない時は、道理ある正しい道を進む
  • 中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大したが48歳で志半ばで死去した。兜は、飯綱明神前立鉄錆地張兜。謙信には実子がおらず、謙信の死後、上杉家の家督の後継をめぐって御館の乱が勃発した。謙信は、「義」を重んじ、戦乱の世にあっても侵略のための戦いはしない一方、他国から救援を要請されると出兵し、「依怙(えこ)によって弓矢は取らぬ。ただ筋目をもって何方(いずかた)へも合力す」(私利私欲で合戦はしない。ただ、道理をもっ...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
はりこの虎さん
  • 魔界を歩こう 〜忍者の里 伊賀上野城〜
  • されておらず、また本来の天守閣は5層天守だったが復興天守は3層。元々の天守閣は1612年の台風で完成間近に倒壊し、大工など180名が死亡するという事故を起こし、その後は建てられることはなかった。様々な戦乱や台風による事故などで、沢山の霊が彷徨っているかもしれない伊賀上野城。やはり夜訪れるのは不気味です。 その中で気になる画像がありました。まず暗闇でスマホカメラを構えてると、何故は暗闇に顔認識が...
  • 鍼禅 Acu-Yiはりこの虎さんのプロフィール
dokilinさん
  • 「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」(東京国立博物館)
  • 快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示。大報恩寺が建立された13世紀の前半、たび重なる大規模災害、戦乱のさなかに、仏教の教主である釈迦の教えに立ち返ろうとする動きが強くなり、釈迦信仰が隆盛しました。そうした時代背景が伺えるように厳しく険しい表情は生々しい。また、衣の模様が鮮やかで綺麗残っている部分もあ...
  • いにしえに恋こがれて〜温故知新dokilinさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181014-10
  • 大学に入り直した人物が ... 高寺山の伝説(10月14日)福島民報六世紀半ばに仏教が中国から直接伝わり、大伽藍[がらん]が立ち並ぶ仏教文化が花開いた−。一帯には、そんな壮大な伝承も残る。八世紀後半の戦乱で滅亡 ... 検証「奴隷貿易ユダヤ支配」説Viewpoint16世紀初頭から始まる環大西洋奴隷貿易とは、銃、酒など欧州製品を代価に西アフリカで黒人奴隷を買い付け、それを南北アメリカ、西インド諸島へ運...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
名言メモさん
  • 心にわがままのない時は、相手への愛と敬いの心を失わない
  • 中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大したが48歳で志半ばで死去した。兜は、飯綱明神前立鉄錆地張兜。謙信には実子がおらず、謙信の死後、上杉家の家督の後継をめぐって御館の乱が勃発した。謙信は、「義」を重んじ、戦乱の世にあっても侵略のための戦いはしない一方、他国から救援を要請されると出兵し、「依怙(えこ)によって弓矢は取らぬ。ただ筋目をもって何方(いずかた)へも合力す」(私利私欲で合戦はしない。ただ、道理をもっ...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
Ru-chanさん
  • 日本人とは 2
  • 【わたしたちのルーツ、古代イスラエルとは】紀元前1021年頃に建国されましたが、度重なる戦乱で、紀元前586年に滅亡しました。同時に、古代イスラエル十二支族のうち十支族が、国難を逃れ、姿を消してしまいました。失われた十支族は、アジア各地に散っていったようです。 その痕跡は、日本の古文書の中に...
  • 悩んだら、とりあえず見てみようRu-chanさんのプロフィール
ゆずさん
  • 『 特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ 』其の壱(第二章〜第五章)
  • 御神刀が存在するそうです。これが「号 太郎太刀」ですね。ここまでが2階。1階へ移動。「第五章 京のかたなの苦難(南北朝時代 −室町時代中期 )応仁の乱、天文法華の乱といった「京都を主戦場とする」幾多の戦乱を経て山城鍛冶は衰退。それでも鍛冶の火を絶やさず次繋いだのが長谷部派・信国派等の苦難の時代の刀工たち。ここに福岡博物館所蔵「No.95 国宝 金象嵌銘長谷部国重本阿(花押)/黒田筑前守(名物 圧切長谷...
  • ゆず茶庵ゆずさんのプロフィール
みらく☆さん
  • 午前中は東京・上野、銀座へ
  • が沢山咲いていて、心華やぎましたダリア展も見れた上野東照宮を後にして、立ち寄ったところは、『大佛パコダ』 幾多の難を乗り越えられた大仏さまがいらっしゃいます『上野大仏』 江戸時代に堀丹後守直寄公が、戦乱に倒れた敵味方の冥福を祈る為に建立された釈迦如来様です 江戸時代以来、天災に何度も見舞われ、幕末の上野戦争でも被害を免れましたが、関東大震災で、お顔が落ちたそうですお体は、第二次世界大戦時に、供出され...
  • ちょうもうずらいふみらく☆さんのプロフィール

戦乱を含むトラコミュ

中国
  • 中国
  • 中国(ちゅうごく、拼音: Zhōngguó)は、主に漢民族や華夏族が居住した地域のこと。中原(ちゅうげん)は中華文化の発祥地である黄河中下流域にある平原...
  • トラックバック数:318 TB参加メンバー数:43人カテゴリー:政治ブログ
芸能戦国絵巻
  • 芸能戦国絵巻
  • ジャニーズ武将、グラビア武将、お笑い武将に映画武将、いろんなエンタメ武将が現れては消え行く下克上の芸能界。戦乱の芸能ニュース界にいざ!出陣めされよ!
  • トラックバック数:291 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:芸能ブログ
寺町通
  • 寺町通
  • 寺町通は京都市の南北の通りの一つ。北は紫明通から南は五条通まで。平安京の東京極大路にあたる。都の東端の大路であったが、右京の衰退や相次ぐ戦乱等によって京都御所が...
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
医学の歴史
  • 医学の歴史
  • 日本史、世界史における医学の歴史。人類は、人類は常に病と戦って来た。 それは戦乱の歴史と同様、壮絶なものである。 歴史に限って、古代から近代までの医学のお話をし...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

戦乱を含むブログ村メンバー

  •  
朴月高之さん
  • 墨追〜すみおい〜朴月高之さんのプロフィール
  • 戦乱時代劇漫画「墨追〜すみおい〜」の公式ブログ!更新情報や制作内容のよもやま話もあります!

戦乱を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 鎖国、是か否か?レス: 0/10(115件)歴史ブログ
  • 江戸時代初期の国民的コンセンサスは「二度と戦乱の時代に戻さない」ということだったと思う。であれば、キリスト教を警戒したり貿易を抑制したりは止むを得...